HOME > フィリピン経済ニュース

経済・金融

フィリピンの最新経済ニュースをお届け。
pheconomist.comの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュースを1日数件ピックアップ。

広告
広告

  トップニュース

【フィリピン経済ニュース】第2四半期の建築認可、新型コロナの影響で激減

フィリピン統計庁(PSA)は12月2日、2020年第2四半期(4月~6月)の民間建築統計速報値(認可済み建築許可申請から抽出)を発表した。

【フィリピン経済ニュース】11月のペソ0.71%続伸、11カ月間で5.36%上昇

フィリピン銀行協会(BAP)のペソ対米ドル為替データによると、2020年11月末の終値は1米ドル=48.060ぺソで、前月末から0.340ペソ、率にして0.71%のペソ高となった。

【フィリピン経済ニュース】オンライン英会話レアジョブ、比人6千名以上を雇用

英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、11月20日、同社株式の上場市場が東京証券取引所マザーズ市場から、東京証券取引所市場第一部へ市場変更されたと発表した。

【フィリピン経済ニュース】ファーストリテイリング、比台風被害支援に1億円寄贈

ファーストリテイリンググループは、フィリピンにおける台風19号、22号の被害に対する支援として、義捐金100万米ドル(約1億400万円)を寄付する。

【フィリピン経済ニュース】イケア比1号店が来年第2四半期に、496人を雇用

IKEAフィリピン第1号店が2021年第2四半期にオープンする。当初予定の2020年よりは遅くなったが、現在開店準備を進めている。この第1号店スタッフとして496人を採用する。

【フィリピン経済ニュース】比トヨタ自動車、9カ月間で48%減収・72%減益

大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。

【フィリピン経済ニュース】比セブン9月末2,960店で断トツも6億ペソの赤字に

比セブン-イレブンの営業基盤、競争力は強固であるが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置の影響を被っている。地域隔離措置のもとでもコンビニエンスストアは常に営業継続を要請されているが、来店客数の減少に加え、移動制限により、従業員の出勤に支障が生じ臨時休業に追い込まれた店舗もある。

【フィリピン経済ニュース】セブ・パシフィック航空、9カ月間で147億ペソの赤字

フィリピンの格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は11月11日、2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間の運航実績、並びに事業報告書を公表した。

【フィリピン経済ニュース】株式:10日は5.2%急騰し7千台回復、約9カ月ぶりの高値に

2020年11月10日の株式市場は7営業日連続での上昇となった。PSE株価指数は前営業日比349.63ポイント、率にして5.22%急騰、7,035.48ポイントで引けた。

【フィリピン経済ニュース】ジョリビー・フーズ、9カ月間で135億ペソの赤字に

ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー・フーズ(JFC)は11月9日、PSE回覧07833-2020号にて、2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間の決算速報を開示した。

【フィリピン経済ニュース】明日第3四半期GDP発表、推定コンセンサス-9.2%

フィリピン統計庁(PSA)によると、11月10日(火)午前10時より、Zoomビデオ会議を通じて、2020年第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)など国民勘定統計が発表される。カール・ケンドリック・チュア国家経済開発庁(NEDA)長官代行とデニス・マパ国家統計官・市民登録局長が発表、解説する。

【フィリピン経済ニュース】サンミゲル、9カ月間の純利益73%減の107億ペソ

フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月5日、2020年第3四半期(7月~9月)と9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。

【フィリピン経済ニュース】10月の株価8%反発、10カ月間では19%の下落

フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年10月末終値は6,324.00ポイントとなり、前月末と比べて7.84%上昇、月間ベースで4カ月ぶりに上昇、月末終値ベースでの6,000ポイント台を回復した。

【フィリピン経済ニュース】台風19号と20号連続発生、非常に強い勢力で比方面へ

10月29日午前3時(日本時間、以下同様)、フィリピンの東で台風19号(国際名:コーニー)が発生した。

【フィリピン経済ニュース】比ユニクロが60店超体制に、ASEANトップの座強固

2020年9月末時点でフィリピンのユニクロ店舗数は60店で、2位のタイとマレーシアの51店を大きく上回っている。

【フィリピン経済ニュース】最大銀行BDO、第3四半期の純利益123億ペソに

フィリピンの最大銀行であるBDOユニバンク(BDO、本店マニラ首都圏マカティ市)は、10月26日、2020年第3四半期(7月~9月)及び9カ月間(1月~9月)の事業報告書を発表した。

【フィリピン経済ニュース】日清食品の比即席麺事業好調、9カ月間で19%増益に

ニッシンURCの業績が堅調に推移している。ニッシンURCの今9カ月間の売上高は前年同期比(以下同様)17%増の55億5,500万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は23%増の11億2,900万ペソ、純利益は19%増の6億9,000万ペソで二桁増収増益決算となった。

【フィリピン経済ニュース】第3四半期決算発表開始、アヤラ系BPIは底堅い推移

フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間(1月~9月)の決算発表シーズン入りとなった。

【フィリピン経済ニュース】比での新型コロナワクチン臨床試験、17社と協議

新型コロナウイルスワクチン(ワクチン)のフィリピンでの臨床試験に、多数の海外製薬会社が関心を有している。

【フィリピン経済ニュース】消費関連企業、新型コロナ禍の巣籠もりで業績明暗

主要消費関連企業の2020年上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。多くの企業が新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置による景気悪化の影響を受けた。また、外食制限、家庭内食事の増加というライフスタイルの変化により明暗が大きく分かれた。

【フィリピン経済ニュース】9月末の外貨準備高、初の1,000億ドル突破

フィリピン中央銀行(BSP)発表の速報データによると、フィリピンの総外貨準備高(GIR)は2020年9月末現在で、過去最高の1,004億9,000万米ドルに達した。

【フィリピン経済ニュース】コンバージのIPO価格16.80ペソに決定、上場日26日

インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)のコンバージICTソリューションズ(コンバージ)が、新規公募(IPO)実施・フィリピン証券取引所(PSE)への新規上場計画を推進しつつある。

【フィリピン経済ニュース】セブ・パシフィック航空、ニューノーマル対応へ始動

フィリピン最大の格安航空会社(LCC)であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、10月8日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧07044-2020号において、「新常態での成長を可能にする『資金調達計画(ビジネス・トランスフォーメーション資金調達計画)』を実施する予定である」と発表した。

【フィリピン経済ニュース】比の日系企業、第2四半期売上50%減の22.4億ドル

2020年4月~6月(第2四半期)の結果は、新型コロナ感染拡大やその対策としての地域隔離措置に伴う移動・外出制限、経済活動制限の影響が色濃く反映された結果となった。

【フィリピン経済ニュース】9月の株価0.3%続落、9カ月間で25%下落と不振

フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年9月末終値は5,864.23ポイントとなり、前月末と比べて0.34%下落、月間ベースで3カ月連続の下落となった。

【フィリピン経済ニュース】ペソ9カ月間で4.4%上昇、約4年ぶりのペソ高に

フィリピン銀行協会(BAP)のペソ対米ドル為替データによると、2020年9月末の終値は1米ドル=48.495ぺソで、前月末から0.010ペソ、率にして0.02%のペソ安となったが、堅調に推移したといえよう。

【フィリピン経済ニュース】世界銀行、今年の比成長率予想マイナス6.9%に

世界銀行は、9月28日、「東アジア・大洋州地域半期経済報告書」最新号(2020年10月版、副題:封じ込めから復興へ)を発行した。

【フィリピン経済ニュース】6月末の対フィリピンODA、日本のシェア38.5%で首位続く

9月29日付けビジネスワールド紙によると国家経済開発庁(NEDA)が、「ODA動向報告書」2020年上半期版を公表した。

【フィリピン経済ニュース】第2四半期の住宅価格上昇率27%、過去最大:中央銀行

フィリピン中央銀行(BSP)は9月25日、2020年第2四半期(4月~6月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。

【フィリピン経済ニュース】企業景況感、第3四半期-5.3%で11年ぶりマイナス

フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、2020年第3四半期(7月~9月)の全国消費者信頼感指数(CI)は-54.5%で、2007年に調査開始して以来、過去最低となった。

トップニュースの月間アクセスランキング

地元タギグ市が発表、現地有力紙も報道 2017/05/08 マニラ首都圏タギグ市は、そのフェイスブックにおいて、三越伊勢丹がタギグ市のボニファシオ・グローバルシ...続きを読む
2017年5月5日のPDS(フィリピン・ディーリング・システム)でのペソ対米ドル加重平均レートは49.905ペソで、前営業日の49.927ペソから0.022ペソ...続きを読む
アジア開発銀行(ADB)は、アジア太平洋地域のプロジェクト形成と実施における高度技術の活用を促進するため、信託基金を設立することを発表した。日本政府が基金の最初...続きを読む
5億ペソの合弁会社設立、来夏営業開始へ アコム(本社東京都千代田区)は、フィリピンにおいて個人向け融資事業に進出するため、伊藤忠商事(伊藤忠)との間で、関係当局...続きを読む
日本外務省は 5月10日、「フィリピン:渡航する際のテロ等に対する注意喚起(その2)」というタイトルの海外安全情報(スポット情報)を発出した。その内容は以下の通...続きを読む
 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー