ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 三菱商事、アヤラコーポレーション株式を追加売却

三菱商事、アヤラコーポレーション株式を追加売却

2019年1月18日

広告
広告

1,300株(2%)を1株900ペソ、総額117億ペソ

 

三菱商事は、フィリピンを代表するアヤラ財閥の旗艦企業であるアヤラコーポレーション(アヤラコープ、以下ACと記す)の主要株主であり、AC取締役(定員7名)のうち1名を占めている。現在、三菱商事マニラ支店長の松永啓一氏がACの取締役を務めている。

 この三菱商事が、保有するAC株式の一部1,300万株(発行済み株式の約2%)を追加売却した。今回の売却価格は1株当たり900ペソ、売却総額は117億ペソであった。この売却は、2019年1月16日、フィリピン証券取引所PSE)のブロックセールというかたちで執行された。

 今回の1株当たり売却価格900ペソは、15日のPSEでの終値970.50ペソを7.26%下回る水準であったことから、16日のAC株価は一時915ペソまで急落した。終値も919ペソで、15日の終値を5.3%下回る水準であり、大型優良株らしからぬ下落ピッチとなった。

 このところフィリピン株式市場は回復基調を辿ってきているが、主力のAC株急落などにより、16日のPSE指数(PSEi)終値は前日比148.72 ポイント安の7,864.70ポイント、率にして1.85%の急落となった。

 なお三菱商事は、2018年3月20日にも、AC株式の一部850万株(発行済み株式の1.3%)を売却した。売却価格は1株当たり934ペソ、売却総額は79億3,900万ペソであった。今回の売却で2年連続の売却となった。この2回の売却で、三菱商事のAC株保有比率は10.15%から6.6%程度(手許計算)へと低下したとみられる。今回の追加売却後でも、三菱商事ACの主要株主であることには変わりないが、株式市場へのインパクトは大きなものであった。

 
広告
広告
広告

その他の記事

住友商事株式会社は、三菱重工グループの三菱重工エンジニアリングをパートナーとして、フィリピン共和国マニラ都市圏における都市鉄道Manila Metro Rail Transit System 3(MRT 3号線)の改修およびメンテナンスプロジェクトを、フィリピン共和国運輸省(DOTr)から受注した。
フィリピン中央銀行(BSP)によると、全国における2018年第3四半期(7月~9月)の住宅不動産価格指数(RREPI)は前年同期比4.4%上昇したが、前四半期比では、0.6%低下した。
株式会社TNC(本社:東京都新宿区)は、アセアン主要7カ国の2018年における、トレンドを調査するため、同社のサービスである「TNCアジアトレンドラボ」で収集している情報や、各国の現地ボードメンバーを対象に自主調査を実施した。
今回は、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2017年のビール消費量をまとめ、12月20日にその結果を発表した。この調査は1975年分から統計を開始している。
スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」は12月18日、世界各国の政治、社会、経済面での男女格差を総合的に評価した「世界男女格差(ジェンダーギャップ)報告書2018年版」を発表、そのなかで、男女平等度を指数化、ランキングしている。フィリピンは2013年5位、2014年9位、そして2015年6位、2016年7位、2017年10位と世界ベスト10の常連となり、アジアでは断トツの男女平等度となっている。
12月12日、マカティ市地下鉄プロジェクトの起工セレモニー(セレモニアル・ドリリング)が、マカティ市市庁舎前で開催された。マカティ市のアビー・ビナイ市長がこのセレモニーを主導した。
ファーストリテイリングは、2009年のシンガポールにおけるユニクロ1号店出店により、東南アジア・オセアニア地域における展開を開始し、その後、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、オーストラリアへと店舗網を拡大。
ビジネスワールド紙集計による「2017年フィリピン企業トップ1,000社」によると、2017年のフィリピン企業1,000社の合計収入は前年比(以下同様)11.7%増の11兆5,300億ペソ、合計純利益は6.4%増の1兆3,300億ペソであった。
国際的総合不動産 コンサルティング大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンズ(コリアーズ)は、フィリピン・マニラ首都圏の2018年第3四半期(7-9月)のオフィス不動産市場動向を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹、本社:東京都新宿区)、野村不動産(本社:東京都新宿区)、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド (本社:マニラ首都圏マカティ市)は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel