ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > ミニストップとセブ・パシフィック航空が提携

ミニストップとセブ・パシフィック航空が提携

2019年6月28日

広告
広告

夏の風物詩となったハロハロの本場へ招待

 

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市)は、季節限定スイーツ「ハロハロ」第1弾を4月26日、第2弾を5月3日、第3弾を6月20日、国内のミニストップ (2019年3月末現在:2,177店)にて発売する。 

 1995年に、氷と「ソフトクリーム バニラ」を組み合わせたスイーツとして誕生以来、毎年多くの消費者から好評を得ている、ミニストップの夏の風物詩「ハロハロ」。これまで様々な フレーバーを発売してきた。今年は、第1弾として、発売当初より定番の「ラムネ」、3年目を迎える果実氷シリーズから「いちご」、2年ぶりに復活のパチパチシリーズからの新商品「パチパチグレープ」の3品、第2弾として、氷の代わりにフローズンみかんを使用した昨年の大ヒット商品「ハロハロ果実氷温州みかん」、第3弾として盛夏にさっぱりとおいしく塩分補給できる「ハロハロ ソルティライチ」を発売した。 

<ハロハロとは>
 フィリピンの代表的な“かき氷”を、日本人向けにアレンジした、ミニストップ夏の人気スイーツである。気温が上昇する夏に向け、新たなフレーバーを導入しながら、夏場の暑さを解消するスイーツとして発売中。ハロハロとは、フィリピンのタガログ語で「まぜこぜ」という意味である。

<ハロハロ誕生秘話>
 1995年に「パフェ感覚で氷を食べられるデザート」というコンセプトで発売を開始。氷を使ったデザートの情報を集めていた際に耳にしたのが、「フィリピンでは色々な甘いものをかき氷に混ぜて食べている」という噂であった。フィリピンの少し高級な店舗では、アイスクリームをのせたハロハロを販売していたこともあり、それをヒントに、ミニストップの人気商品、ソフトクリームバニラを組み合わせた、ミニストップ流のハロハロができあがった。今では、毎年限定フレーバーを楽しみにする顧客も増えている。

<日本-セブ島間 往復航空券プレゼントキャンペーン>
 ミニストップは、今夏、セブ航空(ブランド名:セブ・パシフィック航空)とコラボした「セブ島への往復航空券を10組20名にプレゼントするキャンペーン」を実施。期間中に、ミニストップホームページ内の「ミニストップからの挑戦状」ページ、または店頭ポスターのQRコードを読み取ることでエントリし、簡単なクイズに答えてメールアドレスを入力することで、「ハロハロ」発祥の地であるフィリピンで本場の味を楽しめるチャンスがもらえる。実施期間は、2019年6月24日~8月31日である。
 セブ・パシフィック航空は、アジア有数の格安航空会社でありフィリピン最大の航空会社である。現在、アジア・オーストラリア・中東・アメリカ(グアム)と フィリピンを結ぶ26の国際線と37のフィリピン国内線を運航している。 日本には2008年に大阪に就航し、現在は東京、名古屋、福岡にも就航している。

 
広告
広告
広告

その他の記事

三井E&Sマシナリーは、フィリピンのインターナショナル・コンテナー・ターミナルサービス(ICTSI社)より、ヤード用トランスファークレーン16基を追加受注した。
フィリピンのミンダナオ島拠点の不動産企業ダモサランドのフェイスブックなどによると、紙器・紙工品製造販売企業であるパックウェル(本社:東京都葛飾区お花茶屋)がフィリピンに進出する。
出光興産(本社:東京都千代田区)は、6月21日、「潤滑油販売会社出光ルブリカンツ フィリピン(所在地:マニラ首都圏パシグ市オルティガスセンター)を設立、営業活動を開始した」と発表
フィリピン証券取引所(PSE)は、2018年末の株式取引口座(証券口座)数が、前年末比25.4%増の108万9,443に達したと発表した。
『Okada Manila(オカダ・マニラ)』を運営するタイガーリゾートレジャー&エンターテインメント社は(TRLEI)の2019年5月度の月次実績(速報値)を発表。
双日はフィリピンにおいて、小麦粉製造業及び小麦粉を中心とした食料原料販売と、パンの製造・販売にも注力しつつある。製パン事業に関しては、リョーユーパン(本社:福岡県大野城市)と共に、ニッポン・プレミアム・ベーカリー(NPB)を設立、マニラ首都圏南方バタンガス州のファースト・フィリピン インダストリアルパークⅡに製パン工場を建設した。
モスバーガーを展開するモスフードサービス(本社:東京都品川区)は、フィリピンの大手小麦粉製粉会社General Milling社(ゼネラル ミリング社:代表取締役社長:ジョージ・ヤング氏)のグループ会社とパートナーシップ契約を締結。
5月31日、麻生財務大臣とフィリピン中央銀行のディオクノ総裁は、日本円=フィリピン・ペソ直接交換の枠組みの構築に向けた意向表明書(Letter of Intent: LOI)に署名した。
資生堂は、世界最大のドラッグチェーンであるワトソンズグループ(ワトソンズ、所在地:香港)と、戦略的提携を結び、今後共同で商品開発や社会貢献などの分野で取り組むことを発表した。
5月27日付けビジネスワールド紙(BW紙)が、フィリピンの商業銀行レポート2019年第1四半期版を発表した(先頃の中央銀行発表とはベースが異なる)。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel