ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比パナソニック、9カ月純利益59%減の1.4億ペソ

比パナソニック、9カ月純利益59%減の1.4億ペソ

2018年2月22日

広告
広告

パナソニックのフィリピンにおける製造・販売拠点であるパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月)は、2月21日、2017年度(2017年4月~2018年3月)9カ月間(2017年4月~12月)の事業報告書を公表した。

 近年急上昇を続けてきたPMPCの業績については、今9カ月間は、非常に好調であった前年同期との比較では減益となり、業績上昇トレンドは一服となった。ただし、中期的な上昇トレンドは崩れていないとの見方が多いようだ。

 今9カ月間の売上高は前年同期比4.5%増の80億1,469万ペソと一桁増加にとどまった。もっとも、前年度同期は前半のエルニーニョ現象に伴う少雨高温という気候が追い風となりエアコンの売上高が絶好調であり、全体として20%増収であった。それとの比較でやや伸び悩みという結果となったが、依然増収であり、堅調な売上が続いているともいえよう。

 増収率が鈍化する一方、原材料費値上がりやペソ安による輸入コスト増加などにより、製造コストは同12%増の62億2,052万ペソに達したことで、粗利益は同15.1%減の17億9,741万ペソにとどまった。販売費を同15.5%削減したが、一般管理費は同15.1%増加した。これらにより、純利益は同59%減の1億3,645万ペソにとどまり、同62%増益と絶好調であった前年同期との比較では大幅減益という結果となった。

 PMPCの業績は、2000年代の一時期の低迷期を抜け出て、2010年代は下表のとおり上昇トレンドを続けてきた。2016年度の純利益は2011年度に比べ9.2倍へと急拡大している。PMPCは先頃、主力の家電製品中心に拡販やシェア拡大を図ることで、年率20%の増収を続け、2018年度の売上高を2014年度比倍増の140億ペソ超とすることを目指すと表明している。特に、インバーター技術活用のエアコンや洗濯機の拡販を図っていく方針である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、フィリピンでも非常に人気のある作家 村上春樹氏の作品を様々な形で楽しんでもらう試みとして、『村上春樹フェスティバルinマニラ』と題し、フィリピンのマニラで、2月27日~3月24日まで、『聴く』、『観る』、『語る』と称し、コンサート、映画上映、トークイベントを以下のとおり開催する。
ニチイ学館(本社:東京都千代田区)は、女性の活躍促進や家事支援ニーズへの対応、中長期的な経済成長の観点から内閣府が推進する、国家戦略特別区域内(以下、特区)における家事支援外国人受入事業を活用し、フィリピンからの専用スタッフによる家事代行サービス「サニーメイドサービス」を開始する。
日本貿易振興機構(ジェトロ)は、「フィリピン省エネ商談会」を開催する。 フィリピンはASEAN第2位を誇る1億人強の人口を有し、24歳以下人口が50%を超えており、さらに2016年までの6年間でGDP成長率は平均6%を超えている。
ユニバーサル・エンターテインメントは、2月14日、2017年度年9カ月間(2017年4月1日~12月31日)の連結決算を発表した。今9カ月間のカジノリゾート事業の売上高は160億5,100万円へ拡大したが、固定費負担増加で営業損失は90億2,400万円に達した。
フィリピン自動車工業会(CAMPI)が、2月12日、2018年1月の新車販売動向を発表した。 それによると、 2018年1月のフィリピン国内四輪車新車販売台数 (CAMPIとトラック工業会加盟企業分:以下工業会加盟企業分と記す)は、前年同月比4%増の3万1,645台であった。
イオンファンタジーはフィリピンで、2014年5月に子会社「イオンファンタジー・フィリピン」を設立した。そして、同年11月に、イオンファンタ ジーキッズーナ フィリピン1号店がマニラ首都圏ケソン市のショッピングモール「ロビンソンズ・ガレリア」内にグランドオープンした。 
アヤラコープは、教育関連投資会社である「AC エドケーション(AE)」などを通じて、教育事業を積極的に拡充・強化を推進中である。
電算システムは、2016年3月、バヤドセンターと収納代行サービス事業に関する合意覚書(MOA )を締結、電算システムがビズエージェントをフィリピン国内の小売業店舗で収納代行が取扱いできるソフトウェアサービスとして開発した。
日本航空電子工業(本社:東京都渋谷区)は、コネクタ事業の生産拠点であるJAE Philippines(カビテ州ジェネラル・トリアス・ゲートウェイ・ビジネスパーク...続きを読む
PSEの2017年の収入は前年比10%増の16億3,000万ペソとなった。新規上場案件が4件と低調であったが、1日当たり売買金額が前年比3%増の80億6,000万ペソと堅調であったこと、PSEテキタイトのオフィススペース売却などによりその他収入が急増したことで増収となった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel