ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > レアジョブ、比で英語力評価専門子会社を設立

レアジョブ、比で英語力評価専門子会社を設立

2019年10月25日

広告
広告

オンライン英会話など英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、10月24日、「フィリピンにて英語力評価(アセスメント)機能に特化した子会社RareJob English Assessment社を立ち上げる」と発表した。

    
レアジョブでは、サービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする」のもと、英語習得における学習効果の飛躍的な向上に取り組んでいる。そのなかで、英語習得に関わるプロセスを「アセスメント(英語力の評価)」、「レコメンド(学習内容の推奨)」、「学習の提供」、「学習継続の支援」の4つに分解。オンライン英会話サービスによるレッスン提供だけではなく、英語習得のプロセスを一貫して提供することを目指している。

   
レアジョブは、英語習得のプロセスの質向上において、英語力を正確に評価・把握するための「アセスメント」の機能を非常に重要なものと位置づけている。実際に、受講者自身のニーズがあるのはもちろんであるが、企業研修として導入する場合、費用対効果を明示する必要がある。また、大学の入試改革が進むなかでは英語力のアウトプットの技能がより重視されるようになっており、従来以上に多くの人の英語力アウトプット技能を正確に「評価」することが求められている。
    

  
これらの背景をふまえ、レアジョブがサービスミッションを実現するためには、「英語力評価」の機能を強化することが重要と考え、同機能に特化した子会社立ち上げに至った。その子会社の概要は以下のとおり。
(1)名称   :RareJob English Assessment, Inc.
(2)所在地:ミンダナオ阿島ミサミス・オリエンタル州カガヤン・デ・オロ市
(3)代表者:水島 俊介氏
(4)事業内容:英語教育関連サービス事業

  
なお、レアジョブの設立は2007年10月18日、同年11月から無料のインターネット通話ソフト=スカイプ(Skype)を使用したマンツーマンの安価な英会話レッスンを提供している。サービス開始から約6年半後の2014年6月27日に東京証券取引所マザーズ市場上場に至った。そして、70万人以上の個人ユーザー、2,200社以上の法人企業、230校以上の教育機関など多くの顧客へ提供し、国内トップのオンライン英会話サービスへと成長している。

    
レアジョブは英語を公用語とするフィリピン人講師を採用し、利用しやすい価格で学習効果の高い英会話レッスン提供などを目指してきている。日本人と同じく英語に第二言語として取り組み、身に着けた経験を持つからこそ、日本人の学習者にとってネイティブスピーカーではなりえない最適な学習パートナーとなる。また、フィリピン人のフレンドリーで親切な国民性はオンラインのマンツーマン・レッスンに非常に適している。レアジョブは、フィリピン全土のレアジョブ英会話ネットワークから採用している。

 
広告
広告
広告

その他の記事

環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、CO2排出ゼロにとどまらず環境へのプラスを目指すトヨタグループの一員として、トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP)もクルマの製造時におけるCO2排出量ゼロを目指す「工場CO2ゼロチャレンジ」など環境マネジメントを強化している。
日立製作所(日立)は、現地最大の配電企業であるマニラ電力(メラルコ)と共同でフィリピンで蓄電システム(BESS)事業を展開しつつある。
米国フォーブス誌アジア版が、フィリピン富豪番付トップ50(2019年版)を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス、野村不動産、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
キリンホールディングス)が48.39%出資しているサンミゲル ブリュワリーは、2019年9月末から、マニラ首都圏マカティ市とボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の飲食店向けに「キリン一番搾り樽詰生」の販売を開始する。
出光興産の子会社であり防水事業などを展開する昭石化工(本社:東京都港区)は、9月19日、マニラ首都圏マカティ市デュシタニ・マニラにおいて、マニラ支店の開所式を開催した。
日本政府観光局(JNTO)は9月18日、2019年8月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、8月の訪日外客数は前年同月比2.2%減の252万0,100人で、2018年8月の257万8千人を約6万人下回った。
オートバックスセブンと加盟店契約を結んでいるユーエイは、同社店舗にて受け入れているフィリピン人技能実習生の1名が、新在留資格「特定技能1号」の自動車整備分野で初めて特定技能外国人としての許可を受けた。
フィリピンでも、コンビニエンス・ストア業界(コンビニ業界)において再編の動きが活発化している。最後発のローソンは8月末で53店(各統計などからの推定値)で、前月末の49店から4店増加、50店を突破した。
フィリピン観光省によると、2019年7月の海外からのフィリピン訪問者数は前年同月比18.1%増の71万9,057人。この数字にはフィリピン人海外就労者(OFW)を除く在外フィリピン人(比国籍保持者)も含まれている。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel