ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > RCBC買収報道、関連銀行全てが否定

スポンサードリンク:

RCBC買収報道、関連銀行全てが否定

2017年10月31日

このところ、ユーチェンコ財閥の有力銀行リサール商業銀行(RCBC)買収観測が台頭、買収憶測報道が何回か行われている。

 RCBCは1株当たり純資産が44.38ペソ(2016年末)と高水準である一方、昨年に不正送金事件に巻き込まれたことなどから、買収の標的になっているとの観測が根強い。10月27日にも、フィリピン・デイリー・インクワイアラー紙電子版が、「中央銀行(BSP)はRCBCの株主変更を望んでいるようであり、BDOユニバンク(BDO)やバンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ(BPI)がRCBCの買収に動いている」と報じた。

 この報道の是非を問うフィリピン証券取引所(PSE)に対し、RCBCは27日、「RCBCはマジョリティーを譲渡するような交渉や合併交渉は全く行っていない。中央銀行からも、RCBCの株主交代を望むようなコメントは一切聞いていない」と回答した。

 BDOやBPIも「事業基盤拡充の機会は常に模索しているが、RCBC買収交渉を行っている事実はない」と報道を否定した。なお、5月にもフィリピンスター紙が、「SMグループの有力銀行チャイナ・バンキング・コーポレーション(チャイナバンク、中国のチャイナバンクとは異なる)が、リサール商業銀行(RCBC)を買収する意向であり、既に買収交渉が行われている」と報じた。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel