ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 海運チェルシー、日本建造船舶を継続導入

海運チェルシー、日本建造船舶を継続導入

2018年1月23日

昨年8月にフィリピン証券取引所(PSE)へ新規上場した海運企業のチェルシー・ロジスティクス(チェルシー)が、M&Aなどを通じて急ピッチで事業基盤を拡充しつつある。

 その一環として、昨夏、スターライト・フェリーズ(スターライト)やその子会社の株式100%を取得。この買収により、チェルシーの運航船舶は一段と増加した。チェルシーはそれまで、11隻のタンカー、8隻のタグボート、7隻のRO-RO船、4隻のバージ、11隻の貨物船などを所有していた(3月に28.15%間接出資し経営権を取得したロジステクス企業「2GOグループ」保有分も含む)。一方、スターライトは14隻のフェリーやRO-RO船を所有している。このうちの5隻は、日本から調達した新造船である。また、子会社のフォーティス・タグ社は、先頃、日本建造のタグボートを取得している。

 さらにチェルシーは、さらに、11月8日には、ロジスティクス企業「ワークリンク サービス(WSI)の株式100%を取得したと発表した。そして、チェルシーは1月22日、WSIに配備するROROパッセンジャー船舶(貨客フェリー)一隻の建造契約を締結したと発表した。

 この建造契約は、 警固屋船渠(KEGOYA DOCK CO.,LTD.、本社:広島県呉市)との間で締結され、 3隻の追加発注オプションが付せされている。最大4隻の船舶は2019年から2020年にかけて納入されることとなっている。警固屋船渠は1949年設立、現在は五洋建設の100%子会社となっている。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel