ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 三井住友建設、フィリピンの南北鉄道第2期に応札

三井住友建設、フィリピンの南北鉄道第2期に応札

2019年9月2日

広告
広告

マロロス⇔ツツバン工区で539億円受注済み

 

フィリピン運輸省(DOTR)は、8月29日、南北通勤鉄道延伸事業における第2期工事(ブラカン州マルロス⇔パンパンガ州クラーク間鉄道等、合計53キロメートル)入札に、11社(国内2社、海外9社)が参画すると発表した。これら11社は、コンソーシアム、あるいは単独で応札する。

 11社のうち、2社はユーチェンコ財閥のEEI、SM財閥のメガワイドという現地の大手建設企業である。9社は、三井住友建設(本社:東京都中央区)、アクシオナ(スペイン)、大林産業(韓国)、東亜建設(韓国)、現代エンジニアリング&コンストラクション(韓国)、イタリアン・タイ開発公社(タイ)、PT Pembangunan Perumahan(インドネシア)、PT Waskita Karya Tbk(インドネシア)、PT Wijaya Karya Tbk(インドネシア)である。

 マニラ北方のタルラック州ニュークラークシティーから、マニラ南方のラグナ州カランバまでをつなぐ南北通勤鉄道延伸事業は、マニラ首都圏中心部において日本の支援を受けて整備が進められている通勤線を南北に延伸(南:約57km 北:約52km)するというものである。

 日本は延伸事業に1,672億円、アジア開発銀行(ADB)がマルロス⇔クラーク間鉄道等建設資金として総額27億5千万米ドルを融資することが決定している。さまざまな最先端の技術の使用により、最高時速160キロを誇る高架式鉄道で、マニラ首都圏の交通渋滞の緩和や大気汚染、交通・物流コストの削減につながり、経済の発展と同時に人口の郊外への分散を促す。

 なお、三井住友建設)は、今年1月、南北通勤鉄道事業(マロロス⇔ツツバン)CP2工区を受注し、1月23日にマニラで契約を調印している。マロロス⇔ツツバンCP2工区は、首都圏マニラ市と周辺都市を南北軸によって結ぶ「南北通勤鉄道計画」のうち、北方のブラカン州マロロス市から首都圏マニラ市ツツバンまでの区間を整備するものである。これにより、マニラ首都圏の交通ネットワークの円滑化が見込まれる。三井住友建設は、北側起点駅(マロロス駅)を含む3カ所の駅舎と14 kmの高架橋建設を担当する。受注額は539億円であった。

 
広告
広告
広告

その他の記事

いすゞ自動車(いすゞ、本社:東京都品川区)は、8月26日、いすゞグループのCSR活動実績を掲載した『CSRレポート2019』を公開した。本年度のレポートでは、昨年特定した重要課題(マテリアリティ)の具体的な取り組みついて報告するとともに、CSR活動分野を6分野に整理・統合した。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。GTCAPは、トヨタ自動車の製造・販売拠点であるトヨタモーター フィリピン(TMP)の株式保有比率を51%に高めているほか、有力販社であるトヨタ マニラベイ(TMBC)の58.05%を保有している。
米国のデルタ航空は、8月9日、同社の日米路線に関して、2020年に羽田空港発着便に集約すると発表した。成田空港発着便からは撤退するが、羽田では、米国航空会社として最大の日米7路線を有することになる。
キリンホールディングス(キリン)は、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」を運営している。これは、ビールの楽しさ・奥深さを顧客に伝えるべく2001年7月に開講したもので、おいしいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、さまざまな学部・施設があり、24時間365日通学できる。
三菱UFJ銀行(MUFGB)が20%出資する有力拡大商業銀行であるセキュリティバンク(SECB)が、8月7日、2019年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。
 フィリピンでもコンビニエンス業界の競争が激化しつつある。現在は業界断トツのセブン-イレブンをマーキュリー・セルフサービス、ミニストップ、ファミリーマートなどが追うという構図になっている。2015年3月にはローソンもフィリピン1号店をオープン、2019年6月末で45店に達しているとみられる
 ユニバーサルエンターテインメントは7月12日、フィリピンのマニラ・ベイ地区で展開している統合型リゾート(IR)施設『Okada Manila(オカダ・マニラ)』を運営するタイガーリゾートレジャー&エンターテインメント社(TRLEI)の2019年6月度の月次実績(速報値)について発表した。  
丸紅、関西電力、中部電力、およびフィリピン最大の配電事業会社であるマニラ電力(メラルコ)は共同で、フィリピン・ニュークラークシティ(NCC)におけるスマートグリッド事業に参画する。
公益財団法人地球環境センター(GEC)は、「2019年度二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(JICA等と連携する事業を含む)」について、7件を第一回分として採択した。
公益財団法人地球環境センター(GEC)が募集した「2019 年度二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」において、代表事業者として東京センチュリーが応募した「フィリピン/配電会社と連携した18MW太陽光発電プロジェクト」が採択された。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel