ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報

旅する 月間アクセスランキング

世界屈指のスパ、THE FARMで体質改善!ツアー・宿泊のお申し込みはPrimerからどうぞ!
【ラグナ】ラグナ州アラミノスにあるヒドゥン・バレー・スプリングスは、知る人ぞ知る天然プールのあるリゾート。バナハオ山とマキリング山の合間の渓谷に位置するこの場所は、“大自然の楽園”という言葉がぴったりだ。
  フィリピン中部のビサヤ諸島の中でセブ島の西隣に位置する「ネグロス島」。観光地として日本人にはまだあまり馴染みのない島ではありますが、手付かずの自然が残された豊かな島です。 そのネグロス島の南端、フィリピンで […]
サンタローサが誇る、フィリピン最大級のテーマパーク。「フィリピンのディズニーランド」との評判に偽りはなく、平日も多くの人で賑わう。
Dutyfreeの街、スービックではお買い物がいち段とお得です。
10個もの温泉プールを保有するこちらのリゾート。温度は40~49度に保たれおり日本人にも十分な熱さ。広々としたリゾート内のホテルはコテージのようになっており静かで落ち着いた空間。
【アンティポロ】こちらは、フィリピンでは知る人ぞ知る人気のゴルフクラブ。通常9ホール、または18ホールが一般的ですが、ここのホールは全部で21ホールある。また、ここのコースはすっきりと見晴らしがよいことで有名で、晴れた日にはマニラ首都圏が一望できるほど。
「スービックのテーマパークと言えば?」と現地の方に聞くと、真っ先に名前があがる人気の動物園。日本の動物園との違いは、動物との近さ!
広大な土地を利用して大自然の中に作られた温泉プールHidden Valley Springs。まさに宮崎駿の世界を体感できます!
【スービック】巨大な水上プレイエリアは、滑り台、タワー、橋、人間発射台、ターザン・スイングなどなど様々なアトラクションに分かれている。最近新しく加わったアトラクションは、ユニコーン・アイランド。子供たちのために特別に作られた。
【スービック】スービックで最も有名なリゾートの一つが、マニラから車で3時間のCamayan Beach Resort and Hotel。裸足で砂の上を歩き、ヤシの木で作られた伝統的な家・ニパハットの快適さを満喫し、クラシカルなフィリピン家庭のインテリアを感じてほしい。
【アンへレス】”冒険・リラクゼーション・食”といった楽しみが3拍子揃った温泉施設。移動手段となる4輪駆動車から見る、その美しい景観にはきっと驚くはず。温泉はステーション3と呼ばれるエリアにあり、レストランや受付があるステーション1からは約30分。

マニラから車で2時間。都会の雑踏を離れ、ゆったり自然と戯れ心休まるリゾート、ソニアス・ガーデン。

フィリピンの海に暮らす、魚やサンゴなど様々な生物を見ることができる海洋テーマパーク。一番の目玉はイルカとの触れ合い。
【サンタローサ】2012年2月にオープンしたウェイクボード施設。湖は人工的に作られていて、綺麗で安心。初心者コースと上級者コースが分かれている。
Nuvaliの地域で一際目立つラグジュアリーなホテル。ロビーにはMacPCが用意され、Wifi環境もスムーズでビジネスマンにとって効率良く作業ができる。
【ケソン】マニラから専用小型機で約30分の、サンゴ礁に囲まれた美しい自然が残るリゾートアイランド。ホワイトサンズのビーチが広がり、島を取り巻く海洋環境の保護に力を入れているため、ダイビングでは様々な海の生物たちに会うことができる。宿泊施設は、メインのバレシンヴィラでは島一番の美しいビーチが目の前に広がり、ビーチでのスパやプールにウォーターアクティビティが楽しめる。
【スービック】夏は釣りだ!スービックへ行こう! スービック経済特別区近くのマリーナを出航して、バタアンのアンバヤコーブ沖やザンバレス域のスービック湾外側の綺麗な海へご案内します。
心温かい人々、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる街、そして雄大な自然。豊かな魅力溢れる街ダバオへ、足を伸ばしてみませんか?
マニラ近郊観光スポットとして人気の1つ、スリリングな急流下りが楽しめるパグサンハ川急流下り。
【イントラムロス】1993年に世界遺産に登録され、幾多の地震や、第2次世界大戦の爆撃にも耐え抜き、当初からの姿を残しているため、奇跡の教会とも言われている。
在比歴28年の岩ちゃん悠々紀行シリーズ第1回目に相応しく、旅ツウのみぞ知るフィッシングスポットをご紹介!
【スービック】スービック湾 経済特別区にある水上アクティビティ施設。ここ1カ所で、様々なアクティビティが楽しめる。マリンスポーツ好きにはたまらない。特に、ジェットスキーが売りだ。
【ナスブ】フォーチュン・アイランド・ダイブ・リゾートには、宿泊施設はないが、日帰りツアーまたは宿泊ツアー用のテントの貸し出しを行っている。
【ナスブ】マニラからおよそ3時間、”街の喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごせる”と地元民や観光客から絶大な支持を得ているこちらのリゾート。
日本人に知られていない「秘境」「穴場」という言葉がふさわしいこれから大注目のリゾート地、プエルトガレラの魅力とは?
【クラーク】ファミリーにオススメ!子供たちが楽しみながら学べるテーマパーク、ダイナソー・アイランド。恐竜を見ながらパーク内奥に進むと、恐竜の化石が展示されているフォッシルミュージアムがあり、珍しい恐竜の複製が見られる。
【ナスブ】波の音をききながらゆったりしたい人のために、カバナと呼ばれる仕切りのあるプライベート空間が用意されている。カップルで過ごすのにはおすすめの場所だ。
【プエルトガレラ】フライデーズは、ムリエ湾沖の、Boquete島と呼ばれる専用の島に建つ。フライデーズ ボラカイが姉妹リゾートだ。ボラカイのあるアクラン州まで行かずとも、ここプエルトガレラで高級リゾートアイランド気分を味わうことが出来る。
全ての客室からプライベートビーチが見渡せるリゾートホテル。浜辺にはコテージもあり、部屋の窓から外を眺めれば、透明度の高い海が一面に広がる。きっと忘れられない光景になるはずだ。
マニラ在住の女性の間で人気のイロッグ・マリア。
自然と戯れ、フィリピン文化にも触れられるリゾートが、マニラ近郊にあるって知っていた?
草木の生い茂る森の中にあるテーマパーク。ジップラインやバンジージャンプなど、6種類のアトラクションがある。
都心部マニラから車で2時間の隠れたリゾート、ロックポイント。会合やミーティングから結婚式まで幅広い用途でご利用できます。
マニラ湾に浮かぶかつての太平洋戦争の激戦地を訪ねて。
海沿いの閑静な場所に位置するラグジュアリーホテル。ホテルの目と鼻の先には、レストランやバーが立ち並び、マリンスポーツショップも充実。
【パラニャーケ】さまざまなホテルやカジノが立ち並ぶパラニャーケのエンターテインメントシティ。海沿いの44ヘクタールの広大な土地に立つオカダマニラは、昨年12月のオープンから約1年が経った。
【アンティポロ】アンティポロから少し離れているが、巨大な石灰岩が連なる環境保護地区は必見だ。ここでは広大な大自然の中で、本格的なトレッキングが体験できる。特に“Sapot”と呼ばれる蜘蛛の巣状に張られたワイヤーの上からは、フィリピン最大のラグナ湖の壮大な景色が望める。
【コロン】コロンのアイランドホッピングツアーで人気スポットとなっているのが、こちらの湖。アジアで1番透き通った湖と呼び名が高いターコイズ色の透明感のある湖は、コロンを訪れた際は是非見ておきたい絶景。人気スポットとなっている理由の1つに、時がたつことを忘れてしまうほどの静けさがあげられる。
雄大なアポ山の山麓にあり、ダバオ市内から車で30分ほどの交通の便が良いゴルフ場です。
バギオは銀が有名なのをご存知でしょうか?
スービックの海岸通りWaterfront Roadには、カジノやホテル、カフェ、レストランなどが並びます。
【アンティポロ】アンティポロの秘境、様々なフォーメーションの石灰岩を見ることができる穴場スポット。洞窟の中はとても広く神秘的な空間が広がり、“癒しの水”と呼ばれる湧き水もわいている。洞窟発見にまつわるストーリーも興味深い。
【スービック】スービックで一般公開されているヨットクラブ。誰でもがヨットクルーズや豪華なレジャーを楽しむことができる。ヨットでの食事、スイミング、また、釣りを楽しんだり、さまざまなパッケージが用意されている。
特産品、ハンディクラフト(手工芸品)、ファッション、アクセサリー、アンティーク、ガーデニング、ペットなどを扱うお店が450店舗以上集まった巨大ホビーランド、ティエンデシータス。
【イントラムロス】イントラムロス内の各名所をセグウェイに乗って巡るユニークなツアー。 White Knight Hotelによって運営されているツアーで、一時間コースはサン・オウガスチン教会、SanDiego Gardenをはじめとするイントラムロス内の9つのスポットを巡る。
【マカティ】洗練された都市での生活と究極のリラクゼーションが一体化したホテル「I’M Hotel」。2016年12月にオープンし、「I’M Hotel」という名の通り、まるで自分のための場所であるかのように、ゲストにパーソナライズしたサービスを提供する高級ホテルだ。
【ナスブ】美しい海岸線を楽しみながら、ゆっくりとくつろぐことが出来るリゾート。大きなインフィニティプールが特徴で、プールは途切れることなく海に繋がっている。
全43棟のコテージが立ち並ぶリゾート。敷地内には大きなプールや、子供向けの遊具が多数あり、家族連れに大人気。
【イントラムロス】イントラムロスのシンボル的存在となっている教会。ドーム状の屋根とベル・タワーが遠くからでも見えるほど大きい。1571年に創設されたが、第2時世界大戦で崩壊。その後1954年~58年に再建。
【アンティポロ】2010年のオープン以来、地元の芸術家たちの作品を展示した、美しい自然に囲まれた美術館として’多くの観光客が訪れている。展示作品は、絵画、彫刻、インスタレーションなど300点以上。竹であしらった暗い迷路のような”ルーム”と呼ばれるギャラリーコーナーは必見だ。
2005年9月ちょっとユニークなエンターテイメント性を兼ね備えたショッピングスポットがパシッグ市のC5(E. Rodriguez Ave)沿いにオープンし、地元ピノイたちの話題に!
【プエルトガレラ】インフィニティ・リゾート・アンド・スパは2013年5月にプエルト・ガレラにオープンした高級リゾート。質の高いサービス、守られたプライバシー、プールやスパをはじめとする充実したアメニティが人気でサバン・ビーチ(Sabang Beach)では最もくつろげるリゾートだと評判だ。
【クラーク】パンパンガ州やクラークの魅力が満載なこの博物館、施設内の4Dシアターではクラークの歴史はもちろんのこと、アエタ族、ピナトゥボ火山噴火、第二次世界大戦、クラーク経済特区についてのショートムービーが上映されている。
ドリームオブセブ号はマクタン島最大のデッキスペース及び豪華なクルージング、シュノーケリング、アイランドランチという日程でほぼ毎日出航。セブ最大の船オプショナルツアーの弊社を是非お試し下さい。
【イロイロ】イロイロ市が発祥の地と言われているBiscochoはバターとシュガーで味付けされたトーストブレッドのビスケット。40年に渡り愛され続けている。
大きな灯台がランドマークのリゾートホテル。スービックの海の保全活動を行っているオーナーのこだわりで、陶器のシャンプー入れや、布製で洗濯可能なゴミ箱を使用するなど「環境に優しい」ホテルであることが特徴。
【サンタローサ】ジップラインに、3.4kmのバイクトレイル。中でも人気なのは、ローラーコースター・ジップライン。たったのP190でアジア最大級のジップラインを楽しめる。ちょっと怖い。。っていうあなたは、短いジップライン(P150)を試してみて。
【ラウニオン】サンフアン中心地に位置するこちらのホテル。3つのプールがあるため、家族で楽しむことができる。また、インフィニティプールでは、カクテルを飲みながらゆったりするなんていう贅沢な楽しみ方も◎コテージは、フィリピンの伝統的な住居”ニパ·ハット”をイメージして作られたもの。
【マカティ】国内随一の金融エリア・マカティ市の中心部、アヤラセンターのグリーンベルトエリアの向かいに位置するNewWorldMakati Hotel。595の客室・スイートは、美しいシティービューと快適性を兼ね備えたスタイリッシュな内装だ。
【コロン】フィリピン最後のフロンティアとも言われる、豊かな自然と調和のとれた世界でも数少ないリゾート。船で約15分、自然豊かで神秘的なマングローブ林の中をくぐり抜けると、そこには白い砂浜ビーチと美しい珊瑚礁に囲まれた島、クラブパラダイスがあらわれる。
フィリピンの芸能人もお忍びで訪れるという人気のリゾート。小別荘(ヴィラ)が立ち並ぶ敷地内は緑があふれ、鳥のさえずりが聞こえるほど静か。
3種類のホテルを有するこちら。おススメは断然Splash Suites HotelとSplash Oasis Resort and Hotel。Splash Suites HotelのStandard Suite roomには部屋の中に温泉がつく。
【マカティ】マカティ·ダイアモンド·レジデンスはマカティ市の中心に位置する28階建てのアパートメントホテル。全部で410室ある客室はまるで自宅のようにくつろげる造りになっていて、機能的にそして快適に滞在することができる。
ハーバーポイントモールから徒歩15分の場所にある、日本人経営のコンドホテル。
【アルバイ】ATV(All-Terrain-Vehicle)とは、四輪バギーのことでこの地方で最も人気のアクティビティ。どのコースを選んでも、美しいマヨン山を満喫できるという事が魅力だ。車の種類は、エンジンサイズ、150cc, 500cc, 625cc。
タガイタイとナスグブの境界からすぐ、森に佇む2つの教会があります。
パグサンハン市街地から車で約20分、北上したところにあるリゾート施設。カリラヤ湖に面していて、カヤックやジェットスキーをはじめ、ウェイクボードなども楽しめる。
【サンタローサ】緑豊かな自然溢れる施設。乗馬やカラバオに乗って施設を一周できる。その大きさは2ヘクタールを有する。ボートに乗れたり、アスレチックや釣りもできる。
【ボホール】人口で植林されたマホガニーの木々が、まるでアーチのように続くこの森林。以前、森林伐採をしすぎたため、洪水を防ぐためにこの木々が植えられた。高い木々に囲まれた道路が続くこの場所は、少し涼しく感じることができる。
【ナスブ】アニラオの海岸に沿って建てられた宿泊施設は、自然の木材や石材を使いバリのリゾート風。客室は全部で10室ありそれぞれのプライバシーを尊重し、ゆったりとくつろげる造りとなっている。
【ナスブ】名前の由来にもなっているピコ・デ・ロロ山の美しい山並みを背に目前には青い海が広がるリゾート。 周辺には長期滞在者にはうってつけのコンドミニアムやカントリークラブなどがあり、余暇を思い切り楽しめる施設が点在している。
2010年にオープンしたこちらは、ゲストの7割以上が日本人。きめ細やかなサービスに日本人ビジネスマンからの評価が高い。
【アンティポロ】アンティポロを訪れたら立ち寄りたい、アビロン動物園。7.5ヘクタールの敷地には約3000種の野生動物を始め、鳥類や哺乳類、爬虫類など約500種以上の様々な動物を見ることができる。キリンやポニーへのエサやりなど、動物たちと触れ合える。
終戦1年前の第2次世界大戦の末期、アメリカ軍からの攻撃を避けるため、当時フィリピンを占領していた日本軍は、島が多く入り組んだ地形であるコロン湾に避難してきました。
【ナスブ】白く輝く砂浜と青く澄み渡る海に囲まれ、昼夜問わず美しい景観を讃える同リゾートでは、爽やかなヤシの木が天高く伸び、ニパハットの屋根がサンクチュアリーのような日陰をつくる。
【クラーク】フィリピン空軍の使用していた航空機が、各所に展示された公園。敷地内には遊具やピクニックができる広場もあり、ひと休みできる木陰も各所にあるのが嬉しい。
フィリピン最後の秘境として知られるパラワン州コロン島のリゾート
海と山の両方の風景がたのしめるラグジュアリィなリゾートホテル。アジアテイストのモダンな建築はワシの飛び立つ背中をモチーフにしている。
【プエルトガレラ】リーズナブルでありながら、良質なサービスを提供する注目リゾート。心掛けているのは、「おもてなし」。ムリエ・ベイに近く、日中はダイビングが楽しめ、日没後も活気にあふれる場所。
【プエルトガレラ】西フィリピン海に面したプエルト・ガレラの隠れ家リゾート、Sunset at Aninuan。そこから眺めるサンセットは絶景。11年営業を続ける、あたたかい雰囲気の宿泊リゾート。
SBMAから車で西に20kmにある「WhiteRock」このホテルお勧めはプール!
【エルニド】 シュノーケリングをするならここ!豊かな生態系を有しており、多くの生物が見ることが出来る。運が良ければ、大イグアナを見られることも・・・・・・!
メトロ・マニラから車をおよそ3~4時間ほど走らせれば、バタンガス港から旅客フェリー、あるいは車両ごと移動できるロールオン・オフ・フェリーが出ている。
【アラバン】フィリピン人所有の ベルビュー ホテル & リゾート。ベルビュー・ブランドならではの温かさ、フィリピン人らしいおもてなしで迎えてくれる。高級ホテルと一般ホテルがあり、ホテルごとに違った個性や施設があり、それぞれ個性的なステイケーションを楽しめる。
【ナスブ】海辺の88ヘクタールの敷地を誇る富裕層向けの会員制リゾート。客室はカシータ(戸建ての客室)とサンセットルームに分かれる。
【セブ】隠れ家的存在のこのトロピカルリゾートは、客室が9室のみとセブで最もプライベート感のあるホテル。周囲は美しい自然に囲まれ、静かに過ごすことができる。オーシャンビューの部屋は、モダンでスタイリッシュな内装。
日本といえば世界に誇る“おもてなしの心”。NETWORLD HOTEL SPA CASINOでは、そんなおもてなしの心溢れる一流のスタッフがお客様一人一人をお出迎えします。
【エルニド】 自然を満喫したいなら、ぜひアプリット島へ!森に囲まれた手つかずの入り江は、南国ののどかなホリデーを求めている人たちにとってまさにパラダイス。自然の中でアクティビティを楽しむことができ、ロープクライミングや島めぐり、シュノーケリングがオススメ。
【タガイタイ】タール山と湖の美しい景色を一望できるバタンガス州にあるファーストクラスホテルTaal Vista。クラシックでエレガントな内装はとってもラグジュアリー。1979年に建てられたこのホテルは、イギリスで生まれたスタイルであるチューダー様式でつくられ、歴史の詰まった邸宅でもある。
【エルニド】 美しい海やビーチが数多くあるエルニドの中でも、”屈指の美しさ”と言われているのがこちらのビーチ。真っ白な砂浜、クリスタルブルーに輝く海、緑あふれる山々、その鮮やかなコントラストは訪れる者の心を奪う。
海を愛する、そんなあなたには最高の宿。ホワイトビーチに位置するホテル、その35の客室は全て海に面し、水平線に沈む夕日を眺めることができます。
元々アニラオでダイビングインストラクターをしていた高柿さんが独立し、昨年11月に完成した「海の家」。
【セブ】セブの南、アルコイに位置し、週末は地元の人々が多く集まる人気のビーチ。セブの中心部からバスで約2~3時間で訪れることができる穴場ビーチだ。特に平日は都会の喧騒から離れ、静かに過ごせる。
【ラウニオン】世界各国を旅したオーナーの希望で、このホテルは大理石をふんだんに使って作られている。敷地内のプールサイドバーとレストランはビーチに面していて、すてきな景色を眺めながら無料で朝食を頂くことができる。
神秘の楽園という名前にぴったりのパラワンを代表するリゾート、エルニド。
昨年オープンしたばかりの5つ星リゾートホテル。フランス語でヤギの意味であるラ・シェブルリがここのトレードマークである。波のさざめきを聞きながら、高いホスピタリティーでリラックスしたひと時を楽しめる。
Pacific Blue Dive Centerはフィリピン全土に8店舗を展開する、日本人経営のダイブショップ。
リゾートワールド内にあるホテルの一つ。こちらのいちおしは、バルセロナ、北京、マニラと世界に3店舗しかないステーキハウス「Cru Steakhouse」。
【アルバイ】アバカを使用した伝統工芸品のバッグ、バスケット、玄関マット、ランプを始め様々な手作り製品を幅広く取り扱うこちらのショップ。仕入れているアバカは、マヨン火山の危険区域6km以内に生息している大変貴重な品だ。

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel