ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第十六回 Sherwood Hills Golf Club シャーウッドヒルズクラブ

フィリピンゴルフ! 第十六回 Sherwood Hills Golf Club シャーウッドヒルズクラブ
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Sherwood Hills Golf Club


 マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。 フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。また、グリーンはカップ周辺の微妙な傾斜のため、カップに蹴られてしまうことも多くショートパットでも油断なりません
コースの距離は長めの設定で青ティーの距離が6800ヤード、白ティーが6300ヤードとかなりタフな設定になっています。

 
コース


  全体的にティーグラウンドからグリーンが見えないブラインドホールが多いのが特徴で、池越え、崖越えの仕掛けも多くチャレンジングなセッティングです。初めてラウンドするときは、コースを熟知している方と回らないと打ちどころが分からず難しく感じます。
特徴的なホールはブラインドと崖越えが合わさった12番パー5。ティーショットはほぼまっすぐに打ち出しですが、右には打ちたくありません。グリーン手前の崖付近まで運びたい2打目が右ドッグレッグのため、右からだとどうしても難しいからです。グリーンは横長2段グリーンで縦に短く手前のバンカーが効いているためウェッジで勝負。2打目がウェッジの距離以上残してしまった場合は、崖の手前に刻むか直接長い距離を狙うかは判断に迷うところですね。

 

12番パー5。2打目をグリーン手前崖の前まで運びたい。

3番パー3。バンカーを避けて左側から攻めたいです。

 
詳細

18ホール/パー726,883(blue)



プレイフィー:

◆平日/P2,500 (宿泊者は P1,200)

◆休日/P3,500 (宿泊者は P2,500)

住所:Brgy. Cabezas & Llana, Trece Martirez City Cavite, Philippines 4109

電話番号:+46-2-419-0671

http://sherwoodhills.com.ph/

 

広告
広告
広告

その他

JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。
東南アジアを拠点に展開している配車アプリ「Grab」。手軽にタクシーやその他の輸送手段を手配できることで知られています。最近ではアメリカ発の配車アプリUberのフィリピン参入が話題になりましたが、依然Grabの人気は衰えていません。その人気のヒミツとはどんなところにあるでしょうか?
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
よく言われることですが、練習場の平らなマットの上から打つのとコースの凹凸のある芝の上から打つのでは違いますし、天候などにも大きく影響を受けますし、なによりプレッシャーがかかりますラウンドから学ぶことは多く、且つ重要ですが、だからといってラウンドだけでは上達にも限りがありますので、やはり練習は欠かせません。ということで今回は練習場紹介をさせて頂きたいと思います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel