ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第十六回

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 第十六回

スポンサードリンク:
 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Sherwood Hills Golf Club


 マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。 フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。また、グリーンはカップ周辺の微妙な傾斜のため、カップに蹴られてしまうことも多くショートパットでも油断なりません
コースの距離は長めの設定で青ティーの距離が6800ヤード、白ティーが6300ヤードとかなりタフな設定になっています。

 
コース


  全体的にティーグラウンドからグリーンが見えないブラインドホールが多いのが特徴で、池越え、崖越えの仕掛けも多くチャレンジングなセッティングです。初めてラウンドするときは、コースを熟知している方と回らないと打ちどころが分からず難しく感じます。
特徴的なホールはブラインドと崖越えが合わさった12番パー5。ティーショットはほぼまっすぐに打ち出しですが、右には打ちたくありません。グリーン手前の崖付近まで運びたい2打目が右ドッグレッグのため、右からだとどうしても難しいからです。グリーンは横長2段グリーンで縦に短く手前のバンカーが効いているためウェッジで勝負。2打目がウェッジの距離以上残してしまった場合は、崖の手前に刻むか直接長い距離を狙うかは判断に迷うところですね。

 

12番パー5。2打目をグリーン手前崖の前まで運びたい。

3番パー3。バンカーを避けて左側から攻めたいです。

 
詳細

18ホール/パー726,883(blue)



プレイフィー:

◆平日/P2,500 (宿泊者は P1,200)

◆休日/P3,500 (宿泊者は P2,500)

住所:Brgy. Cabezas & Llana, Trece Martirez City Cavite, Philippines 4109

電話番号:+46-2-419-0671

http://sherwoodhills.com.ph/

 
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel