ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  ゴルフ  >  Mount Malarayat Golf & Country Club(マウント・マララヤット・ゴルフ&カントリークラブ)

Mount Malarayat Golf & Country Club(マウント・マララヤット・ゴルフ&カントリークラブ)

Mount Malarayat

マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。また、メンテナンスも良く行き届いています。マララヤットの特徴を聞かれたときにまず思い浮かぶのがグリーン形状。砲台グリーンでうねりが激しく、表面はポテトチップスのように波打っている。名物ホールはMakulotの7番パー5。右ドッグレッグで右サイドは池。グリーンは手前も奥も池のため、できればパーオンとなる3打目をショートアイアンやウェッジでグリーンを狙いたいところ。

大橋さんコラム

マララヤットの特徴を聞かれたときにまず思い浮かぶのがグリーン形状。砲台グリーンでうねりが激しく、表面はポテトチップスのように波打っています。二段グリーンも多く、しかも段差が激しいのであたかもジェットコースターのよう。ですので、ナイスオン!と思っても難しいパットを残しているケースが多いです。パーオンするよりアプローチが残ったほうが結果的に長いパットにならず良かった、ということも。

 名物ホールはMakulotの7番パー5。右ドッグレッグで右サイドは池。グリーンは手前も奥も池のため、できればパーオンとなる3打目をショートアイアンやウェッジでグリーンを狙いたいところ。ただしそこはこのホールのよく出来たところで、セカンドショット地点も右サイドの池がしっかり目に入ります。池を怖がって左に逃げてしまうと、3打目の距離が残り過ぎたり、ラフが厳しかったりするので勇気を持って良い場所に打ちたいです。言うは易し行うは難し、ですが(苦笑)。

または、始めからボギーオン(4打目でオン)を狙っていくのもありでしょう。マララヤットでも1、2を争う難ホールですのでボギーでも上出来だと思います。

 他にも面白いホールが沢山あり、コース全体的に自分の飛距離やレベルによって攻め方がいくつもあるため、何度も通いたいコースですね!

Makulotの7番パー5 フェアウェイ右サイドに広がる池

他にも面白いホールが沢山

※一部記述は、大橋 直輝氏のコラムから抜粋しています。

詳細
Makulot 9ホール、Lobo9ホール、
Malipunyo9ホール、計27ホール

【Makulot 9ホール】Blue パー36 /3168ヤード
【Lobo 9ホール】Blue パー36 / 3116ヤード
【Malipunyo 9ホール】Blue パー36 / 3208ヤード

会員登録費用(外国人) : P97,400 / year
プレイフィー :要会員紹介
居住者 平日P2,500/土日祝 P3,550
旅行者 平日P2,800/土日祝 P4,450
住所: Brgy Dagatan, Lipa City 4217, Batangas
TEL: 043-404-3000
広告
広告
広告

ゴルフ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you