ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Beverly Place Golf Club ビバリー プレス ゴルフ クラブ

フィリピンゴルフ! Beverly Place Golf Club ビバリー プレス ゴルフ クラブ
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Beverly Place Golf Club


先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。以前は9ホールだったようですが、現在は18ホールの構成。アラヤット山の麓で景観もよく牧歌的で大変気持ちの良いコースです。メンテナンスの良さも好感が持てます。

 
コース


パー71で、前半34、後半37のレイアウトで青ティーからでも5800ヤードほどの短めセッティング。短めのパー4が4ホールありますが、クリークやバンカーが効いているため簡単ではありません。また高速沿いの6番ホールはドライバー使用禁止です。200ヤード前方にクリークがあるため基本はレイアップですが、飛ばし屋はクリーク越えも可能。ただし、大きく曲げると高速道路に飛び出してしまうため、危険回避のための措置と思われます。

 
印象的なホール


アラヤット山の見えるホールの景観は非常に印象的で、周辺に景観を遮るような建物や木々が少ないため多くのホールから山を望むことができます。4番パー3のティーショットは山を背にして打ちますが、結果が良くても悪くてもホールアウト後は後ろを振り返ってアラヤット山を眺め、気分新たに次のホールに向かいたいですね。

 

4番パー3。グリーンからティーグラウンド方向に見えるアラヤット山

9番パー4。フラットなコースのため池が効いているホールが多いです

 
詳細

18ホール / パー71

プレフィー /

◆平日:P2,000(会員同伴:P1,450)

◆休日:P2,500(会員同伴:P1,450)

住所:2021 Mexico, Pampanga Sabanilla

電話番号:045-436-1860

 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
タガイタイタール湖に近い立地の山岳ゴルフコース。アップダウンがあり、ホール間の移動もそれなりにあるため、カートでラウンジするのが良いかもしれません。しかし山岳コースによくある左右が狭く厳しい印象は無く、メンテナンスの良さも手伝ってとても気持ちよくラウンドできるコースです。
今回から数回にわたり筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。最初に紹介するランキングはパブリックコースランキング。パブリックですから会員権を持たずとも行けば誰でもプレーできるのが利点で、都心部から近いコースが多いのも特徴です。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。

その他

今回はマニラ動物園に行ってきました! 入園料は1人100ペソです。動物園に行くのは20年ぶり位なので久しぶりの動物たちに少しビビってしまいました。 フィリピンが暑いせいなのか全体的に動物達はぐったりしていて影から出てきません。
今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
今回はフィリピン最大の激安マーケット、「ディビソリアでスマートフォンを買おう」です!日本人だけで行くと危ない、スリ被害が多いなど結構言われているが、やはり1度は行ってみたい!毎日のように電車やジプニーに乗って居るので、警戒心はすごいある。僕達が住むケソンでも道端でスマートフォンを買わないかとよく話かけられるが、買うならめちゃくちゃ安い物を買いたい!というわけで、ディビソリアに行ってきました!
みなさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です! 今回は「フィリピンの心霊スポットに行きました」です! フィリピンの夏がやって来ました!
今回は知り合いのフィリピン人の子供がキリストの洗礼式(binyag)をするという事で参加してきました!
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel