ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第三十回 Beverly Place Golf Club ビバリー プレス ゴルフ クラブ

フィリピンゴルフ! 第三十回 Beverly Place Golf Club ビバリー プレス ゴルフ クラブ
広告
広告

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 
Beverly Place Golf Club


先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。以前は9ホールだったようですが、現在は18ホールの構成。アラヤット山の麓で景観もよく牧歌的で大変気持ちの良いコースです。メンテナンスの良さも好感が持てます。

 
コース


パー71で、前半34、後半37のレイアウトで青ティーからでも5800ヤードほどの短めセッティング。短めのパー4が4ホールありますが、クリークやバンカーが効いているため簡単ではありません。また高速沿いの6番ホールはドライバー使用禁止です。200ヤード前方にクリークがあるため基本はレイアップですが、飛ばし屋はクリーク越えも可能。ただし、大きく曲げると高速道路に飛び出してしまうため、危険回避のための措置と思われます。

 
印象的なホール


アラヤット山の見えるホールの景観は非常に印象的で、周辺に景観を遮るような建物や木々が少ないため多くのホールから山を望むことができます。4番パー3のティーショットは山を背にして打ちますが、結果が良くても悪くてもホールアウト後は後ろを振り返ってアラヤット山を眺め、気分新たに次のホールに向かいたいですね。

 

4番パー3。グリーンからティーグラウンド方向に見えるアラヤット山

9番パー4。フラットなコースのため池が効いているホールが多いです

 
詳細

18ホール / パー71

プレフィー /

◆平日:P2,000(会員同伴:P1,450)

◆休日:P2,500(会員同伴:P1,450)

住所:2021 Mexico, Pampanga Sabanilla

電話番号:045-436-1860

 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。

その他

「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
フィリピン全土に支店を展開し、リース、ファイナンスを中心としたビジネスを展開するオリックスのDirector、 佐藤文彦さんにお話をお聞きしました。
フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
家画期的な商品を開発してきた名門メーカーシャープはいま、業績低迷から待ったなしの再生を迫られている。重責の一端を担う同社の田中孝弘社長にお話をお聞きしました。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel