ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! 第三回 Summit Point Golf & Country Club サミットポイント・ゴルフ&カントリークラブ

フィリピンゴルフ! 第三回 Summit Point Golf & Country Club サミットポイント・ゴルフ&カントリークラブ
広告
広告



自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。


Summit Point Golf & Country Club サミットポイント・ゴルフ&カントリークラブ

南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイント・ゴルフ。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。林を抜けるとガラッと景色が変わり広く開けたゴルフ場に到着します。スタート前にクラブハウスから望む景色はなかなかのもの。マニラ、マカティからは少々遠い印象でしたが、最近新しく料金所(Balete Exit)が出来たため時間にして10分から15分ほど移動時間が短くなり便利になりました。




コース

 サミットポイントの特徴は各ホールが世界的に有名なコース、例えばセントアンドリュース、ぺブルビーチなどメジャー大会が開かれるようなコースをモチーフにしていることでしょう。そのため景観的な見ごたえのあるコースが多いです。名物ホールを選ぶのは難しいですが、全てのホールが池が絡むコースかバンカーが至るところにしかけられているコースのどちらかという印象です。その中でも3つのホールを紹介します。

 まずは、セントアンドリュース14番をモチーフとした16番パー5。ティーショット地点から見える4つのバンカーはポットバンカー。リンクスのそれとは少々様子が違いますが、アゴの高さはきつく、セカンドショットの距離を稼げなくなるため、やはり避けたいところ。バンカー超えの自信が無い場合はバンカー右サイドのフェアウェイに。

 続いて、グリーンの回り全方位バンカーの17番パー3。バンカーを避けるにはグリーンに乗せるかティーショットを大ショートするか。バンカーに入ったら出すことだけを考えてしっかり振り切りたいところです。

 最後に9番パー5。ティーショットの落とし所は広く、ミスに対して寛容ですが、2打目以降は右サイドに池。センターから左にかけてはバンカーが至るところに仕掛けられていて正確さが要求されます。ティーグラウンド正面から見えるタガイタイ方面の山、グリーン奥に見える白いクラブハウス、右サイドの広い池と景観は申し分なしのホール。

16番パー5。セントアンドリュース14番がモチーフ
17番パー3。
9番パー5。Sotogrande 12番がモチーフ



食事処

ラウンド後の食事もゴルフの楽しみのひとつです。サミットポイントのラウンド後はゴルフ場近くの韓国式しゃぶしゃぶDae Jang Gum Shabu-Shabuがお勧めです。

さて、次回はどこのゴルフ場に行きましょう。それではまた。




詳細
コース: 18ホール パー72 6,560ヤード(ブルーティー)
プレフィー
メンバー   月会費P3,500
ゲスト(ビジター) ・メンバー同伴 平日/1,360P 土日祝/2,060P
・メンバー同伴無し 平日/2,560P 土日祝/ 3,560P (フィリピン非居住者はメンバー同伴無しと同様)
住所:Inusluban, Brgy. Plaridel Lipa City, Batangas
TEL: 043-706-1698

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。
観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
今月はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。

その他

みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
フィリピンといえば安くて美味しいご飯屋さんがたくさんあります! その中でもフィリピンでとても有名で、僕たちHPN3もよく利用させてもらってる 「Mang INASAL」に今回行ってきました!
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
今回は「運動不足のあなたにズンバを紹介したかったのですが、、」です! フィリピンに居る日本人の方達は、タクシーを使う機会が多いと思います。 ですので、中には運動不足に悩んでる方もいるのではないでしょうか?
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
マニラのみならず地方の町でも目にする「KUMON」の看板。アジア・オセアニア地域でトップの成長率を誇るフィリピンの教育観などについて、辻将則社長にお話を伺かがいました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel