ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > フィリピンゴルフ! 第三回 Summit Point Golf Estate サミットポイントゴルフエステイト

フィリピンゴルフ! 第三回 Summit Point Golf Estate サミットポイントゴルフエステイト



自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。


Summit Point Golf Estate サミットポイントゴルフエステイト

南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。林を抜けるとガラッと景色が変わり広く開けたゴルフ場に到着します。スタート前にクラブハウスから望む景色はなかなかのもの。マニラ、マカティからは少々遠い印象でしたが、最近新しく料金所(Balete Exit)が出来たため時間にして10分から15分ほど移動時間が短くなり便利になりました。




コース

 サミットポイントの特徴は各ホールが世界的に有名なコース、例えばセントアンドリュース、ぺブルビーチなどメジャー大会が開かれるようなコースをモチーフにしていることでしょう。そのため景観的な見ごたえのあるコースが多いです。名物ホールを選ぶのは難しいですが、全てのホールが池が絡むコースかバンカーが至るところにしかけられているコースのどちらかという印象です。その中でも3つのホールを紹介します。

 まずは、セントアンドリュース14番をモチーフとした16番パー5。ティーショット地点から見える4つのバンカーはポットバンカー。リンクスのそれとは少々様子が違いますが、アゴの高さはきつく、セカンドショットの距離を稼げなくなるため、やはり避けたいところ。バンカー超えの自信が無い場合はバンカー右サイドのフェアウェイに。

 続いて、グリーンの回り全方位バンカーの17番パー3。バンカーを避けるにはグリーンに乗せるかティーショットを大ショートするか。バンカーに入ったら出すことだけを考えてしっかり振り切りたいところです。

 最後に9番パー5。ティーショットの落とし所は広く、ミスに対して寛容ですが、2打目以降は右サイドに池。センターから左にかけてはバンカーが至るところに仕掛けられていて正確さが要求されます。ティーグラウンド正面から見えるタガイタイ方面の山、グリーン奥に見える白いクラブハウス、右サイドの広い池と景観は申し分なしのホール。

16番パー5。セントアンドリュース14番がモチーフ
17番パー3。
9番パー5。Sotogrande 12番がモチーフ



食事処

ラウンド後の食事もゴルフの楽しみのひとつです。サミットポイントのラウンド後はゴルフ場近くの韓国式しゃぶしゃぶDae Jang Gum Shabu-Shabuがお勧めです。

さて、次回はどこのゴルフ場に行きましょう。それではまた。




詳細
コース: 18ホール パー72 6,560ヤード(ブルーティー)
プレフィー
メンバー   月会費P3,500
ゲスト(ビジター) ・メンバー同伴 平日/1,360P 土日祝/2,060P
・メンバー同伴無し 平日/2,560P 土日祝/ 3,560P (フィリピン非居住者はメンバー同伴無しと同様)
住所:Augusta National Blvd, Batangas
TEL: 043-706-1698
 

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel