ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第77回)

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー(第77回)
広告
広告

住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸!



フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガログ語の芸でフィリピン人を笑わせます!?プライマーでは毎週金曜、ハポンスリーのお笑いムービー(日本語字幕付き)をお届けします♪





なさん、こんにちは。HPN3 の堀越、田中、井上です。


今回はクリスマスシーズンも近いという事でフィリピンのイルミネーションを見に行きました!


マニラでもこの時期たくさん綺麗なイルミネーションが装飾されていますが、せっかくなので少し遠出してサンタローサのヌバリという所に行ってきました!


(写真)サンタローサのヌバリに綺麗なイルミネーションがあるらしいが…



マニラからだと車で2時間くらいの所にあります。


(写真)本当にここにイルミネーションがあるのだろうか



詳細な場所は動画にあるので是非動画の方もご覧下さい!


(写真)街はすっかりクリスマス気分



ちなみにフィリピンではイルミネーションでも通じますが、マジカルライトと言った方が伝わります。





個人でFacebook等もしていますので是非ご覧下さい

堀越田中井上



広告
広告
広告

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー

皆さんは世界69カ国で実施され、年間60万人近くの人が受験する日本語能力検定(JLPT)をご存知ですか!? 日本語を母国語にしない人の日本語のレベルを測るテストです! フィリピンでもたくさんの人が受験しています。
今回は「フィリピンの釣り堀にいきました!」です! 久々に釣りが出来ましたので動画にしました! 場所はaling nene's pond です。 クバオからバスで1時間の所で、エントランス20ペソと安く手軽に釣りができる場所です。 魚の種類は沢山いて、何が釣れるか楽しみです!
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
フィリピンに住んでいるとタトゥーを入れた人をよく目にします。 ほとんど全員入ってるんじゃないか?と思ってしまうくらいいます。 フィリピンでタトゥーはオシャレのひとつで、髪を染めるくらい気軽にやっている気がします。
今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー 一つ前のコラムを見る

フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」のお笑いムービー
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。

その他

読者の皆様はじめまして。静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。
『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。
2018年10月に開所したJNTO(日本政府観光局)のマニラ事務所。初代所長に就任した藤内さんはこれまで米国などで経験を積み、日本の観光創造に長年携わってきた。近年ではアジアからの訪日客が急増している。フィリピン訪日客のさらなる獲得を目指し、新たな観光需要の創出に汗を流す。
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
ラグーナ州内に製造工場を新設する予定なのですが、フィリピンにはどのような環境規制があるのですか?
一人でも多くの命を救うため、日本のものづくりで医療の進歩に取り組む【プロフィール】 テルモ・フィリピンズ・コーポレーション社長 久保田 徹さん 1954年長野県...続きを読む
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel