ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 パティス Patis (フィリピンのナンプラー)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 パティス Patis (フィリピンのナンプラー)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 パティス Patis (フィリピンのナンプラー)

フィリピン食材
まめ知識



タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。フィリピンではパンシットと呼ばれるやきそばや、マミ(ロミ)と呼ばれるラーメンのような料理によく使われている料理です。確かに、パティスを少量を入れるだけで味が一気に「フィリピンっぽく」なるような気がする調味料です。大変大衆的な調味料であるため、一般的な食料品店ではどこでも購入可能。そして値段もお安く20~30ペソ程で売られているので、ナンプラー好きの方にお土産として持って帰るのもアリかもしれません。ただ、香りが独なので梱包には十分お気をつけ下さい。パティスには栄養効果も期待できます。イワシ等の魚が原料であるためタンパク質、アミノ酸が豊富。タウリンの働きで血圧を下げる、疲労回復効果が期待できます。ただ、一般的な醤油よりも塩分が高いため、使用料は控えめに。そんなパティスを使って、今晩はガッツリめしレシピにチャレンジしてみましょう!

 

 


モリモリガッツリ!

アジアンちからめし
Asian style Pork Rice Bowl

●材料(1人分)

ご飯...................................................200g
豚スライス..................................................100g
玉ねぎ...................................................40g
ネギ...................................................10g
生姜(千切り)...........................................5g
にんにく................................................3g
卵......................................1個
塩コショウ................................................少々
パティス...........................................小さじ1
とんかつソース..................................................大さじ1
オイスターソース............................................大さじ1

 



●調理ポイント

炒め物の基本は火の通りづらい物から順に調理していきますが、今回はボールと調味料を混ぜ合わせ、一気に手早く調理していきます。具材を一度揉み込むことで具 材に味が染みこみ、短時間で炒めて味馴染みを良くする効果があります。味にもうアクセントをプラスしたい方は仕上げにパティスをもう一振り、またパクチーなどを添えるとより一層アジアな感じが楽しめますよ!

 

● 手順(調理時間約15分)

 

玉ねぎをスライス、生姜は千切り、ニンニクは細かく刻む。

トッピング用の目玉焼を作り皿に移す。

材料をすべてボールに入れ、調味料と食材を混ぜ合わせる。

フライパンに油をしき、❸を炒める。

火が入ったら皿にご飯を盛り、写真の用に具材を盛り付け、完成。

 

 

●INGREDIENTS Asian style Pork Rice Bowl

(/Cooking time: 15 Minute)

Rice.........................................................................100g
Sliced pork.....................................................................100g
White onion.................................................................40g
Onion leak..................................................................10g
Ginger........................................................................5g
Garlic....................................................................3g
Egg........................................................................1pcs
Salt&Peppe..............................................................1pinch
Patis........................................................................1tsp
Tonkatsu sauce(bulldog sauce).............................1tbsp

● STEPS

Slice Onion, Thin slice ginger, Ground Garlic.

Make Fried Egg.

Mix all ingtredients (except Rice and Fried egg) in the bowl and mix.

Heat pan with oil, then saute ❸.

After cook, decorate on the plate such like photo.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。

その他

バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
『フィリピンでの不動産購入はどうやってやるの?』
今回はフィリピンで不動産を買うときの手続についてお話しさせていただきます。
バックスイングでは右肩を回せってよくいうけど、右肩が動かなかったら邪魔して回りません。それなら右肩を後ろに引っ張ってしまった方がいい。その方が結果的に左肩は深く回ります。しかも右肩甲骨が動いて、裏キン肉のパワーが使えるし、インパクトで元の場所に戻しやすいしと、いいことずくめ。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です。 今、僕達はabs-cbnのshowtimeという番組のコーナーでfunny one というコメディバトルに参加させていただいてます!
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。
パイロットになりたい!そんな子供の頃の夢をフィリピンで実現できるかもしれません。自らもパイロットとしてのキャリアを持つ佐藤さん。病気のためメディカルライセンスを失った後も地上職として飛行機の仕事に関わり続けました。これまでの仕事の集大成と語るAAAでは飛行機免許取得のサポートを。自身もセスナの免許取得を目指します!
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel