ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.9 / 坂田志津香さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.9 / 坂田志津香さん
広告
広告





フィリピンで日系最大級規模のレンタルオフィスを展開
Marimo Real Estate Philippines Inc

オペレーショナルマネージャー 坂田志津香さん
1981年12月23日生まれ
在比歴 6ヶ月
普段のランチ::High Street 周辺(平均予算:P400)

 

お仕事の内容について

社員は日本人2人とローカル4人なので、日本人のお客さん対応は全て行います。主に接待や契約書の作成、オペレーションです。ローカルのお客さんへの対応は、最初の簡単な交渉はローカルスタッフに任せて、その後の具体的な交渉からは立ち会います。また、フィリピン人と日本人ではビジネスマナーなどの基準に違いがあるため、日本人の基準をローカルスタッフに教えています。

 

    

     フィリピンに来たきっかけは?

会社の研修制度で「フィリピンに行きたい人?」と聞かれ、「はい!」って手を挙げて、2年前に3ヶ月間セブ留学をしました。その研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。

 

    

     海外で働く際に求められるスキル

自分の意見をしっかりと言うことです。バンクーバーのビジネススクールに通い始めた頃、特にラテンアメリカ人、メキシコ人、ブラジル人は本当によくしゃべるので、発言ができませんでした。そのため、そこに割って入っていく度胸が必要だと感じました。フィリピン人もよく喋りますし、言い訳を始めると止まらなくなるので、それをパッと止めて、自分の意見をしっかりと言うことが必要だと思います。

 

    

     日本でやっておけば良かったこと

英語の勉強ですね(笑)。日本にいた時は、全然話せない状態でした。セブの留学ではスパルタ形式で勉強したので、ある程度は話せるようにはなりました。英語以外で言うと、もう少し家族との時間を作って、ちゃんと付き合っていれば良かったなと思います。私が転勤族で、入社してからは全国を転々としていて、月に一回しか家族と会えないような生活を7年間続けていました。

 

    

     休日の過ごし方

基本的には買い物、掃除、洗濯。あとは読書や映画鑑賞、散歩などをしています。家電屋さんでウィンドウショッピングをしたり、建設系の器具とかを見てまわるのも好きですね。プライベートの時間も仕事とリンクしている部分が多いです。余裕ができればダイビング、ゴルフとかも行きたいと思ってます。

 

    

     フィリピンでの失敗談

この前アイスを食べたときの話で、食べ終わって捨てた棒に玄関の外から家の中へアリが大量に群がってきてしまいました。インドネシアにいたときも、タイルの割れ目からアリが発生しましたが、翌朝にすぐ駆除してもらいました。それくらいアリが嫌いです。まだ、ゴキブリの方が大丈夫です。アリは小さくて気がついたらそばにいるので、大嫌いです。

 

    

     尊敬する人

8歳頃から好きだったのが、建築家アントニオ・ガウディ。彼の書いた建物のデッサンやビデオは擦り減るまで観てました。自然とかデザインが好きなので、それらが融合されているのが好きです。サグラダファミリアの写真集を一日かけて見ていたこともあります。デザインも好きなので会社のパンフレットも自分で作っています。

 

    

     人生のモットー

「笑う門には福来る」です。最初は意識していなかったのですが、営業のときにみんなから、「いつも笑い声が聞こえて、どこにいるかすぐ分かる」と言われたのがキッカケですね。そうすると、周りに人が集まってくるので、いつもそれを心がけてます。たまにうるさいと言われますけど(笑)。

 

    

     今までの経験の中で一番成長を感じたこと

一番大変だったのはリーマンショックのときです。取引業者が倒産することもありました。特に、引き渡し一週間前に建設業者が倒産したときは、物件が差し押さえられてしまい、その後の対応が大変でした。残工事も残っていたんですけど物件を取られる訳にはいかないので、弁護士にすぐ連絡しました。幸いなことに資金回収がすぐにできる物件だったので、前倒しでその日に入金して、なんとか物件を購入できました。ただ、その後は一軒一軒お客さんを回って、何が起きたのか、これからどうなるのかを説明しましたが、中には激怒するお客さんもいました。そのときに多くの人が一緒に動いて下さって、協力して困難を乗り越えることができたことが一番の成長を感じた出来事です。

 

    

     これからの目標

実はあまり決めてないです。昔からバカみたいに真面目なので、目標を決めるとそれしか見えなくなってしまいます。だから数年前からは遠い将来の大きい目標は決めないようにして、目の前の小さい目標をコツコツとこなしていくような感じにしています。また、新しいものは常にチェックするように心掛けています。人や出来事、物など。他にはボランティアもいつかはやってみたいです。自分のために頑張るよりも、誰かのために何かをしたいという思いがあります。

 

 

    

     カバンの中身見せて下さい!

全体的に黒系の物が多いですね。お気に入りはカメのキーホルダー。2年前、初めてニノイ・アキノ国際空港を出た瞬間にM.O.A.で買ったものです。



広告
広告
広告

働く人図鑑

コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。

その他

1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。
フィリピンでのトラック販売台数シェアナンバーワンのいすゞ。トラックメーカーが作る質実剛健な造りのSUVも着実に人気を伸ばし、人気は高まる一方。フィリピンで創業20周年を迎え、今後はジプニーに代わる公共輸送で貢献していきたいとも考えている。フィリピン人に愛され続けるメーカーであるため、サービスの拡充に力を注いでいる。
今回はクリスマスシーズンも近いという事でフィリピンのイルミネーションを見に行きました! マニラでもこの時期たくさん綺麗なイルミネーションが装飾されていますが、せっかくなので少し遠出してサンタローサのヌバリという所に行ってきました!
今回は「フィリピンの釣り堀にいきました!」です! 久々に釣りが出来ましたので動画にしました! 場所はaling nene's pond です。 クバオからバスで1時間の所で、エントランス20ペソと安く手軽に釣りができる場所です。 魚の種類は沢山いて、何が釣れるか楽しみです!
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵
マニラ名物といえばエドサアベニューの大渋滞です。 特に通勤ラッシュ、帰宅ラッシュはひどいです。 「一生たどり着かないんじゃ?」 と思うこともあるでしょう!そのくらい混みます。
「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel