ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 三菱電機、フィリピンでFA製品販売会社設立

三菱電機、フィリピンでFA製品販売会社設立

2019年3月13日

広告
広告

三菱電機は、経済成長著しいフィリピンにおけるFA(ファクトリーオートメーション)システム事業強化の一環として、子会社であるセツヨーアステックと、FA機器の現地販売代理店Integrated Factory Automation Inc.(IFA社)との3社の共同出資により、MELCO Factory Automation Philippines Inc.(メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン)を設立する。IFA社の販売代理店事業を統合し、2019年6月から新たな体制で、FA製品の販売・サービスを開始する。これにより、2025年度にフィリピンでのFAシステム事業の売上高30億円を目指す。 

<新会社設立の狙い>
 フィリピンにおけるFA市場は、電機・電子・食品産業を中心に堅調に推移しており、積極的な社会インフラ投資により、今後もさらなる成長が見込まれている。
 これまで三菱電機は、IFA社などの現地販売代理店を通じて電機・電子・食品を中心とした製造業にFA製品の販売・サービスを行ってきた。今般、新会社を設立し、自動化・IoT化ニーズに対応したソリューション提案やグローバルに連携したサービスを強化することで、フィリピンでの顧客満足度向上とFAシステム事業の強化を図る。

<メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン(新会社)の概要>
・英文社名: MELCO Factory Automation Philippines Inc.
・代表者 Albert Wang氏 
・所在地:フィリピン マニラ市(本社)
・出資比率:三菱電機40%、セツヨーアステック20%、IFA社40% 
資本金:1億2,600万ペソ 
・設立:2019年5月予定 
・営業開始日:2019年6月予定 
・業員数:約60名 
・事業内容:フィリピン国内におけるFA機器・放電加工機・板金レーザ加工機の販売・サービスおよびCNCのサービス 

<セツヨ―アステック社概要>
・社名: 株式会社セツヨーアステック 
・代表者:稲葉 元和氏 
・所在地:大阪府大阪市北区(本社) 
・資本金:9,000万円 
・設立:1964年12月3日 
・従業員数:約140名 
・事業内容:アジアを中心としたFA関連機器、高低圧受配電制御機器、映像・情報機器、半導体・電子デバイス製品、電子部品、各種産業資材の販売および調達。フィリピンをはじめとした当社FA製品の輸出業務および現地代理店支援
(19年3月12日の三菱電機株式会社ニュースリリースなどより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

味の素株式会社(本社:東京都中央区)は、2019年11~12月にフィリピン で開催される第30回 Southeast Asian Games(東南アジア競技大会、以下、「SEA Games」)のスポンサーシップ契約を3月6日締結した。味の素は同大会の最高位のスポンサーとして支援活動を実施する。 
駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京都千代田区)の関連部門である海外校では、2019年4月より、北米4校目になる校舎をアメリカ・ヒューストンに、ヨーロッパ3校目になる校舎をドイツ・フランクフルトに、アジア10校目になる校舎をフィリピン・マニラに開校予定である。
東京センチュリー(本社:東京都千代田区)は、先頃インドネシアのバリにおいて日本環境省とインドネシア政府等により開催された『第10回東アジアサミット-持続可能な都市に関するハイレベルセミナー』において、JCM(二国間クレジット制度)設備補助事業の内容とファイナンスサービスについて講演を行った。
フィリピン初の地下鉄プロジェクトである「マニラ首都圏地下鉄事業(第一期)」が始動しつつある。国際協力機構(JICA)は、2018年3月16日、フィリピン政府との間で、「マニラ首都圏地下鉄事業(第一期)」を対象として1,045億3,000万円を限度とする円借款貸付契約(L/A)に調印した。
「ドンキモール トンロー」はタイ初出店となる「DON DON DONKI(ドンドンドンキ)」のほか、飲食・雑貨・化粧品などの専門店や、 屋内スポーツ施設・イベントホールなど、日本にルーツがある30超のテナントを中心としたジャパンクオリティの商品やサービス を提供する総合アミューズメントモールである。 
JTOWER(ジェイタワー、本社:東京都港区)は、Global Network Inc.(GNI、本社:ブルネイ)(以下総称して「フィリピンタワーコンソーシアム」という)と共同で、フィリピン共和国情報通信技術省(DICT)とフィリピンにおける屋外通信タワーシェアリング事業展開への協力に向けた覚書(MOU)を締結した。 
トヨタ自動車(トヨタ)は、2月18日、フィリピンにおいてハイエースの海外向け新シリーズを世界初披露した。新シリーズは、刷新された専用プラットフォームをベースに、快適性、安全性を大幅に向上させるとともに、顧客の日常生活やビジネスに活用出来る優れた基本性能と高い耐久性を有している。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル傘下のビール醸造企業であり、キリン・ホールディングス(キリン)が約48.39%を出資しているサンミゲル・ブリュワリー(サンミゲル・ビール=SMB、現在は非上場企業)の業績が好調に推移している。
フィリピン最大級の不動産企業であるアヤラランド(ALI)が、2月15日、2018年(1月~12月)の決算を発表した。それによると、2018年の収入は前年比(以下同様)17%増の1,662億ペソ、純利益は同16%増の292億ペソと二桁増益決算となった。そして、9年連続での最高益更新となった。
フィリピン自動車工業会(CAMPI)など工業会加盟企業、自動車輸入販売企業協会(AVID)加盟企業、非加盟独立系企業の合計から重複加盟分(フォードなど)を調整した2018年のフィリピン新車総販売台数は前年比15%減の40万2千台にとどまった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel