ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マニラ空港〜マカティ〜クラーク空港までの高速バス運行開始!

マニラ空港〜マカティ〜クラーク空港までの高速バス運行開始!

2017年09月18日更新

運輸省の公式Facebookページの投稿によると、9月15日より、クラークとマニラを行き来するバスのPoint-to-Point(P2P)サービスを開始したとのことです。


 


 

(写真)運輸省大臣のArthur Tugade氏ら


 


 


今回運行開始したのは、クラーク-ニノイアキノ国際空港間とクラーク-ノースエドサ間のルートです。


 


*クラーク - ニノイアキノ国際空港間の停留所


   クラーク


     ↓


ロビンソン・ガレリア


     ↓


リゾートワールドマニラ


     ↓


マニラ空港ターミナル3


 


なお、ターミナル3以外に到着した場合には、空港の各ターミナル間に無料のシャトルバスが運行しています!


 


 


 


 

(写真)クラーク-マニラ間を走るバスの車内


 


 


どちらのルートも始発は朝4時発、終発は夜9時発。運賃はクラークからニノイアキノ国際空港・リゾートワールドマニラまでが350ペソ、ロビンソン・ガレリアまでが300ペソ、ノースエドサ・トライノマまでが250ペソです。48台の新車が投入され、車内にはWiFiやCCTV、リクライニングシートが完備。運行するバス会社はGenesis Transport Serviceです。


 


その他のP2Pバスサービスに関する記事はこちら。


Guide to P2P Bus Service for Expats


 


運輸省長官のTim Orbos氏によると、今年はさらに6つのP2Pバスルートが追加される予定。パンパンガ州ルバオ、パンガシナン州ダグパン、サンバレス州スービック、ブラカン州マロロス、タルラック、ヌエヴァ・エシハ州サンホセの各都市がクラークと結ばれ、国内移動がさらに便利になる模様です。


 


翻訳元: Clark to NAIA P2P bus service now available


ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」    フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel