ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 本場の小籠包が味わえる台湾料理レストラン、Din Tai Fung~ディンタイフォン~

本場の小籠包が味わえる台湾料理レストラン、Din Tai Fung~ディンタイフォン~
2016年02月10日更新
広告
広告

今回、点心を中心とした伝統的な台湾料理のお店ディンタイフォンをご紹介します。

 

Din Tai Fung~ディンタイフォンは1952年に台湾でオープン。

その後順調にファンを獲得し、アジア全域はもちろんのこと、アメリカやオーストラリアなど

世界中に店舗を拡大している台湾料理店です。

 

 

(写真)オルティガスのSMメガモールにオープンした台湾レストラン、ディンタイフォン

 

 

何と言ってもオススメは小籠包。

世界中のファンから「小籠包天国」と呼び名がつくほど、充実した小籠包が食べられます。

 

 

Untitled-1_600

(写真)豚肉入り小籠包 (5個入りP160/10個入りP315)

 

 

種類も豊富で、豚肉や鶏肉入りのスタンダードなものから、トリュフやチョコレート、

あんこなどのデザート系の小籠包も楽しめます。

 

 

(写真)チョコレート入り小籠包 (3個入りP115)

 

 

またSMメガモールの広大なスペースを活かした店内は164席と広々。

ゆったりと食事が楽しめます。

 

スタッフは本国台湾で6か月間研修を行い、

店の運営の基礎からマネージメントまでしっかりと学びます。

味もさることながら接客もトップレベルのクオリティー。

 

 

(写真)熟練の職人が3日間かけて作り出す、この店の一番人気の小籠包

 

 

本場の味「小籠包」をぜひマニラで味わってみてください。

 

 

 

ディンタイフォン Din Tai Fung

場所:Ground Floor, Mega Fashion Hall, SM Megamall, Ortigas, Mandaluyong City

営業時間:11:00am – 10:00pm

電話:02-997-1935/ 02-997-1936

Facebook:https:dintaifungph

 

(写真は全て、Din Tai Fung’s Facebook pageより転載)

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 daisuke
「自己紹介」   フィリピンに来て1年以上が経ちました。
ドゥテルテ大統領になり、どんどん変化する
フィリピンのホットな現地情報をお届けします!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年02月09日

2月10日(水)~28日(日)の期間で、芸術イベント「Fringe Manila (フリンジ・マニラ)」が開催予定。国内外のアート作品をマニラ各地で楽しみましょう!

2016年02月09日

2月8日に行われた中国のお正月「春節」。フィリピンでも祝日のため大勢の観客がビノンドのチャイナタウンに来て賑わいました。

2016年02月09日

毎年パサイのカルチャーセンターで行われているフィリピン最大級アートイベント「パシナヤ」が2月7日に開催。フィリピンが誇る有名なグループが出演。

2016年02月06日

BGCにシャングリラ・アット・ザ・フォートが3月1日にオープン♪全長250メートルの高さを誇り、フィリピンで最も高いタワービルの一つとなります。 

2016年02月05日

特別チケットが手に入ることで大人気のイベント「Travel Tour Expo 2016」が2月5日(金)~7日(日)、SMXコンベンションセンターにて開催。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel