ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 在フィリピン日本国大使館からの安全対策情報 【広域情報】台風22号の接近に伴う注意喚起

在フィリピン日本国大使館からの安全対策情報 【広域情報】台風22号の接近に伴う注意喚起
2018年09月11日更新
広告
広告

在フィリピン日本国大使館からの安全対策情報が届いています。


 


【ポイント】

○現在,強い台風22号(国際名:マンクット,MANGKHUT)が北マリアナ諸島に接近しており,今後大きな影響を及ぼすおそれがあります。

○台風22号は勢力を強めながら,猛烈な勢力に発達の上,9月13日(木)から14日(金)にかけて,フィリピン,台湾,中国沿岸地域に接近する可能性があります。

○最新の気象情報入手に努め,災害や事故に巻き込まれないよう,適切な安全対策を講じてください。



【内容】

1 日本の気象庁等によれば,日本時間9月10日(月)現在,強い台風22号(国際名:マンクット,MANGKHUT)が,グアム島,サイパン島など北マリアナ諸島に接近しており, グアム政府は,最高度の警戒レベルを発出したほか,北マリアナ諸島政府も不要不急の外出を止めるよう指示するなど,今後大きな影響をおよぼすおそれがあります。



2 また,台風22号は北マリアナ諸島を通過後,勢力を強めながら,猛烈な台風に発達の上,13日(木)から14日(金)にかけてフィリピン,台湾から中国沿岸地域に接近し,場合によっては上陸する可能性があります。

台風の進路上にある海域及びその周辺地域では,強風や大雨のみならず,ところによっては,高潮・洪水・土砂崩れ等の被害や道路の寸断をはじめ各種交通機関の混乱等も予想されます。



3 つきましては,台風22号の通過する地域に渡航・滞在を予定されている方及び既に滞在中の方は,下記の関連ウェブサイト等を参考に最新の気象情報等関連情報の収集に努め,状況に応じて渡航・滞在または外出を控える,あるいは渡航の日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。

 台風の影響により,各種交通機関(特に航空機や船)の混乱も予想されますので,運行状況を利用交通会社に確認することをお勧めします。

 台風が通過する地域にお住まいの方は,下記の諸点に留意し,災害被害を避けるための準備や行動などに留意し,十分な安全対策を速やかに講じるようにしてください。



【上陸前の備え】

(1)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。

(2)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備の電池等を準備するとともに,1~2週間分の飲料水・食料を確保・備蓄する。

(3)避難することも想定し,旅券,現金,雨具,携行用の水,食料等を準備し,いつでも持ち出せるようにしておく。

(4)強風で飛ばされそうなものは,屋内に移す又は固定する。

(5)避難場所や避難コースを確認しておく。

(6)家族等に緊急連絡方法や避難場所の確認を行う。

(7)沿岸部に居住・滞在の場合は高潮の発生にも注意し,あらかじめ安全な内陸部への避難を検討する。

【上陸以降の対応】

(8)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。

(9)外出を控える。

(10)現地当局からの避難勧告や指示に従う。また,避難後に最寄りの日本大使館または領事事務所へ連絡する。

(11)台風通過後も地盤のゆるみに伴う土砂崩れ等の二次災害にも十分注意する。

(12)被害が発生している地域においては,略奪等の治安悪化の可能性にも十分注意する。

(13)被災地では,インフラの破壊(電気や水など),物資供給不足,各交通機関の乱れ,電話等通信網の断絶等が発生しているおそれがあるため,被災地を訪れる場合には,情報収集を行いつつ慎重に検討する。



 《 参考 》

日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/

グアム国土安全保障省/市民防衛室ホームページ:http://www.ghs.guam.gov

米国気象予報室(National weather Service Forecast Office):http://www.prh.noaa.gov/guam/cyclone.php

フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/

台湾中央気象局 : http://www.cwb.gov.tw/

中国気象局:  http://www.cma.gov.cn/

中国中央気象台: http://www.nmc.cn/



4 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,最寄りの日本国大使館・総領事館(下記連絡先),或いは公益財団法人交流協会台北事務所及び高雄事務所まで連絡してください。



5 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。

(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)



(問い合わせ窓口)

○外務省領事サービスセンター

 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903



(外務省関連課室連絡先)

○領事局海外邦人安全課

 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139

○海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp (PC版,スマートフォン版)

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)



(現地連絡先)

○在ハガッニャ総領事館

Suite 604, Guam International Trade Center Building, 590 South Marine Corps Drive Tamuning, Guam, 96913, U.S.A.

 (P.O. Box AG, Hagatna, Guam 96932, U.S.A.)

電話:(1-671)646-1290, 646-5220

 Fax:(1-671)649-2620

ホームページ:http://www.hagatna.us.emb-japan.go.jp/index_j.htm

○在サイパン領事事務所

電話:+1(670)323-7201

FAX:+1(670)323-8764

Mail:[email protected]

ホームページ:http://www.hagatna.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/saipan_top_j.html

○在フィリピン日本国大使館

住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines

電話: (63-2) 551-5710

FAX : (63-2) 551-5780

ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在中国日本国大使館

(管轄地域:北京市,天津市,陝西省,山西省,甘粛省,河南省,河北省,湖北省,湖南省,青海省,新疆ウイグル自治区,寧夏回族自治区,チベット自治区,内蒙古自治区) 

住所(領事部):北京市朝陽区亮馬橋東街1号 

電話:(市外局番010)- 8531-9800(代表),

   (市外局番010)-6532-5964(邦人援護)

    国外からは(国番号86)-10-8531-9800(代表),

   (国番号86)-10-6532-5964(邦人援護) 

ホームページ:http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm 

○在広州日本国総領事館

 (管轄地域:広東省,海南省,福建省,広西チワン族自治区)

住所:広州市環市東路368号花園大厦

電話:(市外局番020)-83343009(代表),

   (市外外局番020)-83343090(領事・査証)

    国外からは(国番号86)-20-83343009(代表),

   (国番号86)-20-83343090(領事・査証)

ホームページ:http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/ 

〇在香港日本国総領事館

(管轄地域:香港特別行政区政府及びマカオ特別行政区政府の管轄地域)

住所:46-47/F,One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong

香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼及47楼

電話:2522-1184

国外からは(地域番号852)2522-1184

ホームページ: http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/index02.html



○在上海日本国総領事館

 (管轄地域:上海市,安徽省,浙江省,江蘇省,江西省)

住所:上海市万山路8号 

電話:(市外局番021)-5257-4766

   国外からは(国番号86)-21-5257-4766 

ホームページ:http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/ 

○交流協会台北事務所

住所:台北市松山区慶城街28号通泰商業大樓

電話:(市外局番02)-2713-8000(領事室内線2100,2102)

    台湾域外からは(地域番号886)-2-2713-8000(領事室 内線2100,2102)

    0937-043-408(夜間・土日祝祭日24時間)

ホームページ:https://www.koryu.or.jp/about/taipei/ 

○交流協会高雄事務所

住所:高雄市苓雅区和平一路87号 南和和平大樓9F,10F

電話:(市外局番07)-771-4008(内線20,56)

  台湾域外からは(地域番号886)-7-771-4008(内線20,56)

    0929-228-458(夜間・土日祝祭日24時間)

 FAX:(市外局番07)-771-2734

    台湾域外からは(地域番号886)-7-771-2734

 ホームページ:https://www.koryu.or.jp/about/kaohsiung/

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年09月11日

Jリーグクラブの湘南ベルマーレが、10月よりマニラでサッカースクールをオープンします。
対象は年中~小学校6年生の男女。日本人のプロコーチが丁寧に指導しますので、サッカー経験は問わず、誰でも楽しくプレーできます。この機会をぜひお見逃しなく!!

2018年09月06日

JALが2019年2月1日からマニラ=羽田線の新規開設を決定しました!

2018年09月03日

9月2日夜、フィリピン南部(ミンダナオ地方),スルタン・クダラット州イスラン町(危険レベル3)にてインターネットカフェ付近でイスラム過激派とみられる集団が自家製爆弾を爆発させました。

2018年08月30日

日本語教育に定評のある教育コンサルタント企業の「Jellyfish Education Philippines Inc」がお届けする第一回「Global Education Fair 2018」が9月8日(土)、パサイ市のモールオブアジアに隣接するSMXコンベンションセンターにて開催されます。

2018年08月30日

環境汚染問題で現在閉鎖中のボラカイ島。再開に向けてフィリピン観光省(DOT)、観光インフラおよび企業誘致区庁(TIEZA)は、対策を進めています。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel