ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 高速道路Cavitexの拡張区間が一部開通に

高速道路Cavitexの拡張区間が一部開通に
2018年08月08日更新
広告
広告

マニラ-カヴィテ高速道路(Cavitex)の交通渋滞を緩和するために、Metro Pacific Tollways  Corp.(MPTC)が指揮を執っている拡張計画のうち、一部区間が8月4日に開通しました。11億ペソをかけた本計画は、マニラ国際空港からZapote Roadまでの道路を拡張するものです。完成すれば4車線道路となります。

Cavitexの交通渋滞を和らげるための計画




報道によると、MPTCは高速道路に入る前にいったん止まってゲートを通過する仕組みを取り払うことを目指していると述べています。「この高架道路の特徴は、南北へ向かう車の流れから、高速道路に入る前にいったん止まるという仕組みを取り除くことだ。特にMacapagal Blvd.へ向かう車にとって、信号があり一時停止する仕組みはCavitexの交通渋滞の一因となっている」とMPTCは発表しています。 MPTCの拡張計画の開発は、公共事業道路省のMark Villar大臣も注視しているプロジェクトです。Ronda Balitaのリポートでは、いったんすべての車線が利用可能になれば、通行者はすべての利益をすぐに享受できるようになるだろうと大臣は説明しています。Villar大臣は「高架道路の部分開通は、Cavitexの交通量改善に大きく効果をもたらした。すべての車線が使えるようになり、ほかの改善部分も完成したら、通行者はその恩恵をフルに感じられるだろう」と述べました。




高速道路ゲートでの一時停止は渋滞の一因に


 


CavitexはMPTCが拡張している道路ネットワークの一部です。この道路は、タギグ・ラスピナス・パラニャーケの各都市を通り、カヴィテ-ラグナ高速道路(CALax)へつながる、7.7キロのC-5 Southlinkと接続しています。

これにより、マニラ市内の渋滞が緩和されることを願います。

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Toshi
「自己紹介」   ※ 画像のポニテはイメージです。
  写真と異なる場合がありますが、
  品質に異常はありません。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年08月08日

7月31日,フィリピン南部(ミンダナオ地方),バシラン州のラミータン町(危険レベル3)で爆弾テロ事件が発生し,フィリピン警察当局は,今次事件を受け,マニラ首都圏の警戒レベルを引き上げるなど,全国で警戒を強化しています。フィリピンに渡航・滞在される皆様におかれては,危険情報レベル3の地域(注1)への渡航は止めてください。

2018年08月08日

今年の5月、上院下院の両院で、フィリピン身分証明書システム法案(Philippine Identification System Bill)が承認されました。

2018年08月07日

BGCの日系唯一のサービスオフィス「マリモサービスオフィス」にて、Siguion Reyna Montecillo & Ongsiako の野口弁護士を迎えて個人情報保護法のセミナーが行われます。基本はマリモサービスオフィスの入居企業様向けですが、外部からの参加も受け付けています。今回のテーマは「個人情報保護法とその取り扱い」についてです。

2018年08月07日

マニラ首都圏開発庁(MMDA)は予てからのマニラの渋滞を解消するべくエドサ通りを含む首都圏における地方バスの乗り入れを8月15日から全面的に禁止することを発表しました。

2018年08月04日

「最強トロ炊き豚骨鶏ガラ醤油らーめん」で知られる広島のラーメン店ばり嗎がセレンドラにオープン。8月5日(日)まで、【もう一杯ラーメン無料プロモ】を実施中。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel