ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 今年で2回目のドイツ映画ウィーク!マニラでドイツ映画を見よう!

今年で2回目のドイツ映画ウィーク!マニラでドイツ映画を見よう!

2017年09月28日更新

今年で2回目を迎える“ドイツ映画ウィーク”。フィリピンで唯一のドイツ映画祭です。

9月27日から10月5日まで、SMモール・オブ・アジアと、SMシティ・ノース・エドサで行われます。

最新のドイツ映画を見よう! 画像出典:Goethe-Institut Philippinen‎ Facebook page

 

上映されるのは、2016年から2017年に公開された12本のドイツ映画と、第62回ベルリン国際映画祭にエントリーした、フィリピン映画界の巨匠、ブリランテ・メンドーサ監督のドラマ映画、Captive(囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件)です。

 

ラインナップは以下の通りです。

My Brother Simple (2017), ドラマコメディ

Old Agent Men (2017), スリラー・アクション

Return to Montauk (2017), ロマンス

My Blind Date with Life (2017), 伝記ドラマ

Happy Burnout (2017), コメディ

The Bloom of Yesterday (2016), ロマンス

You’ve Got A Message (2016), ロマンス

Welcome to Germany (2016), ドラマコメディ

The World of the Wunderlichs (2016), ミュージカルドラマ

Tony Erdmann (2016), ドラマコメディ

Marija (2016), ドラマ

Fog in August (2016), ドラマ

 

見たい映画をチェック! 画像出典:Goethe-Institut Philippinen‎ Facebook page


詳細:

German Film Week – Manila 2017

場所: SM Mall of Asia, Pasay City / SM City North Edsa, Quezon City

日時: 9月27日から10月5日まで 7 p.m. – 11 p.m.

料金: 100 ペソ (ドイツ映画),  200ペソ (特別公開映画、Captive)


 


 


 



ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel