ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン 新ボホール国際空港がついに開港

フィリピン 新ボホール国際空港がついに開港
2018年12月12日更新
広告
広告

フィリピン運輸省と民間航空局は11月27日、長らく待たれた新ボホール国際空港(パングラオ国際空港)をオープン。「世界へのグリーンゲートウェイ」を始動させました。

開港には、ドゥテルテ大統領とArthur Tugade運輸大臣、Jim Sydiongco民間航空局長官、Chattoボホール州知事、Bernadette Romulo-Puyat観光大臣、Ernesto Pernia国家経済開発庁長官が立ち会いました。

この新ボホール国際空港はドゥテルテ政権の「Build, Build, Build」プログラムの目玉プロジェクトの一つです。ボホール州パングラオ島で、建設は2015年6月22日にスタートしました。

パングラオ島にオープンした新空港

 

この国初のエコ・エアポートとして、緑地としっかりとした構造を持ち、主に自然換気を利用すること、屋根のソーラーパネルが旅客ターミナルビルの必要電力の3分の1をカバーすること、モーションセンサー照明を設置することで高い基準を満たすことを目指しています。

新空港のチェックインカウンター

 

新空港のセキュリティーゲート

 

総工費78億ペソのプロジェクトで、少なくとも年間200万人の旅客を見込みます。

旧空港(タグビララン空港)の2倍の収容人数で、旧空港の代替となることが見込まれています。大きな国際線用の機体を含め、同時に7機を扱うことが可能。旅客ターミナルビルは広さ13884平米で、3つのボーディングブリッジと手荷物取扱システムを備えています。

上空からみた新空港の滑走路

 

国際線の運航は11月28日から開始。ボホールへの観光客数増加と商業活動の活発化が期待されています。

プロジェクトでは、運営の効率性や安全性・セキュリティの強化、旅客のための快適な環境の改善、空港のネットワーク化とマーケティングの拡張をさらなる目標としています。

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2018年12月11日

今月は番外編ということで女性限定のセミナーを開催!BGCの人気イタリアンレストラン「L’Opera」を貸切って、スパークリングワインや美味しいイタリアンをいただきながら、楽しい時間が繰り広げられました。

2018年12月10日

フィリピンでは、最近健康に対する認識が高まりつつありますが、歯と身体のケアに対する認識はまだまだ低い。
実際歯は体全体を支える支柱のようなものなので、歯が無くなってくると食べるときに美味しく食べられなくなったり、踏ん張る力が必要な時に踏ん張れなくなり老化に繋がるなど、身体全体に影響が出てくる。こういった未来を無くす為にAramesh Spa and Wellness and Fashion Smile Dental Health and Spaでは、歯の治療とスキンケア・エステティックとスパを一か所で受けられる総合的な治療と施術ができるようなっている。

2018年12月09日

エアシャトル運航会社のSkyjet Airlinesが12月、これまでで最大のプロモで大盤振る舞い!12月が誕生月の人は、チケットを正規料金で購入した同行者が1人以上で、ご本人は誕生日当日に無料フライトがもらえます!

2018年12月08日

クリスマスももうすぐ。ショッピングモールではクリスマスソングが流れ、住宅街のイルミネーションも華やかに飾り付けられています。
そんな中、商業施設では音と光を使用したクリスマスイルミネーションの限定イベントが各所で行われています。幻想的に輝く光と迫力満点なサウンドに包まれればだれもがクリスマス気分に浸れること間違いなしです。
今回はマニラ近郊で楽しめる音と光が大迫力のイルミネーションスポットをご紹介します。

2018年12月07日

マカティのRufino Avenue近くにお店を構える日本食居酒屋 川崎。この度内装をリニューアルしオープン!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel