ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第1回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第1回
広告
広告

女子プロは振られ上手だから飛ぶし曲がらない!

タオルが棒に見えるようにビュン!と振れますか?


女子プロのスイングを見ているとどこにも力が入ってないのに、よく飛ぶし曲がらない。
それは「振られるスイング」ができているから。タオルをビュンと振る練習を教えてもらおう!

 


シャフトのしなりを感じられるようになる
アマチュアの男性よりも非力なのに、クラブに上手く振られて飛ばす女子プロたち。一ノ瀬優希は学生時代によくタオルを振っていたという。「タオルの先を詰んで、フィニッシュで勢いよく首に巻き付くように振ります。簡単そうに見えて難しいですよ。軸のキープやヘッドの走らせ方など、スイングに必要なことが体感できるんです。タオルを勢いよく振れるようになると、実際にドライバーを握ったときにも、ヘッドの重みやシャフトのしなりを感じられ、飛んで曲がらなくなります」アナタもタオルを振ってみよう!



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

バックスイングでは右肩を回せってよくいうけど、右肩が動かなかったら邪魔して回りません。それなら右肩を後ろに引っ張ってしまった方がいい。その方が結果的に左肩は深く回ります。しかも右肩甲骨が動いて、裏キン肉のパワーが使えるし、インパクトで元の場所に戻しやすいしと、いいことずくめ。
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。

その他

フィリピン下着メーカーシェア率第3位、三年連続過去最高売上、最高利益を叩き出している。世界のワコールで「美」を提供し続ける、同社の岩崎会長にお話をお聞きしました
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
今回僕はNAIA空港の近くにある軍事博物館「Philippine Air Force Aerospace Museum」 に行ってきました。 入館料は20ペソです。 入る時にガードに「お前、外国人か?」と怖い顔で聞かれましたが、多分僕の顔が怪しい外国人に見えただけだと思うので、誰でも入れます!
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel