ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第18回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第18回
広告
広告

グリーン周りはPW 1本が最強

セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。

 

1.PWで握りを変える理由

手首をロックすると大きな筋肉が使える

手首が動くと、打ち出しが強くなったりと不安定に。振りを変えることで手首をロックすると、肩など大きな筋肉を使いやすくなる
手首を使うとPWでもダブるよ

 

2.ショットと同じグリップは下半身が動きすぎる

ショットと同じ握りは、ヒザが動きやすく打点が不安定に。バターと同じか近い握りをすると、下半身を固定してストロークしやすい

足が動くと打点がブレます

 

パターと同じ逆オーバーラッピング

アプローチでのPWや91はパターのイメージで打つので、グリップもバターと同じ逆オーバーラッピングに握る

 

ウィーク気味にして右手はすき間を開ける

ショットよりもウィーク気味に握って、すき間を作る。手に余分な力が入らないことがポイント

 

シャフトに指がかかる極端グリップ

右手の親指と人差し指がシャフトにかかるくらい短く握る。アドレスで腕が伸びるので、手首の無駄な動きを減らすことができる

 

アプローチ専用で短く握る

バターの握りとは少し違うけど、逆オーバーラッピングにしてなるべく短く握り、ボールの近くに立つ

 

 

パターと同じ握りで手首を使えなくする

パターのイメージで腕と手首の五角形をキープして打ちたいから、グリップはバターと同じ。なるべく手首を使わないようにする

 

フルショットと同じでは なくパター風のグリッ プを作る

これまで、アプローチでPWを使 ったことがない人は、打ち方がイ メージしづらいかもしれない。し かし、プロはPWアプローチ専 用のグリップを作ることで、さら にストロークがやさしくなると 口を揃える。

 

 市原弘大は、「パターみたいに打 つのが基本で、シャフトに指を かけるくらい短く握ります」と言 う。また 、逆オーバーラッピング 派の正岡竜二は「これだけで手 首がロックされるんですよ」とコ メント。ベテランの手嶋も、「パ ターってちょっとウィーク気味 に握るでしょ。アプローチもそ れに合わせて、すき間を作るく らいゆるゆるに握ると肩が動か しやすいんです」と話した。


握り方は逆オーバーラッピング 派からゆるゆる派までプロの個 性が出たが、共通点はパターの ように握ること。これがPWでの グリップの基本だ。

 

このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。

その他

はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf を紹介したいと思います。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
今回はフィリピンで買ったオモチャを紹介します!オモチャはなんでも揃うデビソリアに買いに行きました!
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel