ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Chicken Gizzard 砂肝

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Chicken Gizzard 砂肝
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 Chicken Gizzard 砂肝

フィリピン食材
まめ知識



焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでも砂肝は定番食材の一つで、現地ではニンニク炒めにしたり、アドボのような甘辛煮にして食べられることが多いようです。タガログ語での名称は”Balunbalunan" うちのスタッフが「バルンバルン」と発音していたので、てっきり風船のように膨れているのか?と思ったりしたのですが、語源は定かではありません。笑  砂肝は低カロリーで高たんぱくなのでダイエットに適した食材と言えます。また、鉄分を多く含み、貧血を予防するビタミンB12、骨を生成し、血の凝固作用もあるビタミンKを始め、多くの栄養を含みます。お値段も1kg P100と大変お手軽に入手できるというのも嬉しいポイント。でも、砂肝ってどうやって食べるんだろう?今回はそんな方でも簡単に挑戦できる砂肝メニューをご紹介させていただきます♪

 

 


さっぱり!あっさり!簡単に♪

砂肝おろしポン酢
Sunagimo Ponzu (Cold Style Boiled Chicken Gizzard with Ponzu Sauce)

●材料(2人分)

砂肝............................................................500g
大根.............................................................30g
長ネギ..............................................................10g
生姜...............................................................5g
簡単!手作りポン酢↓
醤油..........................................................100ml
酢............................................................50ml
煮切りみりん...................................................50ml
レモン汁............................................................50ml



●調理ポイント

なんだか下処理が大変そう。 と思われていることも多い砂肝ですが、やってみると意外に簡単なんです。まず、繋がっている二つの砂肝を一つずつに切り分け、それから両端の青白い部分を切り落とします。縦半分に切ると、包丁を使わず手で剥くこともできますよ♪今回は下処理をする前にまず砂肝をボイルするので、包丁の方が作業が早いかもしれません。砂肝は硬くなってしまうので茹ですぎ注意。余熱でも火が入るので、少し生かな?というくらいでお湯からあげて下さい。

 

● 手順(調理時間約20分)(下茹で時間含む)

 

砂肝を茹でる。(約10分)

砂肝が茹だったら冷水で冷やし、下処理をする。(外皮を切り落とす)

タッパーなどに移し、ポン酢と合わせる。

数時間漬け込んだら完成。大根おろし、ネギなどを添えてどうぞ。

 

 

●INGREDIENTS Sunagimo Ponzu (Cold Style Boiled Chicken Gizzard with Ponzu Sauce) /Cooking time: 20 Minute)

Chicken gizzard............................................................500g
Radish........................................................................30g
Onion leaks.............................................................10g
Ginger.....................................................................5g
Kikkoman..............................................................100ml
Vinegar............................................................50ml
Boiled Mirin..............................................................50ml
Squeezed Lemon.............................................................50ml

● STEPS

Put Chicken gizzard in boiling water for 10 minutes.

After boiling, soak the gizzard in cold water then take off the skin.

Keep ② in Tupperware while marinating it in Ponzu sauce.

It’s ready to serve after few hours of marinating. Garnish it with grated radish and onion leaks.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。

その他

昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。
今回は「HPN3知名度調査!」です。 僕たちはフィリピンのテレビIt's showtime に出させて頂いてフィリピン人の方にも日本のお笑い芸人としっていただきました。
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。
『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
フィリピンにもクリスマス本番が近づいて来ました! 最近は普段にも増して渋滞が増えた気がします!12月になるとフィリピンの至る所でバザーが開催されます。クリスマス本場に向けて皆さん最後の追い込みですね!今回は数あるバザーの中の1つ、ワールドバザーフェスティバルに行きました!
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel