ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ピーナッツバター(Peanut Butter)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ピーナッツバター(Peanut Butter)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ピーナッツバター(Peanut Butter)


芳醇さと甘さがベストマッチ!

ピーナッツバターとマンゴーのシナモントースト
Mango Peanut Butter Toast

●材料(2人前)

食パン        2切れ
マンゴー        1/2個
ピーナッツバター    大さじ4
シナモンパウダー    お好みで

 



●調理ポイント

普段使っている食パンでなんでも美味しく作れますが、厚切り(Thick slice)のパンを使用することでよりピーナッツバターとマンゴーのコンビネーションを楽しむことができます。マンゴーは完熟のイエローマンゴーを使用して下さい。お好みでシナモンをかけるとより一層風味を楽しめます。

 

フィリピン食材
まめ知識



日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。カレカレというフィリピン料理はカレーのような見た目ですが、味付けにピーナッツバターを使用し、ほのかな甘みのシチューですし、バゴオンという小エビの塩辛漬けと一緒に食べるとハマってしまう美味しさ。料理に濃厚さと優しい甘さをプラスという効果を考えると、日々の料理にも活用できます。例えばカレーライスやシチューの味の隠し味に。味噌ラーメン(インスタントでも)のコク漬け、胡麻和えの代用、ピーナッツベースのドレッシングやソースにも。高カロリーで敬遠されることも多い食材ですが、良質な脂肪(不飽和脂肪酸)や女性に欠かせないビタミンEやB6を多く含む健康食材としても見直されています。そんなピーナッツバターを使用して今回は今晩ではなく、明日用の朝食メニューをご紹介します♪

 

 

● 手順(調理時間10分)

 

マンゴーを薄くスライスする。

食パンにピーナッツバターをたっぷり塗る。

トースターで5分焼く。

マンゴーを乗せ、お好みでシナモンをかけて完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 10min)


Thick sliced Loaf Bread   2slice
Yellow Mango       1/2pcs
Peanut Butter        4tbsp
Cinnamon powder     1pnch( option)

● STEPS

Thin slice yellow mango.  

Put Peanut Butter on Sliced loaf Bread.

Make toast for 5 minutes.

Decorate sliced mango and Cinnamon powder on Bread

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。

その他

今回は「激辛ヌードルチャレンジ」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っています。 ユーチューブ動画で激辛ヌードルチャレンジを見てみると皆すごく辛そうに食べていますが、実際はそんなぬ辛くないんじゃないかと思い僕も挑戦してみる事にしました。
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
今回はフィリピン最大の激安マーケット、「ディビソリアでスマートフォンを買おう」です!日本人だけで行くと危ない、スリ被害が多いなど結構言われているが、やはり1度は行ってみたい!毎日のように電車やジプニーに乗って居るので、警戒心はすごいある。僕達が住むケソンでも道端でスマートフォンを買わないかとよく話かけられるが、買うならめちゃくちゃ安い物を買いたい!というわけで、ディビソリアに行ってきました!
家画期的な商品を開発してきた名門メーカーシャープはいま、業績低迷から待ったなしの再生を迫られている。重責の一端を担う同社の田中孝弘社長にお話をお聞きしました。
日本だけでなくアジアを中心に人と物の交流に貢献し、お客さまへのサービス充実に努力する。そんな想いを持つ「日本航空株式会社」マニラ支店長の石田和宏さんにお話を伺いました。
マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel