ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.6 / 北川俊来さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.6 / 北川俊来さん
広告
広告





フィリピンでWEB制作と自社プロダクトを運営
CREATIVEHOPE PH INC.

WEBディレクター&ビジネスマネージャー 北川俊来さん
1987年6月26日生まれ
在比歴 2年 恋人なし
普段のランチ:グリーンベルト周辺(平均予算:P200)



お仕事の内容について

クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。自社サービスとして、フィリピン人女性に向けた、ビューティーに関する情報や商品レビューを投 稿できる「PrettyFab」というメディアを立ち上げ、現在は、このPrettyfabというメディアの運営、マーケティング活動を主に行っています。構築や開発に関しては、ローカルのパートナー企業と協業して行っています。




    

     フィリピンに来たきっかけ

急に社長から「おめでとう」と言われたんです。「ありがとうございます。何でしょう?」「フィリピン行ってもらうことになったから」「ありがとうございます。」これだけです。(笑)学生時代に留学を経験してから、もともと海外で働きたい思いはあったのですが、入社1年目で、それも海外での立ち上げという大役に声がかかるとは思っていなかったので驚きました。



    

     仕事の好きなところ

サイト運営のためにたくさんの女性に会えるのが、個人的に楽しいですね!メイクアップアーティストの方と一般の女性を招いて、メイクアップ レッスンを開催したり、モーターショーに行って女性に声をかけたり。仕事です。



    

     海外で働く際に求められるスキル

少し失礼になること。図々しくなること。でも、良くしてもらったら、絶対に恩返しをすること。恩返しという部分ができていない日本人がかなり多いと思います。それは時間を共有して、自分である意味を提供することですかね。自分の場合、自分だけの方法で場を盛り上げる、いい知り合い同士を引き合わせる、相手が躊躇しているときに何でも一緒にトライする、などですね。



    

     成長を感じられた瞬間

こちらでフィリピン人のスタッフを雇ったことで、「この子は自分のスタッフだから守っていこう」という気持ちが芽生えたとき。日本にいたときは新卒でしたし、初めての部下だったんですよね。彼女が入社する前は「自分は何をしにフィリピン来たんだろう」と思う事も多かったのですが、以後は熱が入りました。



    

     プライベートでは何をしている?

Market! Market! のウォールクライミングに毎週末行っています。趣味からも人脈は増えますね。あと、オフィスの人と車で海に行くこともあります。コワーキングオフィス(フリーランスやスタートアップの会社が事務所や会議室を共有して働くオフィス)で働いているので、プライベートでもそこで働く他の会社の方や他国の方々との交流が多いです。オシャレなオフィスなので一度訪ねてきてください。



    

     フィリピンでの悲劇

一番辛かったのは、麻疹(はしか)にかかったこと。40度以上の熱が続いて入院したのですが、入院中に病院内で火事が起きて死にそうになりながら病室を移動したこともありました。麻疹なので誰とも面会できず。病院の食事は人生で一番まずく。後遺症で1週間だけ視力が何も読めないくらい落ちて、顔面の皮もむけて…。恐怖でした。



    

     尊敬する人

一つの事に打ち込める、向上心のある変人。努力する姿勢と魅力を兼ね備えているので、周りにもまた変な人が集まりますし、なにより一緒にいて楽しいんです。自分の知らない世界を見せてくれるので。著名人で言ったら、明石家さんまさん。何十年にもわたって僕の母を笑わせてくれているので、尊敬と感謝です。



    

     人生のモットー

「伱を見せて生きる。」
イベントなどに行っても、道歩いていても、伱があるおかげでよく声をかけられるんです。日本ですら、歩いていたらいきなり知らないおばさんから声をかけられて、駅まで腕組んで、なぜか大量のお菓子をもらった事もありましたね。普段から伱をみせているからこそ人が寄ってくるし、面白い事件が起きるんだと思います。



    

     これからの目標

会社としては、「Prettyfab」で他のASEANの国々に進出し、日本のコスメを東南アジアにもっと広げていきたいです。まずはマレーシアですね。また、当初のフィリピンに来た目的であった自社プロダクトをフィリピンから作っていくという動きを今年は加速させていきます。

個人としては、「日本に帰るために海外に出ている」と思っているので、将来は日本に貢献したいです。今も日本を代表していると思いながら生活していますし。最終的には独立してFacebookのような日本発のグローバルなプロダクトを作りたいですね。

…なんて言いましたが、実は目標って言ってももやもやなんです。自分が尊敬する人々のように、一つのことに打ち込むことが自分は苦手なので、代わりに「どこにいても楽しめる」という自分の特性を活かして、注力する方向は定めつつ、誰よりも体験や経験を増やしながら生きていきます。





    

     カバンの中身拝見

ポイントは、松岡修造さんの日めくりカレンダー。尊敬する人の1人からもらったものです。表情がいいですよね。元気がでます。(笑)それから、BLACK BLACK ガムは必需品。買い占めてます。ストレスの発散にいつも噛むので、僕のストレスバロメーターになっています。



広告
広告
広告

働く人図鑑

サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。

その他

マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
今年創業50周年を迎えた長大は、この5月にミンダナオ島・ブトゥアン市でパートナーのエクイパルコ社らと開発を進めてきた小水力発電所の竣工式を迎えた。現在はインフラ整備から工業団地の事業まで、ミンダナオ島で雇用創出を通じた民間主導の経済開発を目指して尽力している。その事業を一から手掛けてきたのが加藤さんだ。
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
前回までは労使交渉に関する様々な点についてお話させていただいております。今回は一般的にフィリピンで紛争が生じた場合の解決方法についてお話しいたします。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel