ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 商船三井の自営商船大学、9月12日にフィリピン カビテ州にて開校式

商船三井の自営商船大学、9月12日にフィリピン カビテ州にて開校式

2018年9月13日

広告
広告

羽田駐比大使やツガデ運輸大臣らが出席

 

商船三井(本社:東京都港区)がフィリピンのカビテ州ダスマリーニャス市サリトラン(首都マニラから南に約30km)においてマグサイサイ・マリタイム社と共同で開設準備を進めてきた商船大学「MOL マグサイサイ・マリタイム・アカデミー(MMMA)」の開校式が、9月12日に開催された。
 
 この開校式には、羽田浩二駐フィリピン日本国大使やツガデ運輸大臣らが出席した。羽田大使は、挨拶の中で、日本商船隊において、フィリピン人船員が全乗組員の75%を占め、その中核となっていることに触れつつ、MMMAにおいて、商船三井とマグサイサイ・マリタイム社の培った知見を生かし、世界の物流を担う優秀な船員が育成されることを期待すると述べた
 
 なお、マグサイサイ・マリタイム社はフィリピン最大級の船員配乗会社で商船三井のフィリピンでのパートナーである。1997年には、船員配乗会社「マグサイサイ MOL マリタイム」を共同で設立した。
 
 商船三井はこれまでも、船舶運航での高い安全基準を支えるフィリピン人船員の育成を目的に、自社訓練船での専属講師と乗組員による訓練航海や、フィリピン政府の推進する産学連携制度のもとに、提携商船大学から選抜した3年生を対象に商船三井ループ施設での教育・訓練を実施する「職員候補生プログラム」を実施してきた。
 
 今般開校した商船大学MMMAは、これまでに700名以上の船員を輩出してきた職員候補生プログラムを通じて培った実績と知見をもとに、発展的に拡張し、さらに高い水準の船員を安定的に育成するものである。最大の特長である訓練施設「シップ イン キャンパス」は、外観だけでなく、実習設備の配置も可能な限り卒業後に乗船する実船に近づけることで、即戦力養成につながるトレーニングを行える実習棟である。このMMMAの設計・施工は三井住友建設によって行われた。
 
<商船大学MMMAの概要>
学校名 : MOL Magsaysay Maritime Academy Inc.(4年制の商船大学、全寮制)
建設地 : カビテ州ダスマリーニャス市サリトラン(首都マニラから南に約30km)
規模 : 敷地面積 約13.2ヘクタール(東京ドーム約2.8個分)、建物延床面積 約3万平米
校舎 : RC造(地上5階建) 
その他 : 宿舎1棟(地上3階建)、教室棟1棟(地上3階建)、 疑似訓練船(RC造5階建)複合棟(一部3階建) 
設計・施工 : 三井住友建設
学生数 : 1学年あたり最大300名(航海科、機関科各々で150名)
(18年9月12日の在フィリピン日本大使館発表や株式会社商船三井の資料などより)

 
 
広告
広告
広告

その他の記事

PLDTのIT子会社であるePLDTは、このほど、ePLDTのデータセンター「VITRO セブ2」(所在地:セブ州マンダウエ市のPLDTコンパウンド)が、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)から、「Nexcenter」として認定されたと発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2018年8月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は6.4%(速報値)となり、前月から0.7%ポイント上昇、2013年以降(2012年=100)で最も高い数値となった。一方、年初から8カ月間(1月-8月)の平均インフレ率は4.8%で、政府のインフレ目標上限を0.8%ポイント上回った。
総合建設コンサルタント企業である長大(本社:東京都中央区)は、8月28日(火)と同29日(水)の2日間、フィリピンのセブ市で開催された「PPP調達におけるバリュー・フォー・マネー」(Value for Money in PPP Procurement)の研修に、東洋大学アジアPPP研究所(東洋大学APPPI)の要請を受けて、社員を講師として派遣した。
住友金属鉱山(住友鉱、本社:東京都港区)のフィリピンでの事業基盤拡大、資源高度有効活用が進展している。住友鉱は、HPALからの新たな有価金属の回収を事業化し、競争力強化に努めつつある。具体的には、希土類元素(レアアース)の一つであるスカンジウムの生産を開始する。
世界ラーメン協会 (WINA:World Instant Noodles Association 略称:WINA )は、8月22日、23日の両日、帝国ホテル大阪(大阪市北区)において、「第9回 世界ラーメンサミット大阪」を開催した。なお、本サミットのホスト企業は、1958年に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明した日清食品ホールディングスが務めた。
フィリピンの銀行業界の業績は2018年上半期(1月~6月)も底堅く推移、事業基盤もさらに拡充されつつある。ビジネスワールド紙によるフィリピン商業銀行レポートによると、2018年上半期末の商業銀行(拡大商業銀行{ユニバーサルバンク}含む43行)の総資産は前年同期比9.9%増の15兆3,900憶ペソに達した。
顧客満足度(CS)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー・アジア・パシフィックは、8月28日、シンガポールにおいて、2018年フィリピン自動車顧客満足度(CSI:アフターフォローに関して)調査の結果を発表した。
国際協力機構(JICA)は8月22日、「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~」において、ベルグアース株式会社(愛媛県宇和島市、山口一彦代表取締役社長)が提案する「現地環境に適した高品質・高収量野菜接木苗の生産販売事業のための基礎調査」(フィリピン)を採択した。
ユニバーサル・エンターテインメント(UE)は8月9日、2018年度上半期(2018年1月~6月)の連結決算を発表した。オカダ・マニラの売上拡大を牽引したのは、マス及びVIP向けカジノ部門であり、当初予想を上回る実績となった。
近年、商工中金(本店:東京都中央区)のフィリピン進出企業に対する積極姿勢が目立つ。例えば、検定教科書や学習参考書の出版を手がける桐原書店(本社:東京都新宿区)のセブ島での英語学校事業への融資などである。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel