ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 東京ガス、比初のLNG基地建設・運営参画目指す

スポンサードリンク:

東京ガス、比初のLNG基地建設・運営参画目指す

2017年11月2日

東京ガスは、10月30日、フィリピン共和国エネルギー省(DOE)に対して、フィリピンにおけるLNGバリューチェーン構築に関する関心表明書を提出し、受領された。

 この関心本表明書は、ドゥテルテ大統領立ち合いのもと、東京ガスの広瀬道明代表取締役社長からDOEのクーシー長官へ手渡された。フィリピンでは、国産ガス田であるマランパヤガス田が2024年頃に枯渇すると予測されており、LNGの導入が急務となっている。東京ガスは、長年の歴史で培った経験・知見を活かし、LNG基地の建設をはじめとしたフィリピンにおけるLNGバリューチェーン構築を目指す。

 DOEのクーシー長官は、「LNGに関する長年の歴史で培った経験・知見を有し、海外での事業経験が豊富な日本の事業者に、フィリピンのLNGインフラ形成に協力してもらうことを期待している」とコメントした。

 東京ガスの広瀬社長は、「東京ガスは、フィリピン初のLNG基地の建設・運営に参画することを目指すとともに、天然ガス利用の普及拡大、LNGバリューチェーン構築に貢献できることを確信している」とコメントした。

 東京ガスは、「チャレンジ2020ビジョン」の実現に向けた「2015~2017年度の主要施策」において掲げた「グローバル展開を加速」するために、東南アジア地域での事業・投資活動の統括拠点として「東京ガスアジア社」を2015年4月にシンガポールにおいて開所した。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel