ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第14回 Arbyのフィリッピン日和

第14回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第14回 『 ボスのマレーシア日和』

読者の皆様、Selamat Petang!アシスタジアで セクレタリーをしているArbyです。今回の挨拶が 理解できた人は国際人ね。これマレーシア語で 「こんにちは」なんだって。いつもは日本とフィリ ピンの違いについて書いているけど、この間 マレーシアに行ってきたボスがArby に色々と 教えてくれたので今回はマレーシアについて 書こうと思います。

マレーシアという国は日本から見るとフィリ ピンよりも更に南。緯度は余り変わらないから 気候は大体同じなんだって。でも中国人が多く移 り住んでいるから街中では、大抵中国語が通じる らしいんだ。フィリピンでも英語をマスター している人は沢山居るけど、日常生活はタガログ 語だよね?だからArby は「マレーシア語は使わ ないの?」って聞いたよ。するとボスが「当然ある よ。しかも他民族国家だから殆どの人が複数言語 を話せるんだよ」と言ってた。話す相手に応じて 言語を選択して使い分ける必要があるらしく、 その中の1つがマレーシア語という感じみたい。 想像するだけで大変だね。そしてボスは「フィリ ピンよりも英語の発音が綺麗かも」とも言ってた。

英語が通じるならArby も行ってみたいなぁ、 って言ったらボスが街の写真を見せながら 「余り変わらないから面白くないかもよ?」と 笑ってた。他の写真も観光地や食べ物ばかりで 凄く楽しそうだったから「どこか面白い所を 教えてよ」と聞いたら「PASAR SENI」という 場所の写真を見せられた。どうやらボスはここで 古い足の角質を食べるドクターフィッシュSPA を 体験したらしい。水槽に足を入れると魚達が ツンツンと足を突いて凄くくすぐったいんだっ て。こんなのArby は知らない! だからボスに 「Arby もこれやりたい!」って言ったら、 実はManila Ocean Park でも出来るんだって。 Arby は今度時間がある時に行ってみるから、 気になる人は是非MOP まで行ってみてね。

ちなみに今回の出張でボスが買ってきたシャツ には「I LOVE PENANG」という文字が。こちらL サ イズのシャツを1名の方にプレゼントしたいと 思います。もし興味がある人は住所と氏名、 そして「Arby のフィリッピン日和」への感想と 一緒に2012年2月24日迄に[email protected] までメールしてね。商品は発送をもって発表と かえさせて頂きます。果たしてボスのお土産を 欲しいって思う人は居るのかな? Arbyでした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

日本で商標登録を行っている商標が全く関係の無いフィリピンの会社により商標登録されていることがわかりました。この商標登録を取り消すことはできますか?
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの? 前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!ちょっと時期がズレてしまいましたが今回は 「トンドで年越し」です。フィリピン三年目の僕たちは過去二回の年越しは日本でした。三年目の今年、念願のフィリピンでの年越しができました。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。
アイアンはダウンブローに打つ。その本質は変わらないが、クラブの進化で打ち方は全く違ってきた。
今の主流はゆるやかに上から打ち込み、ターフを取らないダウンブロー。最新ギアを生かし、どんなライにも対応できる打ち方だ。
「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。
マレーシアで大ヒットの「蚊よけ塗料」を、もうじきフィリピン国内で販売する関西ペイント。こちらの商品を販売し、デング熱患者を減らすことでフィリピンの人々の役に立ちたい。そんな想いを持つ、KANSAI PAINT PHILIPPINES,INC.の山本さんにお話しを伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel