ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第14回 Arbyのフィリッピン日和

第14回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第14回 『 ボスのマレーシア日和』

読者の皆様、Selamat Petang!アシスタジアで セクレタリーをしているArbyです。今回の挨拶が 理解できた人は国際人ね。これマレーシア語で 「こんにちは」なんだって。いつもは日本とフィリ ピンの違いについて書いているけど、この間 マレーシアに行ってきたボスがArby に色々と 教えてくれたので今回はマレーシアについて 書こうと思います。

マレーシアという国は日本から見るとフィリ ピンよりも更に南。緯度は余り変わらないから 気候は大体同じなんだって。でも中国人が多く移 り住んでいるから街中では、大抵中国語が通じる らしいんだ。フィリピンでも英語をマスター している人は沢山居るけど、日常生活はタガログ 語だよね?だからArby は「マレーシア語は使わ ないの?」って聞いたよ。するとボスが「当然ある よ。しかも他民族国家だから殆どの人が複数言語 を話せるんだよ」と言ってた。話す相手に応じて 言語を選択して使い分ける必要があるらしく、 その中の1つがマレーシア語という感じみたい。 想像するだけで大変だね。そしてボスは「フィリ ピンよりも英語の発音が綺麗かも」とも言ってた。

英語が通じるならArby も行ってみたいなぁ、 って言ったらボスが街の写真を見せながら 「余り変わらないから面白くないかもよ?」と 笑ってた。他の写真も観光地や食べ物ばかりで 凄く楽しそうだったから「どこか面白い所を 教えてよ」と聞いたら「PASAR SENI」という 場所の写真を見せられた。どうやらボスはここで 古い足の角質を食べるドクターフィッシュSPA を 体験したらしい。水槽に足を入れると魚達が ツンツンと足を突いて凄くくすぐったいんだっ て。こんなのArby は知らない! だからボスに 「Arby もこれやりたい!」って言ったら、 実はManila Ocean Park でも出来るんだって。 Arby は今度時間がある時に行ってみるから、 気になる人は是非MOP まで行ってみてね。

ちなみに今回の出張でボスが買ってきたシャツ には「I LOVE PENANG」という文字が。こちらL サ イズのシャツを1名の方にプレゼントしたいと 思います。もし興味がある人は住所と氏名、 そして「Arby のフィリッピン日和」への感想と 一緒に2012年2月24日迄に[email protected] までメールしてね。商品は発送をもって発表と かえさせて頂きます。果たしてボスのお土産を 欲しいって思う人は居るのかな? Arbyでした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

今回はコース紹介から離れて、ゴルフコンペの話。コンペとは競技会を指すコンペティションの略称ですが、ゴルフにおいては順位付けをしながらも参加者同士の親睦を深めるような主旨のものを指すことが多いでしょう。
マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
真のグローバル化を掲げ、キャラクター、エンターテイメントビジネスで世界のリーディングカンパニーを目指す。バンダイフィリピンの社長、石井敦樹さんにお話をお聞きしました。
今回は日本人とフィリピン人の結婚と離婚についてお話しさせていただきます。特に多いと思われるフィリピン在住の日本人男性とフィリピン人女性の結婚と離婚を念頭においてお話しいたします。
今回はクリスマスシーズンも近いという事でフィリピンのイルミネーションを見に行きました! マニラでもこの時期たくさん綺麗なイルミネーションが装飾されていますが、せっかくなので少し遠出してサンタローサのヌバリという所に行ってきました!
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
今回は日本人があまり行かない島第2弾という事でカグバレット島に行って来ました! 場所はルソン島の東側。 前回行ったポリリオ島の下の方にあります。 バス、ジープ、船でマニラから約7時間の旅を経ていざカグバレットへ!
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
「フィリピンへの投資勧誘」 フィリピンで事業を行うために、フィリピン法人を受け皿にして日本からの投資を募集したいと思っているのですが、法律上の規制はありますか?
マニラから南に車を進めると高速の左手にマキリンという山が見えてきます。このマキリンの麓(ふもと)に位置するのがAyala Greenfield。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel