ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第九回ビジネス烈伝/トヨタモーターフィリピン 後藤雄二さん

第九回ビジネス烈伝/トヨタモーターフィリピン 後藤雄二さん
広告
広告

<第9回>トヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さん

トヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さん

後藤雄二さん

【プロフィール】
 
●トヨタモーターフィリピン 副社長
 
 後藤雄二さん
 
1958年生まれ。東京出身。2男1女の父。
海外の企画・営業に合わせて18年携わった後
2008年から初の海外赴任先であるフィリピンに駐在。

 

フィリピンの経済好調が叫ばれていますが、なかなか実態をつかみにくい印象もあります。そんな中、具体的な数字で成長を示しているのが自動車産業。今回は、業界トップに立つト ヨタモーターフィリピンのマーケティング部門を統括する後藤雄二さんにお話を伺いました
 
★ここ数年、フィリピンで自動車の売れ行きが好調なようですね
 
「アジア通貨危機の前、業界全体で年間16万台あった販売台数は10万台を割り込む水準まで落ち込み、長く低迷していました。2007年にようやく10万台の壁を破るも、その後は08年12万台、09年13万台と緩やかな伸びにとどまっていました。しかし10年、大統領選挙景気と台風オンドイによる浸水被害 で廃車となった車の買い替え需要もあり、16万台を突破。1996年に記録した過去最高を更新しました。昨年は東日本大震災とタイ洪水の影響でわずかに減少しましたが16万台を維持。今年も需要の伸びは堅調で、全体で18万台超が見込まれています。さらに来年も選挙イヤーで、車は売れますよ」
 
★好調の要因は何でしょうか
 
「私が赴任した2008年当時は、人口に比べて自動車の販売台数が少なく、車を持っているのはごく一部と人と感じました。そのころに比べて、足下で中間層の数が増えています。加えて、オートローンの充実も要因の1つと考えられます。コールセンターに代表されるBPO産業の急成長により若者の就労口が増えたことで 家族の購買力が上昇。世帯収入が年間50万ペソあればローンを組めます。もちろん焦げ付きも少なからず発生していますが、こうした流れは、成長の過程でほかの国も経験してきたことです」
 
★この国は市場拡大のポテンシャルありとされながら、長くそのままの状況が続いてきていましたが
 
「そうですね。ただ最近は、成長が具現化してきていると思います。特にアキノ政権になった2010年以降、景気が安定して伸びてきていると感じます」
 
★アジア通貨危機後に拡大した周辺国からの後れを取り戻せますか
 
「国民1人当たりのGDPがUSD2,500に達した時に、その国のモータリゼーションが活性化すると言われています。タイでは2000年初頭、インドネシアでは2~3年前にそうした現象が起きました。国際通貨基金(IMF)の試算では、フィリピンは現在USD2,200で、3年後にUSD2,500に達するといわれていま す」
 
★そうした追い風の中、トヨタが打つ次の一手は
 
「販売網の一層の拡充を進めます。現在31店あるディラーの数を、来年半ばまでに43店に増やす計画です。新設するのは、首都圏よりルソン北部を中心とした地方部です。一方、トヨタ車の供給が不足しているという指摘が一部にあります。お客様にご迷惑をおかけしている部分もあると思いますが、事実です。原因は、 昨年のタイの洪水被害の影響は短期的なもので、むしろ需要の急激な伸びに供給が追い付いていないというのが実態です」
 
★日本メーカーを抜いて業界3位の地位を確保するなど、躍進する韓国車を脅威と考えますか
 
「かつてに比べ、品質が良くなってきているとは思います。さらに低価格も魅力になっていると思います。それでもトヨタは車両価格ではなく、耐久性やアフターサービス体制を含め、長い目で見るとお得ですよ、という『コストオブオーナーシップ』を消費者に訴えかけていきたいと思っています」

トヨタ社内

★ところで海外駐在はフィリピンが初めてとか
 
「幼い少年のころからトヨタ車が好きで、念願かなってトヨタに入社した際、海外それも発展途上国の市場に魅力を感じ希望を出しました。その結果、中近東を中心に約18年国際海外事業に携わってきましたが、駐在ではなく出張ベースでした。2008年にフィリピンに渡航してきたのが初めての海外赴任となります」
 
★フィリピン駐在を命じられた時の反応は

「正直なところ、当時は悪い印象が強く、嫌でした(笑)。家族の反応も同じです。それでも、家族は一緒に、という考えから、大学生の長男を除いて、妻と長女、次男を連れてこちらに来ました。しかし来てみると、考えていたのとは状況が全然違い、高い電気代を除けば、これまでに不便を感じたことはなく暮らしいいです。 嫌がっていた家族も今ではここでの生活を楽しんでいます。もっとも、駐在員の立場で恵まれているからというのはありますが」
 
★フィリピンに連れてきたお子さん2人に期待する部分はありますか
 
「英語力の習得とは別に、子どもたちには若いころに世界を見て異なる文化に触れてほしいという願いがありましたが、2人とも吸収が早く、適応してくれています。長女はこちらに来てから、実際に海外で働きたいと言い出しました。ただこの点には複雑な気持ちがあります。きっかけを与えたのは私ですが、もし遠く離れた国で 働くようなことになったら、やはりさびしいものです(苦笑)」
 
★休日はどのように過ごしていますか
 
「ゴルフのほかに、毎週日曜日、日本人中学生相手に野球のコーチをしています。家族サービスとはもっぱら土曜日の食事で勘弁してもらっています外食を楽しんでいます」
 
★もう一度、仕事に話を戻します。社内でのローカル社員との関係はいかがですか
 
「ローカル社員だから、ということで区別はしません。この国のやり方は尊重します。叱る時は、その人ではなく、物事がうまく運ばない原因を叱るようにしています。ただ一方で、叱ってもニコニコして全然こたえていないようで、脱力感を感じるところはあります。それでも私が甘いのか、同僚や部下を憎めないんです。昼食も進んで 、彼らと一緒に一食100ペソあまりのフィリピン料理を食べにいきます。お気に入りは、ご飯にアドボです」
 
★あらためまして、国内業界トップの地位を揺るぎないものにしているトヨタの方向性を聞かせて下さい
 
「国内で生産を行うメーカーとして販売台数の増加は非常に重要ですので、今後も既存市場で業界トップの維持に努めます。ただ、抑えるべきところは抑えた上で、新たな分野にも進出していきます。先ごろ市場投入したスポーツ車『86』はその一例です」
 
★国の安定成長を支える製造業が育ちにくいと言われるフィリピンですが、メーカーとしてのご意見は
 
「自動車産業の成長には、投資優遇策などその国の政府の支援が不可欠です。これまでは自工会(CAMPI)を通じた働きかけを行ってきましたが、販売会社が含まれていることから、業界としての意見の集約が難しい一面がありました。2009年には国内生産を行っている日系メーカーだけの団体(PASATPACCI) を立ち上げ、ここから政府に意見を上げるようにしています。こちらもアキノ政権になって以降、貿易産業省が意見をよく聞いてくれるようにはなりました。ただし、これも長い取り組みになると覚悟はしています」
 
★ASEAN自由貿易協定(AFTA)の影響で、家電業界では国内生産をやめ、製品の輸入販売に移行する動きが見られましたが
 
「自動車は設備投資が大きいため家電業界のようなわけにはいきませんが、実際のところ、フォードが年内で国内工場の閉鎖を決めるなど、採算ベースでは難しい状況もあります。それでもトヨタは、フィリピン社会に貢献する意味でも、完成車を輸入して売るだけではなく国内生産を続けることは大事と考えています」

-------------------------------------------------------------------------------------------------

後藤雄二さん

【好きな書籍】
 
「炎熱商人」深田祐介
マニラに駐在していた日本人商社マンが殺害された実話に基づく話。登場人物と実在の日本人がつながったり、ディーラーの視察で訪れた地方の話が出てきたりと興味深く、読み重ねています。
 
【好きな言葉】
 
「努力に勝る天才はなし」
社会人になってから努力が足りなかったと思っていて、インターネットの普及で手軽に調べ物ができるようになったこともありますが、知識欲は年を重ねるごとに強まっています。知識を増やして、仕事をこれまで以上にこなし、私生活では人間を大きくしたい。やはり子どもには、努力している父の背中を見てほしいのです。
&nbsp
「10年たって振り返れ」
これは誰かの言葉ではなく、自分が子どもに言い聞かせている言葉です。今、抱えている問題も、10年後に振り返ってみれば大したことではないから、深刻になりすぎる必要はない、ということを伝えています。

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
大手IT事業会社KLab(東証一部)の世界戦略で、開発の中心を担うKLab Cyscorpions。前身となるCyscorpionsをマニラに設立し、成長を推し進める野口太郎社長にお話をお聞きしました。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
マニラ、セブで学生、ビジネスマンらを受け入れる英語学校、さらにはオンライン英会話教室などを運営するEEN HD co.,LTDの李百鎬会長にお話をお聞きしました。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
モールオブアジアに待望のユニクロ1号店がオープンしました。今回は、ユニクロのグローバル・ワンを浸透させるため奔走された久保田勝美最高執行責任者(COO)にお話を聞きました

その他

みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。
今回は「セブ島のQQENGLISHで英語勉強して来ました!」です。僕たちは普段ネタなど日常会話は全てタガログ語を使っています。フィリピンに初めて来た時にタガログ語も英語も全く喋れなく、まずはフィリピンの公用語タガログ語を勉強しました。
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
よく言われることですが、練習場の平らなマットの上から打つのとコースの凹凸のある芝の上から打つのでは違いますし、天候などにも大きく影響を受けますし、なによりプレッシャーがかかりますラウンドから学ぶことは多く、且つ重要ですが、だからといってラウンドだけでは上達にも限りがありますので、やはり練習は欠かせません。ということで今回は練習場紹介をさせて頂きたいと思います。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
学生時代のほとんどを海外各地で過ごされた青木さん。そんな国際的センスの持ち主がフィリピン市場に魅力を感じ、いよいよ6月にフィリピン初の店舗をオープン。日本式の測定、加工までを手がける技術を持つ販売員の育成に努める他、アプリの開発も手がけるなど、メガネ店の可能性をあらゆる角度から追求します。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel