ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】
広告
広告

第11回

日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!

 

今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。たとえば、会社の従業員が自分に有利な転職をするために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多い東南アジアでは良く起こっています。

 

実際によく聞く話ですが、アジアの展示会では新興企業が熱心に日本企業の製品を見に来ます。彼らは、日本企業の製品が買いたいから見にくるのではなく、どうすれば真似できるかを見に来ている場合も多いそうです。展示会で製品カタログや営業マンの説明から多くの情報を聞き出して、自分たちで作ってしまうというケースが多いそうです。東南アジアの場合ですと、現地人同士の情報交換量は日本人の想像を超える場合が多く、多くの情報が社外に流出し易い環境です。

 

下町ロケットで出てくる製品は、ロケット用のバルブシステムを始めどれもハイテクで簡単に真似できないような製品ですよね。日本人設計者は「日本の高い技術力はそう簡単には真似できない」と信じている方も多く、東南アジアのレベルでは当分大丈夫とタカを括っている人もいます。1990年代も同 じような考え方で、韓国や台湾の設計者に日本企業は技術情報を出していました。2000年になって起こったのは、マーケットのトップランナーは韓国や台湾企業で、日本企業は合併しないと生き残れなくなったり、税金を投入して救済しないと立ち行かなくなってしまったという悲しい現実です。最近では、台湾企業に買収された大手日本企業まで出て来ましたね。

 

このように、安心することなく社内の機密情報を管理していく必要があります。次回は、最終回なので、東南アジアの今後の知的財産権制度がどこに向かおうかとしているのをお話ししたいと思います。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

知的財産経営 in 東南アジア

東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。

その他

フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
日本に帰る機会があったので国際免許を取得してみました! と言う事で今回はフィリピンで車を運転してみました!
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
マニラから東、アンティポロに位置するゴルフ場がValley Golf。North CourseとSouth Courseの計36ホールからなるコースで、Valleyの名が示す通り起伏のある山岳コースです。South Courseがチャンピオンコースで距離も長めでチャレンジングなコースですが、メンバーの同伴が必要です。
SMXにて開催される食品展示会 WORLD FOOD EXPO FOOD BAZAARに参加します。マニラで手に入るハウス製品全17品が購入可能!試食もできて、通常よりお買い得価格でお買い求めいただけます!
2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel