ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】
広告
広告

第11回

日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!

 

今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。たとえば、会社の従業員が自分に有利な転職をするために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多い東南アジアでは良く起こっています。

 

実際によく聞く話ですが、アジアの展示会では新興企業が熱心に日本企業の製品を見に来ます。彼らは、日本企業の製品が買いたいから見にくるのではなく、どうすれば真似できるかを見に来ている場合も多いそうです。展示会で製品カタログや営業マンの説明から多くの情報を聞き出して、自分たちで作ってしまうというケースが多いそうです。東南アジアの場合ですと、現地人同士の情報交換量は日本人の想像を超える場合が多く、多くの情報が社外に流出し易い環境です。

 

下町ロケットで出てくる製品は、ロケット用のバルブシステムを始めどれもハイテクで簡単に真似できないような製品ですよね。日本人設計者は「日本の高い技術力はそう簡単には真似できない」と信じている方も多く、東南アジアのレベルでは当分大丈夫とタカを括っている人もいます。1990年代も同 じような考え方で、韓国や台湾の設計者に日本企業は技術情報を出していました。2000年になって起こったのは、マーケットのトップランナーは韓国や台湾企業で、日本企業は合併しないと生き残れなくなったり、税金を投入して救済しないと立ち行かなくなってしまったという悲しい現実です。最近では、台湾企業に買収された大手日本企業まで出て来ましたね。

 

このように、安心することなく社内の機密情報を管理していく必要があります。次回は、最終回なので、東南アジアの今後の知的財産権制度がどこに向かおうかとしているのをお話ししたいと思います。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

知的財産経営 in 東南アジア

東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。

その他

今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「またまたまたミニ四駆〜まだ日本人レーサーが居ません、、」です!何度も言います!ミニ四駆楽しいですよ!少しでも興味がある方本当に連絡下さい!
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。
今やフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を影で支えてきたのがDTSI (Diversified Technologies Solution International) GROUPです。そこで活躍する伊藤新吾さんの物語もとても興味深いものでした。
フィリピンといえばカラマンシーが有名ですが、それに関するチャレンジをご存知でしょうか? 名前はズバリcalamansi challenge. そのままですね。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。今回はカルティマールに行きました!一年ほど前にカルティマールに行きました!という動画を出しました。カルティマールは日本食の売ってるスーパーが有名なのと、ペット関係のお店が多いので有名です!
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。
バックスイングでは右肩を回せってよくいうけど、右肩が動かなかったら邪魔して回りません。それなら右肩を後ろに引っ張ってしまった方がいい。その方が結果的に左肩は深く回ります。しかも右肩甲骨が動いて、裏キン肉のパワーが使えるし、インパクトで元の場所に戻しやすいしと、いいことずくめ。
今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel