ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第11回】

第11回

日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!

 

今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。たとえば、会社の従業員が自分に有利な転職をするために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多い東南アジアでは良く起こっています。

 

実際によく聞く話ですが、アジアの展示会では新興企業が熱心に日本企業の製品を見に来ます。彼らは、日本企業の製品が買いたいから見にくるのではなく、どうすれば真似できるかを見に来ている場合も多いそうです。展示会で製品カタログや営業マンの説明から多くの情報を聞き出して、自分たちで作ってしまうというケースが多いそうです。東南アジアの場合ですと、現地人同士の情報交換量は日本人の想像を超える場合が多く、多くの情報が社外に流出し易い環境です。

 

下町ロケットで出てくる製品は、ロケット用のバルブシステムを始めどれもハイテクで簡単に真似できないような製品ですよね。日本人設計者は「日本の高い技術力はそう簡単には真似できない」と信じている方も多く、東南アジアのレベルでは当分大丈夫とタカを括っている人もいます。1990年代も同 じような考え方で、韓国や台湾の設計者に日本企業は技術情報を出していました。2000年になって起こったのは、マーケットのトップランナーは韓国や台湾企業で、日本企業は合併しないと生き残れなくなったり、税金を投入して救済しないと立ち行かなくなってしまったという悲しい現実です。最近では、台湾企業に買収された大手日本企業まで出て来ましたね。

 

このように、安心することなく社内の機密情報を管理していく必要があります。次回は、最終回なので、東南アジアの今後の知的財産権制度がどこに向かおうかとしているのをお話ししたいと思います。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告

知的財産経営 in 東南アジア

東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。

その他

こんにちは、ハポンスリーの堀越です!ちょっと時期がズレてしまいましたが今回は 「トンドで年越し」です。フィリピン三年目の僕たちは過去二回の年越しは日本でした。三年目の今年、念願のフィリピンでの年越しができました。
一人でも多くの命を救うため、日本のものづくりで医療の進歩に取り組む【プロフィール】 テルモ・フィリピンズ・コーポレーション社長 久保田 徹さん 1954年長野県...続きを読む
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は僕が最近ハマっているフィリピンのオヤツpenoyを紹介します!Penoyはゆで卵をオレンジ色の衣で揚げたフィリピンの屋台飯です!
今回の食材 ●イカ缶(SQUID CAN)
缶詰で、パパっと本格! イカのリゾット
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
2018年、キリンホールディングスが出資するフィリピンビール大手のサンミゲル・ブリュワリー副社長に就任した内山さん。日本国内で本社と現場の双方を経験して得たバランス感覚が持ち味だ。拡大するフィリピンのビール市場を分析し、経済成長にともなうアルコール嗜好の多様化にむけ先手を打つ。主力商品「一番搾り」の刷新は今後を占う試金石となる。
今回は「マニラの英語学校ベーシックイングリッシュキャンプに行きました。」です!フィリピンで英語学校、留学と聞くとセブ島なとを想像するかもしれませんがマニラにもあるんです!
漬けておくだけ簡単おつまみ!漬けあたりめ。 おつまみとして、またちょっとしたお菓子として親しまれている”あたりめ”ここフィリピンでも食卓では大変親しまれている乾物の一つです。
人気の缶詰シリーズ。今回は缶詰の定番ツナ缶のご紹介です。日本と同じく、ツナ缶はここフィリピンでも、コンビニなどで手軽に入り食卓で親しまれている食材の一つです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you