ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ココナッツミルクパウダー

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ココナッツミルクパウダー
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ココナッツミルクパウダー


フィリピン食材
まめ知識



フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。こんなにたくさんフレッシュなココナッツがあるのに、わざわざパウダーを使う必要は無いのでは?とも思いますが、例えば一般的な家庭では保存性ということに関して利便性があります。ココナッツミルクの缶詰めなどは開栓後はすぐに使いきらなければなりませんが、パウダーは乾燥品なので少しずつ使用することができます。また、コーヒーなどに少しだけ加えて使うということもできます。適度に水を入れればココナッツミルクのような風合いにすることもできるので、色々な料理に使えそうですね。そんなココナッツミルクパウダーを使って、今回はエスニックなチキン料理をご紹介します。

 

 


カレー風味が食欲をそそる!

骨付き鶏もも肉のタンドリーチキン風
Japanese style Tandoori Chicken

●材料 (2人前)

骨付き鶏もも肉.............................................................400g
カレー粉.................................................................大さじ1
ココナッツミルクパウダー......................................................大さじ2
ニンニクおろし...............................................................大さじ1/2
醤油.........................................................................大さじ1
サワークリーム..................................................................大さじ2
塩コショウ......................................................................大さじ少々



●調理ポイント

鶏肉には味を染み込みやすくするために、フォークで何か所か穴を開けて下さい。サワークリームが手に入らない場合はヨーグルトを代わりに使うのも可。酸味とマイルド感がプラスされて美味しく仕上がります。調理時は多少焦げ付きやすいので注意しながら焼いてください。火通りが心配な時は最後にレンジを使ってくださいね。

 

● 手順

鶏肉にフォークで何か所か穴を開ける(味を染み込みやすくするため)

 鶏肉と材料をジップロックなどの袋にすべて入れ、揉みこむ

冷蔵庫で半日以上寝かせる

テフロンパンなどを使い、じっくり中まで火を通す

こんがり焼き目が付き、火が通ったら完成

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Leg chicken....................................................................... 400g
Curry mix powder ..................................................................1tbsp
Coconut milk powder.........................................................................2tbsp
Grated garlic.........................................................................1/2tbsp
Kikkoman........................................................................1tbsp
Sour cream.............................................................................2tbsp
Salt & pepper..........................................................................1pinch
● STEPS

Pick chicken with a folk.

Put ❶ and all seasonings in a Ziploc bag.

Place ❷ in the refrigerator for more than 12 hours.

Grill in fry pan carefully.

After complete cook, decorate on the plate.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。

その他

名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
今回はフィリピンでの車の運転です。 前に初めてフィリピンで車を運転した動画を出したのですが、その時は久しぶりのマニュアル車に戸惑い公道に出ることなく終わってしまったのですが あれから半年、、
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
今回は日本人が経営しているラーメンダルマに行ってきました! 実は前にも1度紹介させて頂いてその時は外で屋台のラーメン屋としてやっていたんですが 今回ラーメンダルマさんが店舗を構えたという事でお店に行ってきました!
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
こんにちは、ハポンスリーの堀越です! 今回で三度目のクリスマスを迎える事ができました。時が経つのは早いですね。トンドで迎えるクリスマスも三度目です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel