ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第三回ビジネス烈伝/マンダムフィリピン 川北英男さん

第三回ビジネス烈伝/マンダムフィリピン 川北英男さん
広告
広告

%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%88%97%E4%BC%9D%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97.PNG

第3回 「市場に寄り添い、需要を生み出す

キーパーソン:マンダムフィリピン川北英男さん

マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。 

bizNo3FirstPic.PNG

 

 ●川北英男さん

座右の銘/好きな言葉:「道」

“わが行く道に茨多し されど生命の道は一つ この外に道なし この道を行く”-武者小路実篤-

 

香港生まれ。幼少期をフィリピンと香港で過ごす。大学時代はアメリカで過ごすもアジアが好きだと再認識、いずれはアジアで働きたいと思う。アツイ思いが伝わり、株式会社マンダムに入社後、念願叶い、1995年にはフィリピン、1998年に香港に赴任。2007年にフィリピンに再赴任。

 

  

 

 

 

マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。 

 

 

編集部:幼少時代をフィリピンで過ごされたとか

 

川北さん:父の仕事の関係で、香港で生まれて、3歳の時に日本に帰国した後、幼稚園から小学2年生までフィリピンにいました。当時は戒厳令下で、午前中はインターナショナル・スクール、午後はまだ半日制だった日本人学校に通っていました。幼少の記憶は、生誕地の香港や帰国後の日本ではなく、フィリピンからです。

 

編集部:マンダムを就職先に選んだ理由は

 

川北さん:アジアにしか海外事業拠点がなくアジアで働けると思ったからです。マンダムへは入社前から『アジアで働きたい』と自ら訴え、入社の翌年にフィリピンに赴任。98年には香港に異動し、2007年からは現法の代表として2度目のフィリピン赴任となっています。

 

編集部:マンダムのフィリピンでの事業展開を教えてください

 

川北さん:マーケティング&営業担当として最初に赴任した1995年は、まだ丹頂(※マンダムの前身は丹頂株式会社)のポマードが主力商品でした。ちなみにポマードの市場は元々、華僑が日本から商品を持ち込んだことがきっかけだったようです。 bizNo3SecondPic.PNG その後ジェル市場がスタイリング剤で頭角を現し、日本で78年から販売を開始した若い男性向けの化粧品ブランド『ギャツビー』の、アジアでのブランド展開を進めるための投資が2002年に香港からスタート。フィリピンでは05年からミンダナオ島のダバオ市を試験地に選び、テレビ、ラジオ、ペディキャブなどを介して広告をうち認知度向上を試み、ここでの手ごたえを踏まえて06年ごろから本格的にギャツビー・ワックス(小袋)の販売を開始しました。

 
 
 
  
 編集部:フィリピン市場の特徴は

 

川北さん:購買力から判断して、アジアでは韓国、台湾、香港、シンガポールなどで販売している日本製ではなく、廉価なインドネシア製を持ってきています。広告面でも、映像コンテンツのほか、広告モデルもインドネシアのものを共有していますが、認知度の点で限界があり、日本における『キムタク』のように、誰もがかっこいいと認め憧れる、そんなローカルセレブリティを探しているところです。販売チャネルは、当地に昔から根付いている特有の小規模雑貨店、サリサリストアでの『トラディショナルトレード』と、それ以外の小売りチェーン店などを通じた『モダントレード』の2つに大別されます。ここ数年は、コアな顧客層となる10代の若い子を取りこぼしてしまうのを防ぐため、ワンコイン(5ペソ)で買える『サチェット(sachet)』と称する1回使いきりの小袋入りワックスの、サリサリストア(トラディショナルトレード)での展開を推進しています。

 

編集部:市場拡大につなげる特徴的な販促・啓もう活動を紹介して下さい

 

川北さん:チャーターしたバスにボディラッピングなどの広告を施し、町中を巡回するほか、コアな顧客となる若者に直接、商品に触れて使用してもらう狙いで、事前に許可をとった高校や大学にバスを乗り付け、学生を招いて、 bizNo3ThirdPic.PNG 車内でヘアデザイナーによる実際の使用法などの手ほどきを受けられる機会を提供しています。250校を訪問し、合わせて約2,000万個のワックスの小袋を配布しました。また、ターゲット層がクリアなテレビ番組のスポンサーへの協賛により若者へのスタイリング・ワックス使用方法の啓蒙を行いました。市内RLT2通常大学ベルトのトレイン・ラッピングも現在2車両行っています。

 

 

 

 

 

 編集部:マンダムはフィリピンに現地法人を立ち上げてから来年で20周年を迎えますが、現地に拠点を設けて事業を行うのと、拠点を構えず販売代理店を指名して事業を行うのとでは、とりわけ消費財の販売において、どのような違いがあると思いますか。

 

川北さん:代理店をアポイントしているだけの場合、昔ながらの付き合いによるところが多く、保守的になって変わろうとしない。最終ユーザーが見えないなどのマイナス点が考えられます。コンシューマーグッズの流通では『一緒にやっていこうよ』と現地代理店営業などの横に立ってやらなければなりません。そうすることで得られるデータが要になり、生活者(消費者)に役立つ細かいマーケティングができます。

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。
モールオブアジアに待望のユニクロ1号店がオープンしました。今回は、ユニクロのグローバル・ワンを浸透させるため奔走された久保田勝美最高執行責任者(COO)にお話を聞きました

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
フィリピンで活躍中のアノ人に直撃! フィリピンにおけるビジネスの「いろは」を語ってもらうコーナー

その他

フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
バックスイングでは右肩を回せってよくいうけど、右肩が動かなかったら邪魔して回りません。それなら右肩を後ろに引っ張ってしまった方がいい。その方が結果的に左肩は深く回ります。しかも右肩甲骨が動いて、裏キン肉のパワーが使えるし、インパクトで元の場所に戻しやすいしと、いいことずくめ。
フィリピンといえば?そう!ジープニーです! フィリピン人の足、そしてキングオブロードの異名のあるジープニー! フィリピン人はこのジープニーを巧みに乗り継ぎ、どこに行くにもジープニーを使います!
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガログ語の芸でフィリピン人を笑わせます!?プライマーでは毎週金曜、ハポンスリーのお笑いムービー(日本語字幕付き)をお届けします♪
観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。
今回の食材 ●DILIS (ローカル煮干し)
乾物でお手軽おつまみ DILISの佃煮風
今回は「日本人が経営しているラーメン屋に行きました」です!ある噂を耳にしたので、それを確かめに行きました! その噂とは一杯25ペソのラーメン屋がある! しかも日本人が経営しているというもの。 場所はLRTのモニュメント駅から徒歩3分のイレブンストリートを入った所。
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。
日本を代表する総合商社、三菱商事が戦後マニラに拠点を置いてはや60年。世界を舞台に活躍し、現在マニラ支店で陣頭指揮をとる天野善夫支店長にお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel