ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第五十一回ビジネス烈伝 / TPSC PHILIPPINES CORPORATION 永山 大祐さん

第五十一回ビジネス烈伝 / TPSC PHILIPPINES CORPORATION 永山 大祐さん
広告
広告

フィリピンに根差した事業運営でお客様に信頼される会社を目指す

TPSC PHILIPPINES CORPORATION Managing Director
永山 大祐さん

1970年札幌生まれ、北海道工業大学卒。卒業後東芝プラントシステム(旧東芝プラント建設)に入社。2000年〜06年、台湾新幹線プロジェクトに参加。その後出張ベースでタイやフィリピンと日本を往復するも、2015年に子会社であるTPSC PHILIPPINES CORPORATIONの設立とともに初代社長として就任。

台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。

 

 

編集部

 

東芝プラントシステムに入社されたきっかけとこれまでの仕事の状況を教えてください。

 

永山さん

 

大きな発電所の建設を手掛けている会社なので、大学で発電効率とか負荷制御といった発電関係の勉強をしていたこともあり、それを生かせるのではないかと思って入社しました。採用面接のときは発電プラントに興味があると言ったのですが、最初の配属は製鉄所の電気設備工事を行う部署でした。1年半後ビル関係の電気工事を行う部署に異動しそこで3年。その後2000年からは台湾新幹線の大きなプロジェクトに参加し、2006年まで現地に滞在しました。台湾に行くまでは海外など全く考えていなかったのですが。

 

 

編集部

 

台湾は、環境として日本と似ているし、最初の海外赴任先としてはベストだと言われていますよね。

 

永山さん

 

新幹線は北から南まで走っていて、線路に沿って点在する変電所建設工事のうち台南と台中の間が私の担当でした。滞在していたのも台北のような都会ではなく地方の田舎町のため生活面の不自由もいろいろと。結果的には楽しかったですが、最初はやはり大変でした。仕事が変わった上に初めての海外での仕事。言葉の問題もあるのでなかなか自分の思い通りに管理できないですよね。工事を進めるにも、日本の工事業者だとある一定以上の品質管理の常識があるので、余り細かい事を言わなくても問題なく仕事が進むのですが、ここではそうはいかない。自分の思いとギャップがあるんです。その折り合いをどう付けるかというところに葛藤がありましたね。

 

 

編集部

 

そのギャップはどうやって埋めたのですか?

 

永山さん

 

「このようにやってくれ」と自分でやって見せて、一つひとつコツコツと教えながらやりました。とにかく辛抱強くやるしかありませんでした。

 

 

編集部

 

数年間そうやって働いて、現地のスタッフとも親睦が深まったりしましたか?

 

永山さん

 

田舎町だったので食事に行くところもレジャーもあまりなく、その人たちのためにボーリング大会などのイベントを開催していました。仕事以外の時間を一緒に過ごすのは、互いに打ち解けて気心も知れ良かったと思います。

 

 

編集部

 

台湾新幹線のプロジェクトが終わった後はどうされたのですか?

 

永山さん

 

台湾の後は海外出張続きで、タイやフィリピンと日本の往復ですね。フィリピンは2006年末くらいからです。

 

 

編集部

 

当時はフィリピンでどんなことをされていたのですか?

 

永山さん

 

製造工場の照明などの電気設備や空調などの機械設備、自家発電用のエンジン発電設備などの据え付け工事やメンテナンスです。つまり製造工場の設備なら何でも引き受けるスタンスで守備範囲が非常に広いのですが、それまでにいろいろな仕事をやって来た経験が役立ちました。学生時代に勉強した発電関連の勉強もやっとここで少し役立ったかと。

 

 

編集部

 

そうすると、もう10年フィリピンにいらっしゃるのですね。

 

永山さん

 

その間に町並みも随分変わりましたし、特に物価が上がりましたね。

 

 

編集部

 

確かグリーンベルトも3までしかなかったですし、フォートボニファシオもなかった、ラーメン屋も一番館と新宿ラーメンくらいしかなかったですし‥キリがないですね(笑)。

 

永山さん

 

出張ベースで来ていた頃マカティに住んではいたのですが、ずっと朝ラグナの工場に出勤し夜帰ってきて寝るだけの生活だったので、ほとんど街に出ていなかったですね。そのため滞在期間が長い割にはフィリピンのことを何も知らなかったです。

 

 

編集部

 

当時のフィリピンの電力事情はひどかったと思うのですが。

 

永山さん

 

停電があっても工場が運営できるように自家発電源を導入されるお客様が多かったです。

 

 

編集部

 

精密機器などは電気がいきなり遮断されると影響が出ると聞きましたが、そういったことを防止するためということでしょうか?

 

永山さん

 

まさにそうですね。

 

 

編集部

 

ところでフィリピンには、2015年6月に会社を設立されたのですね。あえて現地に会社を設立されたのはなぜでしょう?

 

永山さん

 

当初は出張ベースで対応していたのですが、やはり現地に根差してやらなければならないと。出張ベースだと客先のご要望に細かいところまで対応できないのが課題でした。ちょっと設備の調子悪いからすぐ来て見てくれとか、壊れたのですぐ直して欲しいとか。つまり誰かしらこちらに居てきめ細かいメンテナンス対応ができる、そういうニーズが強かったですね。その様な客先のご要望にきちんと応える体制を整えるのが現地法人を立ち上げた目的の一つでした。ですから現在は、停電で生産が止まってしまい復旧に手間取っていると客先からヘルプの要請があれば、夜中でも現場へ駆けつけます。

 

 

編集部

 

ところでフィリピンで太陽光発電の可能性というのはどうでしょう?

 

永山さん

 

国の施策にもよりますが、世界の動向からすると大きく導入が進む可能性があると考えています。具体的にはまだこれからといったところですが、我々は、日本で鍛えられてコストダウンの技術を磨いてきましたから、それを活かせるチャンスが出て来ると思っています。

 

 

編集部

 

太陽光発電設備というのは発電事業会社に販売するのか、それとも工場やプライベート向けに販売するのか、何れが主体になるのでしょう?

 

永山さん

 

両方ですね。発電した電気を電力会社に売る場合には決められた枠がありますので、その枠を持っている発電事業者が我々のお客様です。日系の工場ですと、環境に優しい会社をPRするCSR目的で自家消費用の導入を検討されているお客様があります。また、ローカル企業だと特にスーパーマーケットなど大型商業施設の需要があります。スーパーマーケットには、照明やエアコンもあれば冷蔵庫もあり、正に電気を使う塊であるとともに太陽光モジュールを載せられる巨大な屋根があるので、節電目的での導入にピッタリです。

 

 

編集部

 

太陽光発電でフィリピンに競合はあるのですか?

 

永山さん

 

多いとは思いますが、発電設備の規模もまちまちなので、土木工事を伴うような大型メガソーラから中小型の屋根置きまで幅広く対応できるのは当社の強みだと思います。少し変わったところでは、昨年当社のCSR活動の一環として、サンパブロ市内の無電化地域にある小学校へライオンズクラブ経由で太陽光発電設備を寄付しました。発電した電気で照明を点灯し、余った電気はバッテリーに貯めておいて曇りの日にも照明が使えます。

 

編集部

 

フィリピン以外の国でも事業を展開されていますが他国との違いは感じられますか?

 

永山さん

 

特に言葉の面でフィリピン人は皆英語が話せるので楽ですね。他の国もエンジニアクラスだと英語が分かるのですが、普通のワーカーだとなかなか難しいです。

 

編集部

 

逆に大変なところはありますか?

 

永山さん

 

役所の諸々の手続きに何か月も掛るなど、予定が立てられなくて困ることがありますね。また、法律が曖昧なところが多くて何が正しいのか‥

 

編集部

 

会社設立の時でしたか?

 

永山さん

 

会社設立に関わるところもそうでしたし、建設業の免許(PCAB)を取得するのにも随分時間が掛りました。

 

編集部

 

フィリピン国内で今後どのようなビジネス展開をしていく予定ですか?

 

永山さん

 

これまでは製造工場の設備改修やメンテナンスを主体にやって来ましたが、これからは、建屋から製造設備まで含む工場丸ごと建設する大規模プロジェクトも手掛けたいと思います。更に、既に少しずつ進めているのですが、フィリピン人は英語が得意で海外に行っても通用するので、本社が主導する海外プロジェクトへ当社のエンジニアを派遣したり、そのプロジェクトの設計を請け負ったりする事で業務を拡大したいと考えています。

 

編集部

 

フィリピン人と日本人の相性はいかがですか?

 

永山さん

 

それは結構良くて信頼関係を築きやすいと思いますね。真面目ですし、会社への帰属意識も感じられます。今採用しているスタッフの中には10年前から付き合いが続いているメンバーが何人か居て、好い関係が保てているということだと思います。

 

編集部

 

永山さん的コミュニケーションテクニックはありますか?よく飲ミニケーションするだとか(笑)。

 

永山さん

 

そういうのも勿論あります。とにかく皆イベントが大好きですから、クリスマスパーティーは当然ですが、社員の誕生日を皆でお祝いしたり社員旅行を企画したりしています。また、ユニフォームを作るのも社員の連帯感にプラスになりますね。

 

編集部

 

フィリピン人の優秀なところ、逆に大変なところはありますか?例えば算数が弱いとか。

 

永山さん

 

確かに算数が苦手なところはありますね。逆に優秀なところはコミュニケーション能力の高さ。明るい性格が一番のフィリピン人の強みじゃないでしょうか。

 

編集部

 

永山さんは、プライベートでは何をされていますか?

 

永山さん

 

ゴルフですね。よくカンルバンやミッドランド辺りでプレーしています。最近日本人会にも入会したので、これからご一緒できる方が増えることを楽しみにしています。

 

編集部

 

永山さん自身の今後の展望や夢は?

 

永山さん

 

会社を任されたからには、時間はかかると思いますが早く軌道に乗せたいですね。ベースがないところからのスタートなので、やはり初代は大変ですが。

 

編集部

 

永山さん自身の今後の展望や夢は?

 

永山さん

 

ローカル社員だけで余り大きな仕事はこなせませんが、先ずはローカル側だけで安定した事業運営ができるようにすることが当面の目標です。これに本社と連携して進める大きなプロジェクトがプラスされれば全体の事業が伸びて行くと思います。設立して2年のまだ小さな会社ですが、ここにいるスタッフは、自分たちの会社と一緒に成長し会社を大きくしていくという意欲を持ってくれています。そんなスタッフに支えられ、私もモチベーションを更に上げて頑張って行きたいですね。

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
PGA Sompoは日系企業のパートナーとしてフィリピンに進出し四半世紀。小さな市場に60社もの損害保険会社がひしめく群雄割拠の中、近年はローカルを含めた非日系企業にも日本クオリティのサービスを提供して存在感を増しています。市場の潜在性は非常に高く、これからが楽しみな一方、「宵越しの金は持たない」国民性の比人に向け保険の周知活動にも取り組んでいます。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
フィリピンの文化に根付いた実用的で、高品質の家電を提供し続けたパナソニック。その大きな船の舵取りを担う林さんは節目の今年、パナソニックビューティーの販売にも力を入れ生活家電から次のステップへ。フィリピンの経済成長の波にのり、新たなパナソニックの歴史を刻んでいきます。

その他

今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
ご存知の方もいるかもしれませんが僕達はショータイムという番組のファニーワンというコメディバトルに出場していました。 しかし残念ながらベスト8で敗退してしまいました。
今回はトンド地区の日本人オーナーの日本食屋さん「スズキカレンデリア」に行って来ました。トンド地区にも日本食のお店はいくつかあるんですがオーナーも日本人なのは恐らくココだけです。トンド地区といえば以前も紹介させてもらいましたが「東洋一のスラム街」とも言われる危険な場所です。その場所で63歳のおじさんが日本食屋さんをやっていると聞き行って来ました。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
中国の会社が日本の新幹線をそっくり真似て良いの?今回から「トレードシークレット」について、複数回に分けてお話したいと思います。みなさん、トレードシークレットって聞いたことありますか? なかなか聞かないワードですよね。しかし、東南アジアの知的財産権問題で日本企業が遭遇する被害の多くはトレードシークレット違反なのです。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel