ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > コラム > ジュースバック作りプロジェクト

ジュースバック作りプロジェクト
広告
広告

  do%20action8.jpg
第2回:ジュースバック作りプロジェクト

前回のコラムから大分時間が空いてしまいました!
皆さんお待たせいたしました「アクションマンは今日も行く」第2弾です!

最近、プライマーで話題になっているリサイクルのジュースバック。NPO法人ACTIONでは今年からストリートチルドレンのお母さんたちと協力をしてジュースバック作りプロジェクトを実施しています。今回はその現場をのぞいてみました。

では、リサイクルバッグが一体どのようにして作られているのか見てみましょう!

まずは、近所の学校のセキュリティ兼清掃係の人と話をし、こども達が捨てたジュースの空きパックを集めてもらうよう約束。手ごろな価格で購入できるアルミパックのジュースは、暑い国フィリピンではこども達に大人気。学校や公園など、人が集まるところには、よく捨てられた空きパックを見かけます。

ここの学校(小中総合学校)では、指定のゴミ箱にパックを捨ててもらい、係の人が中をキレイに洗い干して乾かしてくれます。お母さん達にとっては、パックを収集し洗う作業が省け、清掃係のおじちゃんにとってはちょっとしたこづかい稼ぎになり、一石二鳥のようです。

pack1.jpg
                                           <いつも笑顔が絶えないお母さん達>



とにかく明るいお母さんが多いこの地域。空きパックを購入するだけでも、とにかく笑い声が止まることはありません。

購入したパックは、種類別に分け、また傷がないかをチェックします。キレイな物はバッグの表に使用します。傷みがある物も、もちろん無駄にはしません!バッグのハンドルに利用されます。本物のリサイクル品はストローの穴がところどころに開いています。だから、少し汚れていたり穴が開いているのはご愛嬌。

pack2.jpg
     <清掃済みのジュースの空きパック>               <分類されたアルミパック>



自分たちでミシンを持っていないので、近所の裁縫屋さんから借りています。壊したら大変!糸がからんだり何かトラブルがある度に、一旦作業を中止し、ミシンの持ち主の帰りを待ち、問題解決したら再び作業を開始するという状態が続いています。

pack4.jpg
                         <ミシンでパックを縫い合わせます>



今回訪問した家庭は3人のこどものお母さんのルルさん。大学生と中学生の息子はACTIONから現地NGOを通して奨学金を受けて学校に通っています。家では、お菓子や缶詰、ちょっとした日用品を販売するサリサリストア(雑貨屋さん)を開いています。

「今回日本からバッグのオーダーが入り、初めてバッグ作りに挑戦しました。ここの地域は貧困地域で、生活はとても厳しいです。そのため、今までも支援を受ける一人としてこども達のために活動してきました。今回自分にできる何かが見つかったことがすごく嬉しいです!色々思考錯誤もありましたが、作業はとても楽しかったです!また、自分が作ったバッグが日本へ行き、たくさんの人の手に渡ると思うと、とてもわくわくします!」

とバッグを作ってくれたルルさん。

今後オーダーが増えれば、彼女が指導者として地域内のお母さん達に作り方を教えていきます。

「フィリピンの環境とこどもを助けてくれるこのバッグ。ひとつひとつ思いをこめて、丁寧に作りました。日本のたくさんの方に、このバッグと、私達の活動、フィリピンの現状を紹介できたらいいなと思います。」

との言葉を最後に頂きました!
 

pack3.jpg
                          <バック製作者のルルさん一家>



現在このバックはNPO法人ACTIONが東京で運営するフィリピン雑貨チャリティショップに置いてあります。バッグの売り上げは、貧困地域で暮らすこども達や路上で働くこども達の奨学金支援に活用されています。

お土産として人気が出てきたジュースバックは貧困地域の所得向上プログラムとしてNGOが実施していることが多いです。きっとルルさんのような方が作っているはず。お土産として持って帰る時に、今回の話を添えて頂けると作った人もきっと喜ぶでしょう。

(レポート:木村保絵・横田 宗)

次回はフィリピンの「健康月間」についてお届けします。

banner-action.jpg

NPO法人ACTION代表 横田 宗
コラム「フィリピンで輝く日本人」で横田代表にインタビューさせていただきました。
世界のこどもたちと地域の可能性を広げる国際協力

広告
広告
広告

その他フィリピン情報

フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。 フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya"が身銭を切って挑戦する不動産コラムです。
民放勤務を経て、フリーライターへ。トラベル誌やWEBを中心に寄稿。タイ・フィリピンなど、東南アジア在住歴4年。4歳と0歳の2人育児中。子連れでおでかけが趣味。みえさんのコラムです。
フィリピンおもしろ不動産投資 フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。 フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya&...続きを読む
マニラのルネタ公園内にある日本庭園を皆様はご存知でしょうか? この公園は、1969年6月11日に財団法人フィリピン協会によって寄贈されました。
コーナー第一回目にふさわしい、App StoreとGoogle Playで2013ベストアプリに選出された、最強アプリがSmart News。 起動すると、特別な設定なしですぐにニュースを読み始めるができます。

100倍快適! 最新スマホアプリ 一つ前のコラムを見る

最小単位から売っちゃう。そこが良いとこ?!マニラのタバコ売り事情。

その他

今回は「釣った魚を食べてみよう!」です。いつもは、釣った魚はリリースするか現地の人に上げたりしていますが、今回は食べてみる事にしました!釣りをした場所は以前何回か紹介した、スターシティーの近くのマニラ湾です。
構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
今回は「フィリピンでバス釣り、パンタバンガンダム!」です。 僕はバス釣りを小学生の頃からずっとしているので、フィリピンでも出来ると聞いた時には絶対にやるしかない!と思い、 前回、あけだ釣りの動画で、釣具屋を紹介しましたが、そこで買って来たバス用のルアーとワームをもって、遥々パンタバンガンダムに行って来ました!
フィリピン下着メーカーシェア率第3位、三年連続過去最高売上、最高利益を叩き出している。世界のワコールで「美」を提供し続ける、同社の岩崎会長にお話をお聞きしました
ご存知の方もいるかもしれませんが僕達はショータイムという番組のファニーワンというコメディバトルに出場していました。 しかし残念ながらベスト8で敗退してしまいました。
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
Southlinksはアラバンエリアに立地するパブリックのゴルフコースです。最近ではSLEXから分岐する高速道路MCXが開通したため週末に混雑するアラバン内を通らずにアクセスすることも可能で大変便利です。また、パブリックのためメンバー同伴無しでプレーすることも可能です。他ゴルフ場でも言えることですがフィリピン在住者と旅行者でプレイフィーが異なりIDの提示が求められるため注意が必要です。
都心部であるTaguigに立地するPublicコース。Navy, Villiamorなどと軍隊が運営するコースと雰囲気は似ています。9ホールでパー33の設定。距離の短いコースです。練習場も併設されており、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel