ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  ジュースバック作りプロジェクト

ジュースバック作りプロジェクト
広告
広告

  do%20action8.jpg
第2回:ジュースバック作りプロジェクト

前回のコラムから大分時間が空いてしまいました!
皆さんお待たせいたしました「アクションマンは今日も行く」第2弾です!

最近、プライマーで話題になっているリサイクルのジュースバック。NPO法人ACTIONでは今年からストリートチルドレンのお母さんたちと協力をしてジュースバック作りプロジェクトを実施しています。今回はその現場をのぞいてみました。

では、リサイクルバッグが一体どのようにして作られているのか見てみましょう!

まずは、近所の学校のセキュリティ兼清掃係の人と話をし、こども達が捨てたジュースの空きパックを集めてもらうよう約束。手ごろな価格で購入できるアルミパックのジュースは、暑い国フィリピンではこども達に大人気。学校や公園など、人が集まるところには、よく捨てられた空きパックを見かけます。

ここの学校(小中総合学校)では、指定のゴミ箱にパックを捨ててもらい、係の人が中をキレイに洗い干して乾かしてくれます。お母さん達にとっては、パックを収集し洗う作業が省け、清掃係のおじちゃんにとってはちょっとしたこづかい稼ぎになり、一石二鳥のようです。

pack1.jpg
                                           <いつも笑顔が絶えないお母さん達>



とにかく明るいお母さんが多いこの地域。空きパックを購入するだけでも、とにかく笑い声が止まることはありません。

購入したパックは、種類別に分け、また傷がないかをチェックします。キレイな物はバッグの表に使用します。傷みがある物も、もちろん無駄にはしません!バッグのハンドルに利用されます。本物のリサイクル品はストローの穴がところどころに開いています。だから、少し汚れていたり穴が開いているのはご愛嬌。

pack2.jpg
     <清掃済みのジュースの空きパック>               <分類されたアルミパック>



自分たちでミシンを持っていないので、近所の裁縫屋さんから借りています。壊したら大変!糸がからんだり何かトラブルがある度に、一旦作業を中止し、ミシンの持ち主の帰りを待ち、問題解決したら再び作業を開始するという状態が続いています。

pack4.jpg
                         <ミシンでパックを縫い合わせます>



今回訪問した家庭は3人のこどものお母さんのルルさん。大学生と中学生の息子はACTIONから現地NGOを通して奨学金を受けて学校に通っています。家では、お菓子や缶詰、ちょっとした日用品を販売するサリサリストア(雑貨屋さん)を開いています。

「今回日本からバッグのオーダーが入り、初めてバッグ作りに挑戦しました。ここの地域は貧困地域で、生活はとても厳しいです。そのため、今までも支援を受ける一人としてこども達のために活動してきました。今回自分にできる何かが見つかったことがすごく嬉しいです!色々思考錯誤もありましたが、作業はとても楽しかったです!また、自分が作ったバッグが日本へ行き、たくさんの人の手に渡ると思うと、とてもわくわくします!」

とバッグを作ってくれたルルさん。

今後オーダーが増えれば、彼女が指導者として地域内のお母さん達に作り方を教えていきます。

「フィリピンの環境とこどもを助けてくれるこのバッグ。ひとつひとつ思いをこめて、丁寧に作りました。日本のたくさんの方に、このバッグと、私達の活動、フィリピンの現状を紹介できたらいいなと思います。」

との言葉を最後に頂きました!
 

pack3.jpg
                          <バック製作者のルルさん一家>



現在このバックはNPO法人ACTIONが東京で運営するフィリピン雑貨チャリティショップに置いてあります。バッグの売り上げは、貧困地域で暮らすこども達や路上で働くこども達の奨学金支援に活用されています。

お土産として人気が出てきたジュースバックは貧困地域の所得向上プログラムとしてNGOが実施していることが多いです。きっとルルさんのような方が作っているはず。お土産として持って帰る時に、今回の話を添えて頂けると作った人もきっと喜ぶでしょう。

(レポート:木村保絵・横田 宗)

次回はフィリピンの「健康月間」についてお届けします。

banner-action.jpg

NPO法人ACTION代表 横田 宗
コラム「フィリピンで輝く日本人」で横田代表にインタビューさせていただきました。
世界のこどもたちと地域の可能性を広げる国際協力

広告
広告
広告

その他フィリピン情報

フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。 フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya"が身銭を切って挑戦する不動産コラムです。
民放勤務を経て、フリーライターへ。トラベル誌やWEBを中心に寄稿。タイ・フィリピンなど、東南アジア在住歴4年。4歳と0歳の2人育児中。子連れでおでかけが趣味。みえさんのコラムです。
フィリピンおもしろ不動産投資 フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。 フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya&...続きを読む
マニラのルネタ公園内にある日本庭園を皆様はご存知でしょうか? この公園は、1969年6月11日に財団法人フィリピン協会によって寄贈されました。

その他フィリピン情報 一つ前のコラムを見る

その他フィリピン情報
最小単位から売っちゃう。そこが良いとこ?!マニラのタバコ売り事情。

その他

たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
マニラ空港第3ターミナルの向かいにあるリゾートワールドマニラに隣接するのがビリヤモールゴルフクラブ。パブリックコースのためメンバー同伴無しでのラウンドが可能。マカティに近い都市部に立地しながら狭いわけではなく、距離は青ティーで6500ヤード、パー72のしっかりとしたコースです。
1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。
マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
フィリピンではその地区ごとで週に2,3回ほどバレーボールをしているみたいです。 メンバーは主婦の方たち。 いわゆる「ママさんバレー」です! チーム数も多くいつも白熱しています!
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel