...続きを読む" /> » 「プリセリング」とは? コラム | フィリピンプライマー
ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  「プリセリング」とは?

「プリセリング」とは?
広告
広告

フィリピンおもしろ不動産投資

フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。
フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya"が身銭を切って挑戦する不動産コラムです。

 

フィリピンで「〇〇コンドミニアム発売開始!」と聞いたら、まず確認しないといけないのは「いつ出来るの?」ということ。

場所と設計が固まったばかりの段階で売り出されますので、現場はまだ更地が普通。すぐに入居できるような物件はめったになく、完成まで3~4年はかかるのが当たり前です。

 

 地下駐車上。基礎作りに時間がかかる

 

その分、完成までは頭金を無金利で分割払いすればよいので買いやすい。例えばマカティ市のど真ん中の好立地、2LDKで60平米の物件でも、総額は6百万ペソ程度。頭金20%で4年払いなら月々は2万5千ペソ、約5万円で購入できるわけです。当面の負担が軽いので、人気物件になると、
売り出しから3ヶ月未満で売り切れ御礼!毎年5%程度のインフレのあるフィリピンでは、その次に売りだされる類似物件は値上がりして始まるので、新築でも売却益が狙えますし、賃貸も年利で10%を超える水準が期待できます。

 

ただ、もちろんそんなおいしい話ばかりではありません。「途中までお金を払ったけど完成しない!」ということもありうる訳です。

日本でもそんな事故が無い訳ではありませんが、せめてお金が戻ってきますよね。フィリピンだと、「これはやばいかな」と思って中途解約しても、支払った分はなかなか戻ってきません。そもそも途中で開発業者が破綻することもある。だから手を付ける前の段階で、その物件のチェックだけでなく、発業者の履歴や現在の財政状態まで確認しておく必要があるわけです。

 

マカティの最高級コンドミニアム

また、無事、完工引渡し!ということになっても、不動産の価値はその後の管理で相当変わります。大手業者で、物件自体はよくても、管理がさえないことで有名な業者もあります。多数の物件を扱っている中古市場の仲介業者からの、客観的な評価を押さえておきたいところです。

 

さらに、完成まで数年あると、周辺環境も相当変わります。近隣で道路やショッピングセンター等のインフラ整備が進んでいることも多いので、完工時に周辺がどうなるのか、情報収集が欠かせません。筆者は、「どうかなー」と思って中途解約したけれど、その後の周辺の発展を見て、激しく後悔した経験ありです・・・。
フィリピンの開発業者の営業マンは、オプションがごてごて付いたモデルルームの案内と、支払い方法のことしか分からないことが多いので、ご注意、ご注意。入りやすくて旨みも多いプリセリングですが、その分、良い面・悪い面、契約前に想像をきちんと働かせることが大切です。

 

 

 建築が進む旧フィリピン空港本社ビル。高級コンドミニアムに転換

 

プライマー編集部 oya

10年超のフィリピン生活で、法人顧客を中心にフィリピンの不動産取引には多数関与。が、やっぱり勉強は身銭を切ってやってみないと、と、自分でコンドミ ニアムや分譲地のプリセリングを中心に4件申し込み、2件キャンセル。購入に至った2件のうち、1件は12%超の利回りで含み益が出ていますが、残り1件 は不良建築で失敗です。

 

広告
広告
広告

その他フィリピン情報

マニラのルネタ公園内にある日本庭園を皆様はご存知でしょうか? この公園は、1969年6月11日に財団法人フィリピン協会によって寄贈されました。

その他フィリピン情報 一つ前のコラムを見る

その他フィリピン情報
民放勤務を経て、フリーライターへ。トラベル誌やWEBを中心に寄稿。タイ・フィリピンなど、東南アジア在住歴4年。4歳と0歳の2人育児中。子連れでおでかけが趣味。みえさんのコラムです。

その他

人気の缶詰シリーズ。今回は缶詰の定番ツナ缶のご紹介です。日本と同じく、ツナ缶はここフィリピンでも、コンビニなどで手軽に入り食卓で親しまれている食材の一つです。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「久々!アンリバロットチャレンジ!」です!フィリピンのゲテモノといえばやっぱりバロット!
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー