ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンの不動産投資

フィリピンの不動産投資
広告
広告

フィリピンの不動産投資

フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。
フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya"が身銭を切って挑戦する不動産コラムです。




日本の書店では、相変わらずサラリーマン大家さんの著書が売れています。が、7月1日に発表された路線価を見ると、値を戻していた東京都では2桁の下落、地方圏にいたっては18年間連続で下落。高利回りを謳っていた地方のアパート経営などは、空室に悩まされています。

 

日本のバブルやアメリカ金融危機を予想したハリー・S・デント・ジュニアの統計によると、個人消費が最も大きいのが一軒家を買い、車を持ち、子供の学費を払う43歳の時。そして46歳の人口が多い時に、国の経済はピークを迎えるとのこと。日本の第二のベイビーブーマーが46歳になるのは2017年から2020年。ハリーデントの理論によると、この時期に日本では消費がピークを迎えるはず。逆に言えば、10年も経たないうちに、日本経済は長期下落に入っていくわけです。

 

翻って、フィリピン。国家統計局の推計によると、これから5年後の2015年には人口1億人突破。2025年には日本の人口を抜いて、1億2千万人。2040年までの推計でも0-4歳が一番多く、国の経済がピークを迎えるのはまだまだ先になりそうです。

 

1a.jpg

中流向けコンドミニアム。800世帯が住まう。
完売御礼で、隣に2軒目を企画中。



不動産経営においては10年なんて、あっという間。日本の不動産もまだまだ捨てたものではありませんが、リスク分散としてフィリピンの不動産を考えておくのも、悪くないと思いませんか。

 

成功の秘訣は、ロケーションはモチロンのこと、開発業者の質と、その後の管理体制がポイント。大手ディベロッパーでも、管理体制が悪いため、中古市場で買い叩かれているところもあります。幸い、今は中級のコンドミニアムや分譲地が選り取りみどり。住宅ローン金利も下がっているので、検討の余地有りです。

 

7月末のReal Estate Fiestaでは200以上のディベロッパーが勢揃いしますので、短時間で目を肥やすにはもってこいです。プライマー編集部も出展し、日本語でのご案内も致しますので、お気軽にお越し下さい。

 

3a.jpg

マカティコンドミニアム住民の憩いの場、グリーンベルト。
モールが近いと不動産価格もアップ。



プライマー編集部 oya

10年超のフィリピン生活で、法人顧客を中心にフィリピンの不動産取引には多数関与。が、やっぱり勉強は身銭を切ってやってみないと、と、自分でコンドミニアムや分譲地のプリセリングを中心に4件申し込み、2件キャンセル。購入に至った2件のうち、1件は12%超の利回りで含み益が出ていますが、残り1件は不良建築で失敗です。

広告
広告
広告

その他フィリピン情報

民放勤務を経て、フリーライターへ。トラベル誌やWEBを中心に寄稿。タイ・フィリピンなど、東南アジア在住歴4年。4歳と0歳の2人育児中。子連れでおでかけが趣味。みえさんのコラムです。
フィリピンおもしろ不動産投資 フィリピンで不動産を買うって!?いったいどんな物件があるんでしょうか。 フィリピン生活10年超の編集部スタッフ"oya&...続きを読む
マニラのルネタ公園内にある日本庭園を皆様はご存知でしょうか? この公園は、1969年6月11日に財団法人フィリピン協会によって寄贈されました。

その他フィリピン情報 一つ前のコラムを見る

その他フィリピン情報
NPO法人ACTIONによる連載コラムの第2回目!ストリートチルドレンのお母さんたちの所得向上プログラムのお話です。

その他

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
ダウンで腹筋を使うためのコツがあると今野は言う。「体重移動がポイントです。トップで右足に乗った体重をインパクトに向かって左足に移行しますが、厳密には体重はインパクト後にもう一度右足に戻ります。この動きをすることで、腹筋が使えて伸び上がらなくなります」
最近の日本の子供たちは家でゲームばかりで外遊びをあまりしないと聞きます。 フィリピンはまだ外遊びが主流かと思いきや、フィリピンも一緒でした! 日本よりは外で遊んでいる子供も多いですがそれでも減ってきているみたいです。 最近の子供の遊びは日本もフィリピンもゲーム!
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
 フィリピンでもベストセラーとなっているKOOLFEVER(熱さまシート)を販売している小林製薬。謙虚、感謝の気持ちを持って様々な意見を受け入れながら、フィリピンでの「あったらいいな」を見つけ出し、フィリピン人の生活を豊かにしたい。そんな想いを持つ、KOBAYASHI PHARMACEUTICAL (SINGAPORE) PTE. LTD. MANILA BRANCH の鳥原さんにお話しを伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel