ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第1回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Bryan Tiu

第1回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Bryan Tiu
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

I-Foodsグループ 代表取締役
Bryan Tiu ブライアン・ティウさん

18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。 そして、現在に至るまでのサクセスストーリーを語って頂いた。

〈座右の銘〉
私の座右の銘は「貧欲であれ。勤強であれ。実現させろ」です。 人生においての失敗は私にとって大したことではありません。 失敗で新しいことを学び、さらに目標に向かって突き進むのみです。

 

 

編集部

 

これまでのご自身の経緯と飲食業界へご参入されたきっかけを教えてください。

 

Bryan Tiuさん

 

飲食業界に興味を持ったのは、食べることが大好きな家族の下で育った私にとって自然の成行り行き。飲食業界に足を踏み入れたのは私が18再の時でした。 ドミノピザのフランチャイズ経営を始めたのがきっかけです。 始めてすぐに4店舗をオープンするチャンスに恵まれ、飲食業界で成功できるのではないかという自信がつきました。 しかし、その後すぐに飲食業界に不況の波が訪れ私の店舗も閉店せざるを得ない状況となりました。
店はなくなったものの、常に何か新しいことをしたいという精神は捨てていませんでした。 そんな中、以前から夢であった日本料理で企業できないかと思い立ちました。
そして当時、フィリピンにはまだカジュアルな日本食レストランが今ほど多くなかったことから、手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」が誕生しました。 Teriyaki Boysはオープンから5年間で10店舗に拡大、その後、Pancake Houseに売却しました。 Teriyaki Boysの成功のおかげで飲食業界での私の起業家としての自信がさらに増しました。
2006年、これまでいろいろと世界の飲食ちえーんを見てき自分の経験を生かし、フィリピンの人たちに手軽で楽しい食事を提供していきたいという思いからI-Foods Groupを設立しました。2010年頃になりうとフィリピンの外食産業は海外からの企業の参入が目立ってきました。 フィリピンを背負う企業として、外国企業に負けないブランド力が必要だと感じました。 それはフィリピン人の口に合い、且つ国際的な目新しさをアピールできるブランドです。 数ある分野の中から和食レストランとユニークさが売りの鶏肉料理を提供するレストランの二つの開発に力を注ぐことにしました。

 

 

編集部

 

日本料理がコンセプトのTeriyaki Boyのアイデアはどこから?

 

Bryan Tiuさん

 

フィリピン人は日本料理好きですし、私自身も日本に大変興味がありました。 また、フィリピンの人たちに低価格でユニーク且つ本格的な何かを提供したいという思いもあったからです。 フィリピンで和食を食べたいと思った時に、日本から参入しているファストフー店でもなく、高級で敷居の高い日本料理店でもない、フィリピンブランドの気軽な日本食レストランがあればいいなという思いからTeriyaki Boyは生まれました。

 

 

編集部

 

現在何軒のレストランを運営されていますか?

 

Bryan Tiuさん

 

日本ブランドだと、既存のTokyo Milk Cheese Factory、Letao、Ichiba Japanese Market、Konbini Japanese Groceryの4件に加え、Tokyo CafeとWafu Japanese Restaurantがもうすぐオープン予定です。 主力ブランドはミャンマーやセブ島を始め13店舗を展開するPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barです。 Peri Periはさらに店舗拡大を計画中です。

 

 

編集部

 

I-Foodsが運営するレストランと他社レストランとの違いは?

 

Bryan Tiuさん

 

I-Foodsは海外から参入してきた人気フランチャイズチェーンとパートナーシップを結ぶのではなく、多国籍の料理を取り入れながらも地元に基づいた自社ブランドのレストランを運営しています。
Peri Peri Charcoal Chicken & Sauce Barで言えば、ただ鶏肉料理を提供するのではなく、Peri Peri Chickenというブランドを販売しているのです。 他社よりももっと先の何かを提供したい。 そして、市場を十分に調査し、自社ブランドがさらに活発化するような新しいことを始めていきたいと常に思っています。

 

 

編集部

 

I-Foodsの運営にあたり、大変だったことは?

 

Bryan Tiuさん

 

今までに一番大変だったことは創り上げてきたブランドをどのように展開していくか、ということでしょうか。 お客様にはワクワク感を持って来店してほしい、そのために他社とは違った新しいものを絶え間なく提供していかなければいけないと思っています。
我が社の日本食レストラン部門で言えば、日本の協賛企業と親密な関係を築くことでお客様により本格的なメニューを提供できるのでは、と考えてます。

 

 

編集部

 

今後I-Foodsをどのように発展させていくご予定ですか?

 

Bryan Tiuさん

 

一つには、フィリピンに参入する日本企業の窓口的な役割を担っていけたらと思ってます。 ここフィリピンには、日本企業のビジネスチャンスは沢山あります。 まだ計画段階ですがI-Foodsが運営するJAPAN TOWNを建設予定です。 現在は建設に向け、興味を持っていただいている各方面のベンチャー企業と打ち合わせを行っています。 日本は私がとても親しみを持っている国ですので、フィリピンの人たちにも日本をより近く感じてほしいと考えています。
また、日本の文化をより深く理解した上で、日本企業とパートナーシップを結んでいきたいと思っています。 正にその例として、Tokyo Milk Cheese FactoryとLetaoという2つの人気菓子ブランドとフランチャイズ契約を結びマニラに出店しました。
さらに、鶏料理の分野でもまだまだ可能性があります。 Peri Peri Charcoal Chickenは我が社の一押し、これからもさらに店舗拡大を狙っています。

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。

その他

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「またまたまたミニ四駆〜まだ日本人レーサーが居ません、、」です!何度も言います!ミニ四駆楽しいですよ!少しでも興味がある方本当に連絡下さい!
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
『労働組合ができたあとはどうすればよい?』前回は会社に労働組合ができそうな場合にはどうすればよいのかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらか...続きを読む
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
フィリピンといえば?そう!ジープニーです! フィリピン人の足、そしてキングオブロードの異名のあるジープニー! フィリピン人はこのジープニーを巧みに乗り継ぎ、どこに行くにもジープニーを使います!
都心部であるTaguigに立地するPublicコース。Navy, Villiamorなどと軍隊が運営するコースと雰囲気は似ています。9ホールでパー33の設定。距離の短いコースです。練習場も併設されており、パッティンググリーンやバンカー練習場もあります。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はセブンイレブンの牛丼を紹介します!僕は普段フィリピン料理を食べて生活しているのですが、やはりたまに無性に日本食が食べたくなります!しかも夜中に。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel