ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十九回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十九回
広告
広告

『フィリピンのストライキ』


今月の事例

Q.フィリピンではどういう手順でストライキが起こるのでしょうか?

 

 

<ストライキまたはロックアウトの手続>


昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。フィリピン法上、労働者側が適法にストライキをすることができる場合としては、①労働協約締結にあたり、デッドロック状態に陥った場合、又は、②雇用主による不当労働行為(Unfair Labor Practice;ULP)があった場合の2つが考えられています。
労働協約締結の話し合いがつかず、デッドロック状態に陥った場合、労働組合はストライキを行うことが可能となります(会社側はロックアウトを行うことができますが、ここではストライキについて説明します)。ストライキを行うためには、全国斡旋調停委員会(National Conciliation and Meditation Board;NCMB)の地方事務所にストライキの通告を行います。通告の日から冷却期間(Cooling Period)と呼ばれる期間に入り、その間にNCMBは労働者側と雇用主がデッドロックまたは不当労働行為に関する紛争が解消されるよう、サポートを行います。両当事者はその間、デッドロックまたは不当労働行為に関する紛争を解消し、合意に至るようにNCMBの斡旋のもとで協議を続けますが、先のストライキ通告の日からデッドロックが問題の場合は30日、不当労働行為が問題の場合は15日が経過したにもかかわらず問題が解決しなかった場合には、ストライキを行うかどうかについて投票を行います。投票の結果、ストライキを行うことに過半数が賛成した場合には、その旨の報告をNCMBに対して行います。そして、報告の日から7日間のストライキ禁止期間中に問題が解決されなかった場合は、ストライキを行うことが可能になります。ちなみに、2016年度にストライキ通告(30日前の通告)は213件なされていますが、実際にストライキがなされた件数は8件となっています(その他、適法な手続を経なかったストライキ等が7件あったと報告されています)。

 

<雇用主の取りうる手段>


適法なストライキが行われた場合、雇用主がこれを妨害することは許されません(例えばストライキを妨害するために警備員を雇うことなど)が、他方、労働者側が違法なストライキを行った場合、雇用主は違法なストライキであるとして労働仲裁官(Labor Arbiter)に対して申立を行い、ストライキ中止の暫定命令などの発令を求めることが可能です。しかし、違法なストライキへ参加したことを理由として労働者を解雇することはできません(もっとも、違法なストライキであると知りつつストライキを行った労働組合の役員やストライキ中に故意に違法行為を行った労働者については解雇することが可能です)。

結論

A . 法律で認められるストライキ事由がある場合、労働者側はストライキを行う通告を行い、その後NCMB主導の話し合いがなされても一定期間に問題が解決しない場合、投票を行い、ストライキを実施することが可決されるとストライキを行うことができます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。

その他

比への異動は全くの想定外だったと話す浅野さん。そんなアウェイへ乗り込み悪戦苦闘を強いられるも、今年度は新たなビジネス提携を控え業績も右肩上がりだ。話の端々に垣間見られる自分への厳しさや謙虚さが結実したものだと想像がつく。日本発の国際ブランドが繰り広げるおもてなしがこの地に根付くため邁進し続けている。
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
今回は「フィリピンのお墓参りに行ってきました」です! 日本のお盆は8月ですが、フィリピンは11月1日だそうです。 家族、親せきがお墓に集まり、 食べ物や飲み物を持ち寄り、おしゃべりをしたり、みんなで楽しく過ごすのがフィリピン流のお盆の過ごし方みたいです!
『フィリピンで交通事故にあったらどうするの?』 今回はフィリピンで車に乗っていて事故にあったときの手続等についてお話しさせていただきます。
フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「またまたまたミニ四駆〜まだ日本人レーサーが居ません、、」です!何度も言います!ミニ四駆楽しいですよ!少しでも興味がある方本当に連絡下さい!
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です。 今、僕達はabs-cbnのshowtimeという番組のコーナーでfunny one というコメディバトルに参加させていただいてます!
フィリピンといえば?そう!ジープニーです! フィリピン人の足、そしてキングオブロードの異名のあるジープニー! フィリピン人はこのジープニーを巧みに乗り継ぎ、どこに行くにもジープニーを使います!
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel