ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十七回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十七回
広告
広告

『フィリピンの産休制度』


今月の事例

Q.産休に関する法律が変わったと聞きましたが、フィリピンの産休制度はどう変わりましたか?

 

 

1.フィリピンの産休制度


本年3月から産休に関する新しい法律(通称:105日拡大産休法(共和国法第11210号))が施行されました。
まず、主な改正点を挙げさせて頂きます。
・従来は帝王切開の場合60日、自然分娩の場合78日間であった産休期間が出産方法に関わらず105日間に延長されました。なお、シングルマザーの場合は、更に15日間が追加され、合計120日間の産休期間が認められています。
・従来は平均日当の日数分の支給であった産休手当が、対象となる従業員の給与の月額平均の満額をベースに支給されることになりました。雇用主は従業員から産休取得の申請があった場合、30日以内に産休手当を支払う必要があります。
・死産または緊急に堕胎が必要となった場合も60日の産休が認められることが明文化されました。
・従業員が申請をした場合、追加で30日間の無給の産休を取ることが可能となりました。
・従来は手当の支給される産休は4回目の出産までに限られていましたが、新法においては回数の制限なく産休を取ることが可能となりました。
・女性従業員は自らの産休のうち最高7日間を子の父親(婚姻関係にあるかどうかを問いません)に取得させることができます。
 
具体的な申請手順ですが、妊娠が判明した従業員は、その段階で妊娠した旨及び出産予定日を雇用主に通知し、雇用主はその旨をSSSに報告します。その後、具体的な産休開始日を決めましたら、産休申請を雇用主に提出し、雇用主は申請から30日以内に産休手当を支給します。なお、法律上、出産後最低60日は産休期間とすることが定められていますので、(有給で)産休に入ることができるのは最も早くて出産予定日の45日前からということになります。また、追加の無給の30日間の産休を取得するためには、当初予定されていた産休期間終了日の45日前までに雇用主に対して書面にて通知されることが必要です。
 
 
2..日本との違い


日本の法律では産休は出産6週前、出産後8週間とされていますが、フィリピンの場合、一定程度従業員の側で産休期間の開始日を選択することが可能です。また、支給額も日本の場合は従来の給与の3分の2であるのに対し、フィリピンにおいては満額が支給されるという点も異なるといえます。もっとも、日本の場合、産休後に育児休暇を取得することが可能ですが、フィリピンでは育児休暇は法律上の権利としては認められていません。

結論

A.大きな改正点としては、出産方法に関わらず、産休期間が105日間に延長されたことが挙げられます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
ラグーナ州内に製造工場を新設する予定なのですが、フィリピンにはどのような環境規制があるのですか?

その他

もう12月ですね。初めて暑い12月を迎えます。フィリピン歴の長い方から 「フィリピンでは12月前後になると街の空き地などに遊園地が突如現れる!」 という話を聞いたので、今回僕たちもその一つのトンド地区のドンボスコスクールの敷地内に11月あたりにできた遊園地(Perya)に行ってきました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。 フィリピン料理をもっと日本人に知ってほしい!! という事で、今回ご紹介するフィリピン料理は、、、paresです! Paresは甘辛いタレに柔らかく煮た牛肉が入っている料理です。
『フィリピンでビジネスを始めるには?』今月の事例前回はフィリピンの弁護士や法律事務所についてご紹介させていただきました(もし見逃してしまい、今から見たいという方...続きを読む
先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。
今回はフィリピンでの車の運転です。 前に初めてフィリピンで車を運転した動画を出したのですが、その時は久しぶりのマニュアル車に戸惑い公道に出ることなく終わってしまったのですが あれから半年、、
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
大学卒業直後から起業、やがて立ち上げたメディア企業で日本のアニメ、「ボルテスV」の放映権を得てフィリピンに紹介し大ヒットさせたラリーさんに、お話をお聞きしました。
今回は日本人とフィリピン人の結婚と離婚についてお話しさせていただきます。特に多いと思われるフィリピン在住の日本人男性とフィリピン人女性の結婚と離婚を念頭においてお話しいたします。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel