ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンの環境法制について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十六回】

フィリピンの環境法制について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十六回】

『フィリピンの環境法制』


今月の事例

Q.ラグーナ州内に製造工場を新設する予定なのですが、フィリピンにはどのような環境規制があるのですか?


1.フィリピンの環境法制


  まず、フィリピンにはどのような環境に関する法律があるのかを見てみたいと思います。フィリピンにおいて環境に関する規制を担当しているのは環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources)であり、大気汚染、化学物質の管理、環境への影響評価、有害物質廃棄管理、固形廃棄物管理及び水質管理を中心とする環境対策を、以下をはじめとする様々な法律や省令、大統領命令に従って、環境対策を行っています。


  (1)Ecological Waste Management Act of 2000(共和国法第9003号)
固形廃棄物の適切な分別、収集、貯蔵、取り扱い及び廃棄方法について定める法律

(2)Philippine Clean Water Act of 2004 (共和国法第9275号)
水源地を地上の物質を原因とする汚染から保護するための規制について定める法律

(3)Philippine Clean Air Act of 1999 (共和国法第8749号)
経済活動への影響をなるべく排除しつつも大気汚染を抑えるための規制について定める法律

(4)Toxic Substances, Hazardous And Nuclear Waste Control
Act of 1990 (共和国法第6969号)
人の健康に害を及ぼす可能性のある化学物質の輸入、製造、加工、販売、使用及び処分等についての規制を定める法律


2.工場操業の際に必要となる主な許可

(1)Permit to Operate Air Pollution Source and ControlEquipment
大気汚染物質を出す装置を使用する場合、必要となる許可です。ボイラーや非常用発電装置、その他燃料放出装置を設置する工場の場合にはこれに必要になります。

(2)Hazardous Waste Generator Registration
事業所が有害物質を出す場合に必要となる許可です。

(3)Wastewater Discharge Permit
工場が廃水を流出する場合に必要となる許可です。

(4)Environmental Compliance Certificate(ECC)
環境に重大な影響を与えるプロジェクト(ECP)に該当する事業を行う場合、または環境的に重要な地域(ECA)において事業を行う場合、ECCの発行を受けることが必要となります。

(5)Certificate of Non-Coverage (CNC)
行おうとする事業が上記のECCが不要である事業であることを証明する証明書であり、事業内容を申請して本証明書を受領します。

これらに加えて、工場がラグーナ州及びリザール州の全市及び地方行政区やメトロマニラの一部を含むラグーナ湖開発公社(Laguna Lake Development Authority;LLDA)の管轄する地域内にある場合は、LLDAクリアランスの取得など、追加で許可を受ける必要があります。最終的に工場を操業するに当たっては、工場の所在する地方行政区から事業許可を受ける必要がありますが、その際には当該工場を操業するに当たり必要となるすべての環境に関する許可を受けていることが条件となりますので、実際に工場を建てることを検討される場合は、どのような許可が必要かにつき事前に確認をすることが必要です。


結論

A.環境天然資源省(DENR)が主管となり、環境規制を行っています。ラグーナ州での工場の設立に当たってはDENRのほか、ラグーナ湖開発公社の許可も必要となります。

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-8892-3011(代表)・02-8892-3020(日本語対応)・0917-851-2987
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - -- - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告

フィリピン法律あらかると

産休に関する法律が変わったと聞きましたが、フィリピンの産休制度はどう変わりましたか?
プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
フィリピンの会社相手に損害賠償を請求する民事裁判を提起することが考えていますが、フィリピンの民事裁判制度はどうなっていますか?
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?
このたび、日本法人の完全子会社であるフィリピン法人が他のフィリピン法人の株式全株を譲り受けることを検討していますが、フィリピンの競争法上の手続がどのような場合に必要となりますか?

フィリピン法律あらかると 一つ前のコラムを見る

フィリピン法律あらかると
フィリピンの個人情報保護法の施行の現状はどうなっていますか?

その他

フィリピンでの幼児教育に奮闘されるご家庭向けに、Primerでは次号から幼児教育コラムを開始します。会社員から保育士に転職、BGCでウィズこども園を開園された小野さんに、これからの幼児教育について取材しました。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
『労働組合ができそうな場合の対処方法』 先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回の...続きを読む
野村総合研究所(NRI)シンガポールマニラ支店では、人事評価・報酬制度等の人事制度改革やデータを用いた戦略的人事の変革支援等、人事領域におけるコンサルティングサービスを提供しています。今回は、実際にNRIマニラ支店のコンサルティングを利用したイビデンフィリピン様からの声をご紹介します。
今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you