ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンの旅行・観光情報 > Shangri-La Boracay Resort and Spa シャングリラ・ボラカイ・リゾート・アンド・スパ

Shangri-La Boracay Resort and Spa シャングリラ・ボラカイ・リゾート・アンド・スパ

【ボラカイ(フィリピン)】広大な敷地には全219室の客室があり、36室は最上級ランクのヴィラとスイートルームを用意している。スタッフがカティクラン空港まで出迎えてくれるので、空港からリゾートまでの移動は完全なプライベート。

①贅沢な時間がゆっくりと流れるツリーハウス・ヴィラ

②リマ・イタリアンレストランでロマンチックで優雅なひとときを

③フィリピンならではのバナナリーフトリートメントマッサージ

 

ボラカイが誇る最高級5つ星リゾート

 

広大な敷地には全219室の客室があり、36室は最上級ランクのヴィラとスイートルームを用意している。スタッフがカティクラン空港まで出迎えてくれるので、空港からリゾートまでの移動は完全なプライベート。さらにプライベートビーチが2か所とインフィニティプール、レジャー施設、グレードの高い料理を提供するレストランが数軒ある。特に島の魅力をたっぷりと感じながら世界各国の料理を堪能できるリマが人気だ。また、スパの評価も高い。

詳細情報

インフォメーション

所在地:Barangay Yapak, Boracay Island
電話番号:036-288-4988 (ボラカイシャングリラ直通), 02-395-3356 (マニラオフィス)
チェックイン:14時~
チェックアウト:~12時
WEB:boracayresort
FaceBook:ShangrilaBoracay
Twitter:shangrilahotels

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【ボラカイ(フィリピン)】ラグジュアリーな休暇を思う存分満喫できる高級リゾート。ボラカイ島の丘陵エリアに位置し、敷地面積は16,000㎡と広大だ。全240室ある部屋はすべて高級スイート仕様。ホテル内は地中海をテーマにした装飾で、まるで南フランスにいるかのよう。
【ボラカイ(フィリピン)】カジュアルで低価格なホテルが多いボラカイステーション3。このエリアで今一際注目を集めているのがこのホテル。ステーション2のボラカイの中心部から少し離れたステーション3に位置するため、喧騒から離れ、静穏にバケーションが過ごせると評判だ。
【ボラカイ(フィリピン)】1982年の創業以来、平穏でリラックスできる雰囲気が評判の老舗リゾートホテル。30年前にオープンしたとは思えないほど、最新の設備が整っている。一歩中に入れば、そこは南国のパラダイス。木のぬくもりが感じられる客室の窓からは、ゆらゆらと風に揺れるハンモックがリゾート気分を盛り上げる。
旅はあなたを元気にする! フィリピン発海外ツアーはH.I.S.へ!
【ボラカイ(フィリピン)】ホワイトビーチ、楽しいマリンアクティビティー、壮大な夕日、多くの魅力が詰まったビーチからすぐ近くのホテル。部屋は全部で273室あり、特にプレミアルームのバルコニーからの眺めは最高。また、ホテル内にはレストランが併設されている。
【ボラカイ(フィリピン)】アイランドバケーションに求めるもの、それは美しい砂浜、魅惑的なレストラン、そしてくつろげるホテル。そんなワンランク上の豪華なバケーションを求める方にお勧めのホテル。近年オープンしたばかりのザ・リンドは、美しい並木の向こうから聞こえる波の音が一層リゾート気分を引き立ててくれる。
【ボラカイ(フィリピン)旅行会社】 いつもと一味違った夏を過ごしたいあなたにお勧めの場所、ボラカイ。夏の休暇を思い切り満喫できるアクティビティが満載です。いろいろな楽しみ方ができるボラカイ。ゆっくりと羽を伸ばして休暇を過ごしたい…そんな方にはホワイトビーチがお勧め。心地よい風を受けながら爽やかなドリンクを片手に過ごす贅沢な午後はいかがでしょうか?
【ボラカイ(フィリピン)】完璧なバケーションを過ごしたいなら、こだわりたいのが宿泊先。静かで思う存分くつろげるこのホテルならあなたのそんな願いを叶えてくれる。場所は静穏なステーション1。ボラカイの中心地から少し離れるため、とても静かだ。
【パンパンガ】ピナトゥボ山が観光スポットとして認識される以前は、20世紀最大の噴火が起こった危険な山として知られていた。噴火が起きたのは1991年の6月、火砕流、火山ガス、大量の土砂が周囲を広く厚く埋め尽くした。
【アンへレス】”冒険・リラクゼーション・食”といった楽しみが3拍子揃った温泉施設。移動手段となる4輪駆動車から見る、その美しい景観にはきっと驚くはず。温泉はステーション3と呼ばれるエリアにあり、レストランや受付があるステーション1からは約30分。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you