ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第9回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Antonio Turalba, Sr.

第9回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Antonio Turalba, Sr.
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

Active Group of Companies 創設者/会長
Antonio Turalba, Sr. アントニオ・トゥラルバさん 

彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。1989年にはフィリピン大学AlumniAssociationAwardinArchitectureを受賞し、1996年には、“Outstanding Professional in Architecture” としてProfessionalRegulatoryCommission (PRC)から認定されています。

また、フィリピンを代表する建築協会、United Architects of the Philippinesの会員でもあり、過去にはChamber of Real Estate Brokers Associations (CREBA) とRotary Club of Makati Eastの代表も務めました。

 

編集部

 

不動産業を始めて何年になりますか?
また、建築へは、どのようにして関わるようになったのですか?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

不動産業は48年になります。2020年には50周年を迎えることになりますね。以前、フィリピン大学建築学部は、土木工学部と共に、工学部の一部でした。それで、建築の学位を取りました。ビジネスに関しては、13歳のころから関わっていますね。様々な売り買いに携わってきました。

 

 

編集部

 

Active Group of Companiesは、他の不動産開発業者と比べて何が異なりますか?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

それは我々の経験でしょう、どこよりも長く経営が続いていますから。Active Group of Companiesは、私と妻で始めました。13歳のころから商売に関わり、建築の学位を取り、そして沢山の賞(特に、フィリピン大学やPRC)を受賞しました。これだけでも、他社と違うことが分かると思います。

他の業者は、建築家やビジネスコンサルトを雇ったりします。また、修士号、博士号を取得した大卒者を雇うこともあるでしょう。しかし、我々はそうしなくてもよいのです。なぜなら、建築もビジネスも熟知していますから。誰を雇ったとしても、私の経験をシェアし指導することで我々のビジネスに役立てることが出来ます。

 

 

編集部

 

マウントマララヤットゴルフ&カントリークラブについてお話しいただけますか?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

土地の質が良かった。これがこのプロジェクトを思いついたきっかけです。この土地を紹介された時、ゴルフ場としての可能性を見出しました。涼しい気候と地形はゴルフ場に理想的です。土壌の質もよく、常に水の供給がありましたので、管理も簡単。そして背景には美しいマララヤット山があり、特別感もある場所。建築家として、土地の持つ特性をフルに生かし、ビジネスマンとして事業を起こしたのです。

自然の美しさと言う意味で現在のゴルフコースの姿はスタート当時から、大工事や地形を変える必要もありませんでした。自然が提供してくれたものを改善しただけです。

また、我々のビジネスの在り方の証でもあります。造園(特に草木)に、どれだけ費用が掛かるか想像してみてください。それだけで他のゴルフ場が出来ますよ!

マララヤットは、フィリピン初の全天候型ゴルフコースです。とても誇りに思っています。マララヤット以降、他にも全天候型のゴルフコースは出来ましたけどね、でも我々が最初です。土砂降りの後だってプレイ出来ますし、証明済みです。我々は、構造の良い排水システムを導入しました。コースの下に敷いてあります。だから土砂降りの数分後にはプレイ可能なのです。雨あがりにコースを歩いても、靴に泥はつきません。

更に我々は、チャレンジも設定しました。マララヤットで雨の後プレイし、靴に泥がついたらコース使用料を返金する、というもの。現在もこのチャレンジは続いていますよ、そして、悪用されたことはありません。

 

 

編集部

 

マララヤット開発中、難しかった課題点は?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

パートナーがいなかった事です。マウントマララヤットゴルフ&カントリークラブは共同事業でしたが、コース開発の主要パートナーがいませんでした。 ですから、自分たちで資金を調達しなければなりませんでした。他にもデザインなど課題はありましが、しかし、資金面が最も大きな課題でした。

1997年にはアジア通貨危機がありましたね。もうダメかと思いました。それでもコースは1998年にオープン。マララヤットが現在の姿にあること、これ自体が我々の直面した最も大きなチャレンジです。

 

 

編集部

 

Active Group of Companiesの会長としては?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

会長と言うだけで、挑戦し甲斐がありますね。 全グループの指示をしなくてはなりませんから。全員が満足するよう心掛け、私がいなくなった後も会社が続くようにしなくてはなりません。

 

 

編集部

 

マウントマララヤット、ActiveGroupof Companies今後のプランは?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

今後2年以内に、Active Group of Companiesでは大きなプロジェクトを予定しています。まもなく50周年ですから。何か大きなことをして祝いたいと思っています。現在準備中ですが、詳細は控えます。

マララヤットは、20周年を迎えます。今年10月、メンバーやゲストにアクティビティを計画中です。我々が今でもフィリピン最高峰のゴルフコースであることを知ってもらうためにね。これからも最高のゴルフ体験をお約束します。ゴルフを超え、生活の質を提供し続けたいです。

 

 

編集部

 

ご自身のActive Group of Companiesの経営スタイルをどう思いますか?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

それぞれの会社に代表者がいますが、グループ会長として時々チェックを入れます。隙を見せることはないですね。

それから、私の子供たちが若いうちから当社に関わるようにしました。一番下の子を除いて皆、不動産業に関わっています。一番下の子は私の後を継がず、アメリカで医師をしていますよ。子供たちはまた、経験豊富な人達に囲まれています。仕事の質は高いレベルに保ちたいですね、私が直接かかわらなくても、です。

 

 

編集部

 

建築家、ビジネスマンとして、最も印象的だった瞬間は?

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

最も印象的、それは間違いなく現在です。私たちは借入金がありません。それが私にとって最も大きなこと。いい時もあれば悪い時もありました。世界的金融危機には3回も経験しましたしね。

一生懸命働き、ここまで来ました。私にとって最も重要なこと、それはいつでも、正直であること、誠実さ、献身、そして誠意です。これらはセールスポイントにもなります。これらがあるからこそ、人々はその人に投資するのです。このようにして、私は自分と自分の会社を今日の姿にまで育て上げました。友人たちだって、私が誠実であるからこそ、手伝ってくれたのです。

誠意ある仕事をすれば、成功します。約束を果たさなければ信用を失うし、そうなりたくないですね。

 

 

編集部

 

日本の読者にメッセージをどうぞ。

 

Antonio Turalba, Sr.さん

 

マララヤットへぜひお越しになってください。

景色、ゴルフ、マララヤットのすべてを楽しんでいただきたいです。お料理からサービス、周辺の景色や気候に至るまで!存分にマララヤットを体験してください。日本の皆さんはいつでも最高の物を求めていると思いますが、マララヤットはあなたの期待にきっと応えることが出来ると思います。

 

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。

その他

皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
もう12月ですね。初めて暑い12月を迎えます。フィリピン歴の長い方から 「フィリピンでは12月前後になると街の空き地などに遊園地が突如現れる!」 という話を聞いたので、今回僕たちもその一つのトンド地区のドンボスコスクールの敷地内に11月あたりにできた遊園地(Perya)に行ってきました。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
以前も動画であげたのですが、僕たちHPN3は今フィリピンのテレビ番組「It's Show Time」の中のコーナーでfunny oneというお笑いトーナメントに出場しています。一回戦は無事通過したのですが、準決勝で負けてしまいもう終わりかと思ったのですが、なんと!敗者復活戦があるとの事!
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
中小企業でも良い特許があれば、 大企業と対等以上に戦えるって本当なの? 前回のコラムで、ビジネスが対象になる知的財産権の案件では、発生した損害の基礎となる対象がその売り上げ金額になるとお話しました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel