ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第2回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / J Gamboa

第2回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / J Gamboa
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

MilkyWay Building Restaurants オーナー・シェフ
J Gamboa J.ガンボアさん

1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。 母の影響を受けながら、いつもレストランで過ごして育った経験が、今日の成功につながっている。 そんな彼自身について、そしてレストランとその成功については話を伺った。

好きな言葉は何ですか?
私が自分の子供たちにいつも言っている、「食べる価値のある物だけ食べなさい。」です。 これは、私がレストランで提供する料理についてを要約した言葉だと思います。 ここで作られるものはすべて美味しく、ヘルシーで新鮮です。 そう、”食べる価値”があるものしか提供していません。

 

 

編集部

 

レストランをオープンされたのは、いつのことですか?

 

J Gamboaさん

 

私の家族は、ずっとレストラン業に携わっていたので自然な流れです。 1962年、母のJulie Gamboaがマラカニアン宮殿の隣にMilkyWayレストランを開業させたのが始まりでした。 私には姉妹もいて、みな、レストランで育ったも同然ですね。 MilkyWayは、アイスクリーム店としてスタートし、午後のおやつとして販売していましたが、後に、母が彼女の出身地のパンパンガ料理も提供するようになったんです。
姉妹であるMaluと私は、80年代後半、アメリカの大学へ留学しました。 帰国後、私たちはCirkuloレストランを開業。 1995年のことでした。 Milky Way Cafeは、2002年、Azuthaiは2008年にオープンしました。 そして、私たち家族は日本食が好きで、1989年に両親が日本人シェフと共にTsukijiをオープンしました。
スペイン料理のCirkuloのアイデアは、Maluがアメリカで経営学修士を取得後にスペイン旅行に行ったことがきっかけです。 彼女は、スペイン料理のタパスにすっかり夢中になっていました。
そして、Azuthaiですが、私たちは、日本料理、スペイン料理、フィリピン料理に加え、レストランの新しいコンセプトを探していました。 Azuthaiのアイディアは、私たちがタイを訪れた時に浮かびました。 その後私は、再びバンコクへ行き、タイ料理を集中して学びました。 そして、タイ人シェフ2人を雇ったのです。

 

 

編集部

 

あなたの料理、レストラン経営に最も影響を与えているのは誰(何)ですか?

 

J Gamboaさん

 

それは母ですね。 母は、レストラン経営のノウハウを教えてくれました。 彼女は細かなことに注意を払う人で、レストランで起こるすべての事に気が付きます。 彼女の動く姿や料理に対する考え方が、私とMaluに影響を与えたと思います。

 

 

編集部

 

複数のレストランを経営されていますが、時間の管理はどのようにしているのですか?

 

J Gamboaさん

 

ひとつのビル内にすべてのレストランが入っているので、私たちはラッキーだと思います。 どのレストランにもすぐ行けますから。 それに、問題も解決しやすいので、お客様の満足度も保ちやすいです。そしてお客様自身が、私たちに会う機会も増えます。 常連のお客様は、個人的に挨拶してもらうと嬉しいものです。

 

 

編集部

 

4つのレストランの中で、受領歴もあるCirkuloが最も成功していると言えるのでしょうか?

 

J Gamboaさん

 

私たちは、そのような見方はしていません。 Cirkuloは、確かに最も注目を集めていますけれど、それはたぶん、最も写真を撮られたり雑誌で紹介されたからでしょう。 それに、Maluも私も、Cirkuloに最も関わっていますから。 Cirkuloは、特別な機会向け、ファミリー向け、そしてビジネス向けと、たくさんの思い出深いイベントが22年の歴史の中で繰り広げられました。 成功していると言うよりは、一番思い入れのあるレストランです。
しかし、経営が長く続いているという意味では、成功していると言えるかもしれませんね。 経営が落ち着くには、少なくとも5年はかかります。 そこに到達すれば、その後は料理、レストランの質を落とさないように続けていくのみです。

 

 

編集部

 

レストランの将来について、どんなプランをお持ちですか?

 

J Gamboaさん

 

現在のところ、新しいコンセプトは考えていません。 今のレストランを改善、洗練し続けて、お客様のために最善を尽くしていきたいと思います。

 

 

編集部

 

スタッフの管理は、どのようにされていますか?

 

J Gamboaさん

 

Maluも私も、実際現場に出ています。 私たちはスタッフが出来る事は何でもできます。 私は大体、裏手に回っていますすが。 掃除もしますし、料理、材料のカット、ペンキ塗り、配管工事、技術的な事など、レストランのためなら何でもやりますよ。 何故ならスタッフに、私たちがスタッフと同等に仕事が出来る、同等でないとすれば、私たちの方が上である、ということを知ってもらうのは大切だと思うからです。

 

 

編集部

 

一日のスケジュールを教えてください。

 

J Gamboaさん

 

MilkyWayビルディングには、昼前には着きます。 そして、すべてのレストランを回ります。 ランチの時間は、私を最も必要としているレストランにいるようにしています。 13時半には父と一緒にランチ。 そしてオフィスワーク。 メールをチェックしたり、メニューを作ったり。 18時には、Cirkuloをメインに他のレストランもチェック。 19時にCirkuloの厨房へ行き、ディナーメニューを料理します。 その後、別のレストランにも行きます。 大体21時頃には帰宅しますが、パーティーやスペシャルメニューがある場合など、状況によって帰宅時間は遅くなったりしますね。

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。

その他

コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!
フィリピンといえば?そう!ジープニーです! フィリピン人の足、そしてキングオブロードの異名のあるジープニー! フィリピン人はこのジープニーを巧みに乗り継ぎ、どこに行くにもジープニーを使います!
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
今回はある噂を耳にしてその調査に出かけました。その噂とは、「フィリピンにパチンコ店がある!」なんとフィリピンにパチンコ店があるらしいのです。これはビックニュースです。あの日本で大人気のパチンコがフィリピンにで出来るなんて!
我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?
今回はフィリピン最大の激安マーケット、「ディビソリアでスマートフォンを買おう」です!日本人だけで行くと危ない、スリ被害が多いなど結構言われているが、やはり1度は行ってみたい!毎日のように電車やジプニーに乗って居るので、警戒心はすごいある。僕達が住むケソンでも道端でスマートフォンを買わないかとよく話かけられるが、買うならめちゃくちゃ安い物を買いたい!というわけで、ディビソリアに行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel