ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第2回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / J Gamboa

第2回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / J Gamboa
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

MilkyWay Building Restaurants オーナー・シェフ
J Gamboa J.ガンボアさん

1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。 母の影響を受けながら、いつもレストランで過ごして育った経験が、今日の成功につながっている。 そんな彼自身について、そしてレストランとその成功については話を伺った。

好きな言葉は何ですか?
私が自分の子供たちにいつも言っている、「食べる価値のある物だけ食べなさい。」です。 これは、私がレストランで提供する料理についてを要約した言葉だと思います。 ここで作られるものはすべて美味しく、ヘルシーで新鮮です。 そう、”食べる価値”があるものしか提供していません。

 

 

編集部

 

レストランをオープンされたのは、いつのことですか?

 

J Gamboaさん

 

私の家族は、ずっとレストラン業に携わっていたので自然な流れです。 1962年、母のJulie Gamboaがマラカニアン宮殿の隣にMilkyWayレストランを開業させたのが始まりでした。 私には姉妹もいて、みな、レストランで育ったも同然ですね。 MilkyWayは、アイスクリーム店としてスタートし、午後のおやつとして販売していましたが、後に、母が彼女の出身地のパンパンガ料理も提供するようになったんです。
姉妹であるMaluと私は、80年代後半、アメリカの大学へ留学しました。 帰国後、私たちはCirkuloレストランを開業。 1995年のことでした。 Milky Way Cafeは、2002年、Azuthaiは2008年にオープンしました。 そして、私たち家族は日本食が好きで、1989年に両親が日本人シェフと共にTsukijiをオープンしました。
スペイン料理のCirkuloのアイデアは、Maluがアメリカで経営学修士を取得後にスペイン旅行に行ったことがきっかけです。 彼女は、スペイン料理のタパスにすっかり夢中になっていました。
そして、Azuthaiですが、私たちは、日本料理、スペイン料理、フィリピン料理に加え、レストランの新しいコンセプトを探していました。 Azuthaiのアイディアは、私たちがタイを訪れた時に浮かびました。 その後私は、再びバンコクへ行き、タイ料理を集中して学びました。 そして、タイ人シェフ2人を雇ったのです。

 

 

編集部

 

あなたの料理、レストラン経営に最も影響を与えているのは誰(何)ですか?

 

J Gamboaさん

 

それは母ですね。 母は、レストラン経営のノウハウを教えてくれました。 彼女は細かなことに注意を払う人で、レストランで起こるすべての事に気が付きます。 彼女の動く姿や料理に対する考え方が、私とMaluに影響を与えたと思います。

 

 

編集部

 

複数のレストランを経営されていますが、時間の管理はどのようにしているのですか?

 

J Gamboaさん

 

ひとつのビル内にすべてのレストランが入っているので、私たちはラッキーだと思います。 どのレストランにもすぐ行けますから。 それに、問題も解決しやすいので、お客様の満足度も保ちやすいです。そしてお客様自身が、私たちに会う機会も増えます。 常連のお客様は、個人的に挨拶してもらうと嬉しいものです。

 

 

編集部

 

4つのレストランの中で、受領歴もあるCirkuloが最も成功していると言えるのでしょうか?

 

J Gamboaさん

 

私たちは、そのような見方はしていません。 Cirkuloは、確かに最も注目を集めていますけれど、それはたぶん、最も写真を撮られたり雑誌で紹介されたからでしょう。 それに、Maluも私も、Cirkuloに最も関わっていますから。 Cirkuloは、特別な機会向け、ファミリー向け、そしてビジネス向けと、たくさんの思い出深いイベントが22年の歴史の中で繰り広げられました。 成功していると言うよりは、一番思い入れのあるレストランです。
しかし、経営が長く続いているという意味では、成功していると言えるかもしれませんね。 経営が落ち着くには、少なくとも5年はかかります。 そこに到達すれば、その後は料理、レストランの質を落とさないように続けていくのみです。

 

 

編集部

 

レストランの将来について、どんなプランをお持ちですか?

 

J Gamboaさん

 

現在のところ、新しいコンセプトは考えていません。 今のレストランを改善、洗練し続けて、お客様のために最善を尽くしていきたいと思います。

 

 

編集部

 

スタッフの管理は、どのようにされていますか?

 

J Gamboaさん

 

Maluも私も、実際現場に出ています。 私たちはスタッフが出来る事は何でもできます。 私は大体、裏手に回っていますすが。 掃除もしますし、料理、材料のカット、ペンキ塗り、配管工事、技術的な事など、レストランのためなら何でもやりますよ。 何故ならスタッフに、私たちがスタッフと同等に仕事が出来る、同等でないとすれば、私たちの方が上である、ということを知ってもらうのは大切だと思うからです。

 

 

編集部

 

一日のスケジュールを教えてください。

 

J Gamboaさん

 

MilkyWayビルディングには、昼前には着きます。 そして、すべてのレストランを回ります。 ランチの時間は、私を最も必要としているレストランにいるようにしています。 13時半には父と一緒にランチ。 そしてオフィスワーク。 メールをチェックしたり、メニューを作ったり。 18時には、Cirkuloをメインに他のレストランもチェック。 19時にCirkuloの厨房へ行き、ディナーメニューを料理します。 その後、別のレストランにも行きます。 大体21時頃には帰宅しますが、パーティーやスペシャルメニューがある場合など、状況によって帰宅時間は遅くなったりしますね。

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
18歳の時に飲食業界に足を踏み入れたというブライアンさんは、主力ブランドのPeri Peri Charcoal Chicken and Sauce Barを始め多くのレストランを手掛けるグループの代表。 ドミノピザのフランチャイズ経営からスタートし、その後自ら手軽に日本料理が楽しめるフードチェーンというコンセプトで「Teriyaki Boys」を誕生させた。

その他

タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。
今回は「でっかい魚をつるぞパート2続き!」です。みなさん釣りをしましょう! 前回タイタイに行き釣りをしようとしたのですが、朝しか船は出せれないと言われ、カンコン農家の紹介になってしまいましたが、、 今回はリベンジしてきました!
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
フィリピンの激安マーケットといえばDivisoria!そしてDivisoriaといえば値段交渉です!僕がホームステイしている母ちゃんもよく買い物する時に値段交渉をして安くしてもらっています。という事で今回僕たちはDivisoriaで値段交渉をしてきました。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
前回ではフィリピンでの紛争解決についてお話させていただいております。今回は事業の売却の方法についてお話しいたします。
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
みなさん、こんにちは。 フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。 今回はクバオにある、Bengal Brew Wolf and Bearに行って来ました! ここでは高級な犬、猫達と触れ合えます! 猫&犬カフェです!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel