ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】6月15日、小売りのメリーマートが新規上場

【フィリピン経済ニュース】6月15日、小売りのメリーマートが新規上場

2020年6月11日

広告
広告
フィリピン証券取引所(PSE)に、小売企業であるメリーマート コンシューマー(メリーマート)が新規上場される。  


メリーマートは、6月15日、PSEの中小新興企業(SME)ボードへ新規上場されることが決定している。メリーマートは、PSE新規上場に先立ち、新規公募(IPO)を実施した。IPO期間は5月27日~6月5日であった。IPOにおいては、普通株(1株当たり額面:0.05ペソ)が約15億9,494万株売却された。IPO価格が1ペソであり、IPO規模は約15億9,494万ペソという小型案件である。  


メリーマートの会長兼CEOは、2010年にJFCグループ入りしたバーべキュー・チェーン「マン・イナサル」創業者エドガー・シアⅡ氏である。エドガー・シアⅡ氏は、急成長不動産企業ダブルドラゴンの会長兼CEOでもある。すなわち、メリーマートは、ダブルドラゴングループ企業といえる。  


ちなみに、ダブルドラゴンは、2014年4月7日、メリーマートと同じようにSMEボードへ新規上場された。IPO価格は2ペソであったが、短期間で20ペソまで急騰、その後一時約80ペソまで上昇、IPO価格の40倍に達した。株価が短期で急騰、時価総額も急拡大したため、短期間でSMEボードからメインボードへと昇格したという経緯がある。  


2020年は新型コロナ感染拡大などで証券市場が混乱してきており、メリーマートが2020年のIPO・PSE新規上場第1号となる。このところ、株式市場が急反騰、市場センチメントも強気となっている。かつて株価急騰を演じたダブルドラゴンと同グループということもあって、6月15日の上場日への関心が高まっている。  


なお、PSE新規上場は年間数社のペースにとどまっている。2014年は7社、2015年から2017年までは各々4社のみという低水準さである。2018年は、不動産・建設企業D.M.ウエンセスラオ(DMW)1社のみであった。2019年も、不動産賃貸・管理企業であるケプウェルス プロパティー フィルズ(KPPI)、ホームセンターのオールホーム(HOME)、ココナッツ製品のアクセリウム(AXLM)、そして、ジューススタンド・チェーンのフルータス(FRUIT)の4社のみであった。新型コロナウイルス禍の2020年も低水準となりそうである。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、6月5日、2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。
カジノ・ゲーミング事業を管轄するフィリピン・アミューズメント&ゲーミング・コーポレーション(PAGCOR=賭博公社)は新型コロナ対策委員会に対して、カジノの早期再開承認を要請しています。
ユニクロ・フィリピンは、今年広範囲eコマースプラットフォームを投入、すなわち、オンラインショップを開設、ウェブサイトとモバイルアプリケーションの双方で利用できるようにするとのことである。
新型コロナウイルス対策として地域隔離措置が緩和されたことから、各種インフラ開発が再開され、フィリピン初の地下鉄プロジェクトである日本支援の「マニラ首都圏地下鉄事業」が始動しつつある。
2015年9月に民間企業に委託された首都圏軽量高架鉄道(LRT)1号線の運営・維持事業の権益構成が変更される。
フィリピン財務局の発表した速報値によると、2020年4月の財政収支は2,739億ペソの赤字となり、前年同月の869億ペソの黒字から赤字に転落した
マニラ首都圏などの地域隔離措置が、6月1日から緩和されるとの観測が高まっている。
配車サービス大手のGrabフィリピン(グラブ)は、5月22日、「ルソン島バギオ市(ベンゲット州)やナガ市(南カマリネス州)でタクシーサービスを開始した」と発表した。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、5月20日、2019年(1月~12月)の年次報告書を開示した。
フィリピンなどで幅広い通信事業を展開しつつある株式会社アイ・ピー・エス(IPS、本社:東京都中央区、東証マザーズ上場)は、フィリピンにおいて、医療・美容サービス事業も展開している。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel