ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】出生数急減、コロナ巣篭りで急増との予想と真逆に

【フィリピン経済ニュース】出生数急減、コロナ巣篭りで急増との予想と真逆に

2021年10月12日

10月10日にフィリピン政府通信社は、「統計庁(PSA)予備報告によると、2020年の出生数は急減、34年間で最低となった」と発表した。

 

その発表によると、フィリピンの2020年の出生数は前年比約9.5%減の151万6,042人へと急減、エドサ革命が起こった1986年の149万3,995人以来、34年間での最低記録となった。新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック発生当初は、その対策としての外出・移動制限措置にともなう巣篭りで出生数が大幅増加するという予想が支配的であったが、全く逆の結果となった。

 

これは、COVID-19パンデミック禍での妊娠・出産はリスクがあり、困難や不便さを伴うという認識が高まり、家族計画手法を使用する比率が増加したことによる。フアン・アントニオ・ペレスII人口開発担当次官は、2020年の家族計画手法利用カップルは40万組増加したと説明した。経済的負担回避という意向もあったと考えられる。

 

2021年も出生数減少が続いている。第1四半期(1月~3月)の出生数は約26万8千人にとどまっており、近年の平均約35万人を23%も下回っている。出生数に大きく関係する婚姻数も急減している。2020年の婚姻数は24万0,138組で、2019年の43万1,972組を44%も下回り、過去20年間で最低となった。

 

その他の記事

アヤラ系の発電企業ACエナジー(PSE証券コード:ACEN)は、10月6日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧06648-2021号を通じて、「丸紅100%子会社であるAXIAパワーホールディングス(AXIA)と、ACENグループとのリサール州のクイックレスポンス発電所(150MW)が稼働する」と発表した。

経済産業省は、日本の企業の国際展開や、海外での業況を把握することを目的に、日本企業の海外現地法人の海外事業活動に関する調査を実施し、四半期毎に公表している。この…続きを読む

上院は、9月20日、小売業自由化法の改正のための両院合同委員会の調整案を批准した。この改正法案は、外国の小売業者のフィリピン小売市場参入の資本要件を250万米ドルから50万米ドル、または約1億2,500万ペソから2,500万ペソに引き下げるとしている。

ドゥテルテ大統領は9月10日、布告1218号において、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック対応措置として発令していた国家災害事態(state of calamity)宣言を、2022年9月12日まで1年間延長すると発表した。

電通で海外事業を推進するグローバル ビジネス センターと、電通総研は、2021年7月に12カ国(日本、ドイツ、イギリス、アメリカ、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)を対象に「サステナブル・ライフスタイル意識調査2021」を共同で実施、その結果を、9月8日に発表した。

9月6日のコロナ感染は、過去最高の2万2,415人になった。地域別最多はマニラ首都圏だった。

経営不振のフィリピン航空が、9月3日(米国時間)、ニューヨーク南部地区において、米国破産法11条(チャプター11、日本の民事再生法に相当)を申請した。

フィリピン証券取引所(PSE)上場の小売企業の2021年上半期(1月~6月)事業報告書提出がほぼ出揃った。2021年上半期は、新型コロナウイルス感染再拡大やその対策としての地域隔離措置再強化の影響を大きく受けた。そのなかでも、食料品や生活必需品中心の業態は比較的堅調、百貨店や高級品中心の業態は来客数が低調、引き続き苦戦という結果となった。

内国歳入庁(BIR)は、輸出企業による国内企業からの物品やサービスの購入などに対する付加価値税(VAT)ゼロ・レートの適用を復活させる方針である。

強風や風向の変化に弱いという従来のプロペラ式風力発電機の弱点を克服し台風時においても発電できる『垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)』を開発しているチャレナジー(本社:東京都墨田区、代表取締役:清水敦史氏)は、8月25日、フィリピン最北の州であるバタネス州において、マグナス風車のフィリピン初号機を本格稼働した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you