ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】住商と総合車両、マニラ地下鉄車両240両受注

【フィリピン経済ニュース】住商と総合車両、マニラ地下鉄車両240両受注

2020年12月22日

広告
広告
住友商事(本社:東京千代田区)及び総合車両製作所(J-TREC、本社:神奈川県横浜市)は、12月21日、「フィリピン運輸省(DOTr)よりマニラ首都圏地下鉄事業フェーズ1(北部ケソン市~南部パラニャーケ市)の車両納入パッケージCP107(マニラ地下鉄向け鉄道車両240両納入プロジェクト)を受注し、12月15日に契約を締結した」と発表した。


その発表によると、今回の受注は、2019年7月に住友商事・J-TRECの両社で受注した南北通勤鉄道向け鉄道車両納入案件(104両)に続く受注となる。


マニラ首都圏地下鉄事業は、フィリピン政府の大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」の中核事業として位置づけられており、マニラ首都圏の交通ネットワークの拡充と交通渋滞緩和に寄与するプロジェクトである。


このプロジェクトは、国際協力機構(JICA)とフィリピンとの間の有償資金協力に基づき結ばれた日本の政府開発援助事業である。マニラ首都圏において、北部ケソン市と南部パラニャーケ市を結ぶフィリピン初となる地下鉄(全17駅、内地下区間13駅、約36キロメートル)向けに鉄道車両240両(8両x30編成)を設計・製造し、運輸省(DOTr)に納入する。契約金額は約575億円。契約内容には従業員トレーニングや技術教育機材納入なども含まれている。2027年3月までに全車両の引渡しが予定されている。


住友商事はこれまでにアジア、米国を中心に数多くの鉄道建設案件、車両輸出案件を手掛けてきた。特に、マニラ首都圏では、複数の既存路線(LRT1号線、LRT2号線、MRT3号線)で受注・履行実績があり、現在もMRT3号線のリハビリ・メンテナンス契約や、南北通勤鉄道向けの車両納入契約を履行しており、2020年5月にはLRT1号線の運営事業に参画している。フィリピンにおける交通インフラ事業での豊富な経験を生かし、本プロジェクトを着実且つスムーズに推進していく。


一方、J-TRECは通勤車両で国内トップシェア(2019年度実績)を誇る鉄道車両メーカーである。新幹線、特急車両、ハイブリッド車両等、多岐に渡る製品を設計・製造してきた。近年では、次世代ステンレス車両ブランド「sustina」を積極展開し、地域インフラの発展に寄与している。東南アジア市場では、2016年にタイ バンコク パープルライン向け車両を納入し、現在はフィリピン マニラ南北通勤鉄道向け車両の納入契約を履行中である。これらの案件に続き、本プロジェクトでも、「sustina」を提供し、マニラ首都圏の交通インフラ発展に貢献していく方針である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

日本政府観光局(JNTO)は12月16日、2020年11月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、11月の訪日外客数は前年同月比97.7%減の5万6,700人で、14カ月連続で前年同月を下回ったものの、実数としては前月から増加した。
日本外務省は、「12月14日午後、菅義偉内閣総理大臣は、ロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン共和国大統領と電話会談を行った」と発表した。その概要は以下のとおり。
貿易産業省(DTI)付属の投資促進機関の一つであるフィリピン経済区庁(PEZA)が、2020年11月現在、過去25年間に認可した投資案件は総額3兆9,000億ペソ相当に達した。
臨床検査機器・体外診断用医薬品メーカーのアークレイ(本社:京都市中京区)のフィリピン製造子会社であるアークレイ インダストリー社(AII)は、「i-densy Pack UNIVERSAL」を使用した逆転写ポリメラーゼ反応(RT-PCR)新型コロナウイルス検査キットの製造を開始した。
2020年12月4日のペソ対米ドル終値は、1ドル=48.040ペソで前営業日の48.045ペソから0.005ペソ続伸した。
開発予算調整委員会(DBCC)は12月3日、2020年~2022年の中期マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した。
フィリピン統計庁(PSA)は12月2日、2020年第2四半期(4月~6月)の民間建築統計速報値(認可済み建築許可申請から抽出)を発表した。
フィリピン銀行協会(BAP)のペソ対米ドル為替データによると、2020年11月末の終値は1米ドル=48.060ぺソで、前月末から0.340ペソ、率にして0.71%のペソ高となった。
英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、11月20日、同社株式の上場市場が東京証券取引所マザーズ市場から、東京証券取引所市場第一部へ市場変更されたと発表した。
ファーストリテイリンググループは、フィリピンにおける台風19号、22号の被害に対する支援として、義捐金100万米ドル(約1億400万円)を寄付する。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー